GEMFOREX口座開設(公式サイト)

ここでは、GEMFOREXの口座種類に関して解説していきます。
GEMFOREXの口座種類は2つありますので、その両方について説明していきますね。

GEMFOREXの2つの口座種類
GEMFOREXには、

オールインワン口座
ノースプレッド口座

の2種類があります。
それぞれについて見ていきましょう。

口座種類1:オールインワン口座
オールインワン口座とノースプレッド口座を比べると、こちらのほうが圧倒的にスタンダードです。

オールインワン口座の主なメリットは以下のとおりです。

・最低初回入金額が非常に安い
→1ドルからでOKです。GEMFOREXの入金手数料は基本的に無料ですから気軽に入金できるはずですよ。

・EA(自動売買ソフト)の使用やミラートレードが可能
→GEMFOREXではEA(自動売買ソフト)を無料で使うことができます。また、「他者のトレードをコピーする形式のトレード」であるミラートレードも個人として行うことができます。

・口座登録ボーナス&入金ボーナスがある
→口座登録ボーナスは2~3万円くらい、入金ボーナスの上限は200~500万円くらいです。入金ボーナスでは基本的に「入金額と同額」を追加で獲得できます(例:10万円入金すれば、10万円のボーナス)。

オールインワン口座の主なデメリットは一つです。

・スプレッドがノースプレッド口座に比べると高い
→例えばドル円のスプレッド(手数料のようなもの)は1.2pipsくらいです。ただ、「ノースプレッド口座よりは高い」というだけで、海外FX業者全体で考えると平均的な数値だと思います。

口座種類2:ノースプレッド口座
ノースプレッド口座のメリットはほぼ1つしかありません。

・スプレッドが非常に狭い
→例えばドル円のスプレッドが0.3pipsくらいです。他の通貨ペアについても「オールインワン口座の2~8割くらい」と非常に狭いスプレッドとなっています(一部、オールインワン口座とほとんど変わらない通貨ペアもあるので気を付けてください)。

※海外FXのこの手の口座では「スプレッドとは別に手数料が一律で発生する」というケースが多いですが、GEMFOREXの場合はそれもありません。正真正銘「スプレッドがとても狭い」です。

そして、ノースプレッド口座の主なデメリットは以下のとおりです。
おおよそ、オールインワン口座の対になっています。

・最低初回入金額が非常に高い
→少なくとも3,000ドル(30万円)以上を入金しなければなりません。恐らくこれが一番のデメリットですね。

・EA(自動売買ソフト)の使用やミラートレードはNG
→ノースプレッド口座では裁量トレード(自分で行うトレード)しかできません。

・口座登録ボーナス&入金ボーナスがもらえない
→ノースプレッド口座ではボーナスは一切もらえません。

GEMFOREX口座開設(公式サイト)

GEMFOREXの口座種類|結局どちらを使うべき?
ここまで、GEMFOREXの2つの口座について解説しました。
では、結局のところどちらの口座を作るべきなのでしょうか?

ベストなのは「オールインワン口座を作ってから→ノースプレッド口座を作る」ということです。

詳しいステップを見ていきましょう。

オールインワン口座を作成
30万円以上の利益を積み重ねる
ノースプレッド口座を作る
ノースプレッド口座に資金移動をする
以降は基本的にノースプレッド口座を使い続ける

1:まずはオールインワン口座を作成
口座登録ボーナスや入金ボーナスがかなりの高額ですし、まずはオールインワン口座を作ってそれらのボーナスをしっかり獲得しましょう。
「30万円なら用意できるし最初からノースプレッド口座を作りたい」と感じるかもしれませんが、それでも「あえてボーナスを逃すメリット」はありません。

ちなみにGEMFOREXの場合、ボーナスキャンペーンが行われていない時期もあるので気を付けましょう。
(開催していない時期のほうが珍しいですが)

2:30万円以上の利益を積み重ねる
作成したオールインワン口座で30万円以上の利益を達成しましょう。
ただし、「早く30万円以上稼ぎたい!」などと考えて焦ってしまうのはNGです。
ご自身で作ったトレードルールを守りつつ、コツコツ取引を継続していきましょう。

※「ボーナスを除いて30万円以上」の利益を出してください。
※「利益」という表現を使いましたが、厳密には「ボーナスを除いた口座残高」が30万円以上になればOKです。

3:ノースプレッド口座を作る
30万円以上稼いだくらいの時点でノースプレッド口座を作成しましょう。
1個目の口座を作っているわけですから、2個目からの口座を持つのは非常に簡単です。
(ちなみに、オールインワン口座であっても2個目以降の口座はボーナスの付与対象になりません)

4:ノースプレッド口座に資金移動をする
ノースプレッド口座に、オールインワン口座の資金を移しましょう。
ちなみに「資金移動手数料」などはありません。タダで資金を動かすことができます。

ただし、「ノースプレッド口座はボーナスの付与対象ではない」ため、資金移動をした時点でボーナスは消滅します。

5:以降は基本的にノースプレッド口座を使い続ける
先ほどもお伝えしたとおり、ノースプレッド口座のスプレッドは非常に狭いです。
そのため、1度口座を作ったらあとはノースプレッド口座をメインにFXトレードをしていくことを推奨します。

ただ、EA(自動売買ソフト)トレードや、ミラートレードもするというのであれば、当然オールインワン口座と併用していくことになりますね。

GEMFOREXでのスキャルピング取引について
スキャルピング取引:数秒から数分で売買が完結する取引形式。大量の取引により、利益をかき集めることになります。

スキャルピング取引ではその性質上、何回もスプレッドを支払うことになります。
ですからGEMFOREXでスキャルピング取引をする場合は、ノースプレッド口座で行うことをおすすめします。

オールインワン口座でも当然スキャルピング取引ができますが、スプレッドがやや広いので稼ぎにくいです。

また、スキャルピング取引は初心者の方にはあまりおすすめできないので、FX未経験の方は「オールインワン口座である程度経験を積む(30万円以上稼げるまで)→ノースプレッド口座を作る→ノースプレッド口座でスキャルピング取引に挑戦」という手順を踏むことをおすすめします。

※ただしあまりにも大量のスキャルピング取引をすると、GEMFOREXの運営から「控えてください」という申請が来る場合があります。ほとんどの人にとっては関係のない話ですが。

GEMFOREX口座開設(公式サイト)

まとめ:GEMFOREXの口座種類|最終的にノースプレッド口座で取引すべき!
GEMFOREXの口座種類について解説しました。

まとめると、

【オールインワン口座】

1ドルから入金できる
EA(自動売買ソフト)トレードやミラートレードができる
ボーナスがもらえる
スプレッドが広い(海外FXの平均レベル)

【ノースプレッド口座】

「3,000ドルからの入金」が必要なのでハードルが高い
裁量トレードしかできない
ボーナスが獲得できない
スプレッドが狭い(スプレッド以外の手数料が発生しないので本当に安い)

といったところです。

そして「作る口座種類」についてですが、

オールインワン口座を作る→30万円以上稼ぐ→ノースプレッド口座を作る→ノースプレッド口座に資金を移す→以降はノースプレッド口座をメインで作る

というステップを踏むことをおすすめします。
「最初からどちらかを選ぶ」という考え方とは全く違いますよね。

GEMFOREX口座開設(公式サイト)

おすすめの記事