GEMFOREXは証拠金維持率何パーセントでロスカットされる?

ここではGEMFOREXについて、証拠金維持率の話をメインに解説していきます。

 

証拠金維持率とは?

必要証拠金:ある量の取引をするために最低限必要な証拠金
有効証拠金:口座残高+含み益(含み損)
証拠金維持率(パーセント)=(有効証拠金÷必要証拠金)×100

 

で計算できます。

文章で言えば、「最低限これだけのお金が必要だけれど、その○パーセント分のお金を持っている」という事になります。

例えば「必要証拠金が1万円なのに、5,000円しか有効証拠金がない」のであれば、証拠金維持率は50パーセントとなります。

そして、「含み損が大きくなると、有効証拠金が減る(=証拠金維持率が下がる)」ということも覚えておきましょう。

 

GEMFOREXは証拠金維持率20パーセントでロスカットされます

ロスカット:証拠金維持率が特定の数値に到達した際に、業者側が自動的に行う損切りのこと

 

そして、GEMFOREXの場合は「証拠金維持率20パーセント」でロスカットされます。
(同じく20パーセント前後に設定している海外FX業者が多いです)

必要証拠金が1万円なのであれば、有効証拠金が2,000円になったときにロスカットが発動するという事ですね。

ただし、ロスカットは瞬時に行われるものではありません。

相場の急変時には

 

  • ロスカットが追い付かず証拠金維持率が20パーセントを大きく下回ってから決済が完了する
  • 同じ理由で証拠金維持率が0を割ってから(有効証拠金が0を割ってから)決済が完了する

 

という可能性もあります。

後者のような事態になってしまえば、本来は、「もともと10万円入金しただけなのに、11万円失う」という事があり得ます。

ですが、GEMFOREXには「ゼロカット」があるので大丈夫です。

 

ゼロカット:口座残高がマイナスになったら0に戻してくれるシステム

 

ですから、「入金額を超える損失が出る」ことはありません。
ただ、逆に言えば「入金額までは普通に失う」ので気を付けましょう。

※ゼロカットがある主な理由は、「今後もトレードをし続けて手数料を払い続けてほしいから」だと言われています。あとは、「ゼロカットで安全性をアピールして、ユーザーを増やしたい」という意図もありそうな気がします。

※ゼロカットは海外FX業者限定のサービスです。法律の関係で、国内FX業者はゼロカットを実行することができません。

 

証拠金維持率50パーセントでマージンコールが届きます

マージンコール:「入金して有効証拠金を増やしてください」というFX業者からの要請

 

GEMFOREXは証拠金維持率が50パーセントになったときにマージンコールを送ってきます。

ちなみに、GEMFOREXの場合はマージンコールが発生しても、「トレードに関する規制」が発生する事は基本的にありません。
一方、国内FX業者については、マージンコールが来ると「新しくポジションを持つこと」ができなくなります。

ただ、「証拠金維持率50パーセント」の時点で大ピンチですから、

 

  • すぐに入金
  • 諦めて決済する

 

のいずれかを選びましょう。

ロスカットギリギリまで粘って、逆転を待つ」という選択肢もないわけではないですが、それが功を奏する可能性はかなり低いです。
キズを少しでも小さくするためにも、即座に決済するのがおすすめです。
そして、「もうこんな低い証拠金維持率にはしない」と心に誓いましょう。

また、このシチュエーションで入金するのもおすすめできません。
「負けそう!金を追加だ!」という、ある種の「破滅的な行動」だからです。

負ければ「もう2度とこんな暴挙には出ない」という気持ちになるでしょう。
しかし、実は勝ってしまった場合のほうが危険です。
なぜなら、「大逆転」が快感になって依存してしまう可能性があるからです。

 

GEMFOREXでは証拠金維持率を何パーセントにすべき?

「じゃあ、証拠金維持率は200パーセントくらいにすればいいかな」と感じる人もいるかもしれませんが、それではまだまだ不安が残ります。
相場が急変すれば、証拠金が400パーセント前後は一気に下がるケースがあるからです。

ですからGEMFOREXに限りませんが、FXトレードでは証拠金維持率を少なくとも500パーセント、できれば1,000パーセント以上に保ちましょう。

分かりやすく言えば「口座残高に対して、取引量を少なくしましょう」という事ですね。

 

証拠金維持率の計算方法を紹介します

すでに少し触れましたが、改めて証拠金維持率の計算の練習をしておきましょう。

 

有効証拠金:10万円
通貨ペアのレート:100円
取引量(売買量):1万通貨(100万円)
レバレッジ倍率:1000倍

 

※GEMFOREXのレバレッジ倍率は1,000倍で固定です(※一部例外的に上限が下がる場合もあります)

まずは、必要証拠金を計算します。

取引量は100万円ですが、レバレッジ倍率が1,000倍なので、
必要証拠金は1000円でOKです(100万円÷1,000倍)。

有効証拠金は10万円ですから、

(10万円÷1,000円)×100=10,000

つまり、証拠金維持率は10,000パーセントということですね。

これなら、ロスカットが発生する事はまずありません。
(が、自分でラインを決めて、『自主的な損切り』をきちんと行ってください)

 

GEMFOREXで証拠金維持率を高くする秘訣

証拠金維持率を高く保つ方法は以下のとおりです。

  1. 多めに入金しておく
  2. 取引量を少なめにする

 

①多めに入金しておく

「口座残高が多いほど有効証拠金が多くなるので、証拠金維持率を高くしやすくなる」というシンプルな理屈です。

ただし、入金するのは「最悪の場合全額消えてもいいお金」だけにしておきましょう。

「それがいくらなのか分からない!」という場合は、「消えても大丈夫と思った金額×0.5円」にしておきましょう。(0.5をかけたのは余裕を持たせるためです)

ちなみに、「トレードで稼いだお金を、次のトレードで使う」ことができますから、最初から無理に大金を用意する必要はありません。

とはいえ5~10万円ほど準備しておくと、取引がしやすくなります。
GEMFOREXには口座登録ボーナス(2万円)などがあるので、それも活用しましょう。

 

②取引量を少なめにする

FXトレードに慣れるまでは、1万通貨(0.1ロット)で取引することをおすすめします。
多くても3万通貨くらいでしょうか。
これと「レバレッジ1,000倍」が組み合わされば、簡単に証拠金維持率を1,000パーセント以上にすることができます。

最悪なのは「100万円全額突っ込んで、レバレッジ1,000倍で勝負!」などの無茶な取引をしてしまう事です。

「ハイレバレッジ取引」は、「少ない資金で、安定した取引をするため」のものです。

「大金を注ぎ込んで、世紀の大勝負をするため」のものではありません!

 

まとめ:GEMFOREXは証拠金維持率を高くしやすいFX業者です

GEMFOREXについて、証拠金維持率関連の事をメインに解説しました。

まとめると、

 

証拠金維持率20パーセントでロスカット
証拠金維持率50パーセントでマージンコール

 

マージンコールが発生しても何のペナルティもありませんが、もう新規にポジションを持たないほうが良いでしょう。思い切って即決済するのがおすすめです。

そして、そもそも証拠金維持率をこれほど低くすること自体が問題です。

 

  • 証拠金維持率の理想は500~1,000パーセント以上
  • レバレッジ1,000倍なので証拠金維持率を高くしやすい
  • 「取引量を少なめにする」ことを心掛けて証拠金維持率を上げよう
  • 「入金」によっても証拠金維持率は上がるが、慎重に考えてから

 

GEMFOREXの「レバレッジ1,000倍」を上手く利用して、安全な取引を続けていきましょう。

おすすめの記事