今回はシストレのやり方や注意点を紹介します。
もともと「シストレ用サービスを開発する業者」だったGEMFOREXを例にとって解説していきますね。

GEMFOREX口座開設(公式サイト)

シストレとは?
シストレとは?「システムトレード」の略です。

システムトレード:プログラムや一定のルールに従い、自分の感情を排して行うトレードのこと

というのが本来の定義なのですが、正直なところ人によって認識がバラバラです。

「自動売買システム(EA)を使ったトレードはシストレに含めない、というかEAはEAで別物」という人もいれば、「ツールを使うなら何でもシストレでしょ!」という理解の人もいます。

まあ、筆者的には「シストレ=ミラートレード」だと思っています。
というわけで、本記事ではこの定義で解説させてください。

ミラートレード:プログラムや他人のトレードを、ツールでトレースして同一のトレードをすること。

GEMFOREX口座開設(公式サイト)

GEMFOREXのシストレのメリット
では、GEMFOREXのシストレの主なメリットを見ていきましょう。

無料
EAどころかMT4さえいらない
スプレッドはそのまま
ストラテジーがチョイスしやすい
デモトレードで確認できる

1:無料
GEMFOREXでシストレをするにあたって、特別な費用が発生することは基本的にありません。

2:自動売買システム(EA)どころかMT4さえいらない
「ミラートレード」と「自動売買システム(EA)トレード」は別物ですから、シストレをするにあたってEAを用意する必要はありません。

それどころか、通常のFXトレードをする場合には必須となる「MT4(MT5)」についても、シストレをするだけなのであればいりません。

3:スプレッドはそのまま
GEMFOREX以外にもシストレができる海外FX業者は存在します。

ですが、それらのFX業者については「使用料」としてスプレッドが1pips程度多くなるケースがほとんどです。
そういったFX業者はシストレのサービスを外部からレンタルしているので、そのレンタル料金をカバーする必要があるわけですね。

しかし、GEMFOREXはシストレ用のシステムも自分たちで作っているので、レンタル料などが発生することはないのです。

この1点だけで考えても、筆者としては「シストレをするならGEMFOREX一択」だと考えています。

4:ストラテジーがチョイスしやすい
ストラテジー:シストレで「ミラー(真似)する戦略」のこと

ストラテジーの人気ランキング、成績などが公開されていますし、損益状況、勝率、トレード履歴なども細かくチェックすることができます。

シストレ初心者の場合は「とりあえずランキング上位」という発想でも良いですし、ある程度慣れているのであれば、もっと細かくデータを見た上で判断するのがおすすめです。

「コレ!」と思えるストラテジーを探しやすくなっています。

5:デモトレードで確認できる
新しいストラテジーをいきなり本トレードで使うのは心配なものです。
ですが、デモトレード(お金を使わないトレード)でもシストレができるので、そこでノーリスクで試すことができます。

また、「やっぱり本トレードで試したい」という場合は、最小トレードロットの「1,000通貨」で様子を見ることをおすすめします。

GEMFOREX口座開設(公式サイト)

シストレとEAトレードの差
・パソコンへの負担について
・VPSについて
・「始める難易度」について

1:パソコンへの負担について
EAトレードの場合、基本的にずっとパソコンの電源を入れておく必要があります。

ですが、シストレに関してはストラテジーの登録さえ終われば、極端に言えばパソコンの電源をオンにする必要がなくなります。
また、「GEMFOREXのページが開けるレベル」なのであれば、どんな低スペックパソコンでも良いという事も言えますね。

2:VPSについて
パソコンの電源を入れ続けることは困難ですし、実現できたとしてもどこかのタイミングで動作が不安定になる可能性が高いです。
ですか、EAトレードをするのであれば「VPS(レンタルサーバー)」を用意するべきです。
このVPSですが、基本的に「有料」もしくは「条件付きで無料」です。

しかし、シストレであれば当然VPSはいらないので、手間と費用を抑えることができます。

3:「始める難易度」
EAトレード:環境を作るのに苦労する(特に初挑戦の場合)
シストレ:ブラウザさえあれば始められる

「スタートするにあたってのハードル」に関しては、天と地ほどの差があります。

GEMFOREX口座開設(公式サイト)

GEMFOREXのシストレで気を付けるべきこと
「使えるストラテジーの数」は口座残高で決まる
口座数、通貨に制限がかかる
もちろん「絶対に稼げる」わけではない

1:「同時に使えるストラテジーの数」は口座残高で決まる
口座残高によって、「いくつのストラテジーを同時使用できるか」が決まります。
無制限で使いたい場合は、口座残高を30万円以上にしなければなりません。

ただ、最初のうちは「とりあえず1個ストラテジーを使う」というのも良いでしょう。

ちなみに、口座残高が5万円未満だと、そもそもシストレができないので気を付けてくださいね。

2:口座数、通貨に制限がかかる
GEMFOREXのシストレ口座は、

ドル建て口座
円建て口座

の2タイプしかありません。
そして口座数は、最大でも「ドル建て口座1つ+円建て口座1つ」で2つだけです。

3:もちろん「絶対に稼げる」わけではない
特にFXビギナーの方は「自分でトレードするより、シストレに任せたほうが絶対に稼げる!」と感じるかもしれませんが、実際にはそうでもありません。
「あなたが真似するプロトレーダー」や「プログラム」がいつでも勝てるとは限らないからです。

ですから、「ストラテジー選び」や「成績が悪くなってきたときのストラテジーの変更」などは慎重に行いましょう。

GEMFOREX口座開設(公式サイト)

GEMFOREXでシストレをスタートする手順
では、GEMFOREXでシストレを始めるための手順を見ていきましょう。
※すでにGEMFOREXの会員になっているものとします。

1:マイページでの作業
GEMFOREXのマイページの下部に、「ミラートレード」という欄があります。

「新規登録」を選択して、シストレ用の口座を作りましょう。
(すでに口座がある場合はこの作業は不要です)

口座作成に成功すると、画面左に「ミラートレード」という項目ができます。

2:ストラテジーをチョイス
先ほどできた「ミラートレード」から、「ストラテジーリスト」をチョイスします。
とりあえずデモから……という場合は、「デモストラテジーリスト」をクリックしましょう。

これでストラテジーリストのページが出るので、「※ストラテジー検索・追加はこちら」を選択して、各ストラテジーをチェックしてみましょう。

利益重視
取引回数が多い
運用期間が長い

などのフィルタリングができますし、先ほどお伝えしたように、ランキング形式でチェックすることも可能です。

3:ストラテジーの登録
ストラテジーを決めたら、「○○(ストラテジー名)を利用する」を選択します。

「ストラテジーを使いたい口座」を選び、「新規登録」を選択します。

「更新してもいいですか?」というメッセージが出たら「OK」を選択します。

あとはマイページ「ストラテジーリスト」を見て、きちんと稼働していれば成功です。

GEMFOREX口座開設(公式サイト)

まとめ:GEMFOREXでシストレを始めるのは超簡単!
GEMFOREXでシストレをするための手順などを紹介しました。

EA、MT4、VPSがいらない
無料、スプレッドもそのまま
ストラテジー選びが簡単

など、GEMFOREXのシストレはとにかく手軽ですし始めやすいです。

「必ず稼げるというわけではない」という事さえ念頭に置いておけば、すぐにでも初めてみるのもいいと思います。

GEMFOREX口座開設(公式サイト)

おすすめの記事