GEMFOREXでスキャルピングトレードをする際の注意点

スキャルピングトレードとは数秒から数分で売買が完結する形式のトレードのことです。
今回は、GEMFOREXでこのスキャルピングトレードをする場合の注意点などを紹介します。

 

そもそもGEMFOREXでスキャルピングトレードは可能?

国内FX業者には、スキャルピングトレードを禁止しているところが少なくありません。
ですが、GEMFOREXはスキャルピングトレードOKです(GEMFOREXは海外FXですしね)。

ただし、GEMFOREXでスキャルピングトレードをするのであれば、いくつか注意すべきことがあります。

 

GEMFOREXでスキャルピングトレードを行う時に気を付けるべきこと

基本的にスキャルピングトレードを容認しているGEMFOREXですが、以下の条件に該当する場合は取引ができなくなる恐れがあります。

 

①サーバーへの負荷が非常に大きくなるケース
②「単独口座形式」以外の両建てをしたケース
③EA(自動売買ソフト)だと引っ掛かるかもしれません
④相場急変時だけを狙ったトレード

 

では、それぞれについて見ていきましょう。

 

①サーバーへの負荷が非常に大きくなるケース

「注文量」が多いとサーバーへの負担が大きくなるので、トレードを停止されてしまう恐れがあります。

しかし、30ロットまでは大丈夫とのことです。
スキャルピングトレードで短時間に30ロット以上注文することはまずありませんので、ほぼ気にしなくて良いと思います。

また、もしもスキャルピングトレードで30ロット以上扱いたい場合でも、事前にGEMFOREXのサポートセンターに問い合わせて、許可を取っておけば問題ありません。

それから「5分以内で往復10ロット以上」のスキャルピングトレードでも、トレード停止処分が出る可能性があります。
該当しそうな取引を行いたいのであれば、やはり前もって許可を取る必要があります。

 

②「単独口座形式」以外での両建て

「同じ通貨ペアにおいて、ロングポジションとショートポジションを同時に持つこと」を両建てと言います。
両建てを一切禁じているFX業者もありますが、GEMFOREXの場合は「同じ口座内での両建て」のみOKとなっています。

ですが、

 

  • 口座Aでロングポジション、口座Bでショートポジションを持つ
  • GEMFOREXでロングポジション、別のFX業者でショートポジションを持つ
  • 自分がロングポジション、友達がショートポジションを持つ

 

などの両建ては禁止されています。確実にバレるので、絶対に試さないでくださいね。

3番目の「他人と協力しての両建て」はよほど息を合わさないと上手くいきません。この形式の両建てをOKとしているFX業者があったとしても、試すことは推奨しません。

 

③EA(自動売買ソフト)だと引っ掛かるかもしれません

GEMFOREXではEA(自動売買ソフト)を使ってスキャルピングトレードをすることもできます。

ただ、使うEA(自動売買ソフト)が、「トレード回数が非常に多くなるタイプ」である場合は、サーバーへの負荷が大きくなるので取引を停止されてしまう恐れがあります。

ただし、「EA(自動売買ソフト)そのものでのトレード」ができなくなるだけで、それ以上のペナルティは基本的にないそうです。
「とりあえず試してみて、停止されたら素直にやめる」という考えでもいいと思います。

※「トレード停止要請」が出るようですので素直に従いましょう。無視してEA(自動売買ソフト)でのトレードを続けてしまうと、大きなペナルティが発生するかもしれません。

 

④相場急変時だけを狙ったトレード

  • 中央銀行や政府の露骨な介入
  • 米国雇用統計発表
  • 経済指標発表

 

などがあると、まず間違いなく相場が大きく動きます。
そのため、スキャルピングトレードをしたい人にとっては「稼ぎ時」となりますが、このタイミング『だけ』を狙って取引していると、停止処分が下るかもしれません。

※ただし、「日常的にGEMFOREXでトレードしている人」が、上記のようなタイミング『デモ』トレードするのはOKです。
※逆に言えば「大きな損失が出やすいタイミング」でもあるので、無理にトレードする必要もありません。

 

GEMFOREXのどの口座ならスキャルピングトレードがしやすいのか?

GEMFOREXには「ノースプレッド口座」と「オールインワン口座」があります。

ノースプレッド口座のスプレッド(トレード手数料のようなもの)は、オールインワン口座の20~50パーセントくらいです(通貨ペアによる)。

スキャルピングトレードは取引の回数が多いので、スプレッドがどんどん発生します。
ですから、GEMFOREXで長期的にスキャルピングトレードをするのであれば、ノースプレッド口座を選ぶことをおすすめします。

 

GEMFOREXのノースプレッド口座のデメリット

ただし、GEMFOREXのノースプレッド口座には「初回入金金額3,000ドル以上(30万円以上)」というデメリットがあります。

さらには、

 

  • 入金ボーナスなし
  • 口座開設ボーナスなし
  • ミラートレードNG
  • EA(自動売買ソフト)NG

 

という欠点もあります。

 

ミラートレード:システムを使って、他者のトレードを真似する取引形式

 

ですから、実際には

 

  • オールインワン口座を作る
  • オールインワン口座で30万円以上稼ぐ
  • ノースプレッド口座を作る
  • ノースプレッド口座に資金を移す(資金移動はタダでできます)
  • ノースプレッド口座でスキャルピングトレードを始める

 

というステップを踏むことをおすすめします。

オールインワン口座には、

 

  • ボーナスあり
  • ミラートレードOK
  • EA(自動売買ソフト)OK
  • 初回入金金額は100円でOK

 

というメリットがあるので、気軽に始めることができますよ。

ただし、「オールインワン口座のスプレッドが広い」ということは確かなので、「オールインワン口座で30万円以上稼ぐ」という段階においては、スキャルピングトレードはしないほうが良いかもしれません。
もちろん絶対にNGというわけではありませんし、上手くいけばスプレッドが気にならないくらいの利益が出るかもしれませんので、じっくり検討してみてください。

 

GEMFOREXの約定力は?

約定力:トレーダーの注文とおりに、売買を確定させる力

約定力が低いと「予想価格からずれた約定金額になる」という事態になり得るので、「小さな利益を積み重ねるスタイル」のスキャルピングトレードでは致命傷となります。

ですが、GEMFOREXの約定率(注文金額どおりに約定する確率)は99.79パーセントですので、ほぼ気になりません。
スキャルピングトレードをするのに適した環境だと言えるでしょう。

 

まとめ

GEMFOREXでスキャルピングトレードをする場合の注意点などを紹介しました。

まとめると、

 

  • 大量注文はNG(事前の許可が必要)
  • 「同一口座形式」以外の両建てはNG
  • EA(自動売買ソフト)でスキャルピングをすると規制が入る可能性がある
  • 相場急変時「だけ」を狙った取引はスキャルピングに限らずNG

 

といったところです。

GEMFOREXをするのであれば、「ノースプレッド口座」がおすすめです。
ただし、「最低入金額の高さ」や「ボーナスなし」などのデメリットがあるので、

まずは、

「オールインワン口座」を作ってしっかりボーナスをもらい → 資金を作ってから → ノースプレッド口座を作成して → 資金を移して → ノースプレッド口座でスキャルピングトレードをする

ことをおすすめします。

GEMFOREXの約定力は高いので、快適にスキャルピングトレードができるはずですよ。

おすすめの記事