GEMFOREXのVPSサーバー無料サービスとは?

GEMFOREXにはVPSサーバー無料サービスがあります。
今回はこのサービスについて解説していきます。

 

VPSサーバーとは?

「VPSサーバー」とは、言わば「他の場所でずっと動き続けているPC」のようなものです。

詳しい理屈は省略しますが、「VPSサーバーがあると24時間安定してトレードできるようになる」と考えてください。

特にGEMFOREXなどでEA(自動売買ソフト)を使いたいのであれば、VPSサーバーは欠かすことができません。

そして、GEMFOREXは「VPSサーバー無料サービス」を行っています。
文字通り、0円でVPSサーバーを使うことができます。

 

GEMFOREXでVPSサーバーを無料で使うための条件

ただ、全てのユーザーがVPSサーバーを無料で使えるわけではありません。

「月末の口座残高50万円以上」でないと、VPSサーバー無料サービスを利用できません。

ちなみに「自己資金のみで50万円」である必要があります。
GEMFOREXには豪華なボーナスがありますが、「ボーナスで50万円の一部を補う」ということはできないので気を付けてください。

GEMFOREXはレバレッジ1,000倍のFX企業です。
そのため、「少ない資金で、大きなトレードをする」というユーザーが多いです(例:資金1万円で、1000万円のトレード)。

最初から50万円以上入金する人はあまりいないように感じます。
また、強引に50万円用意するようでは、「少額でもトレードしやすい」というGEMFOREXの利点が薄れてしまいます。

 

「VPSサーバー無料サービス」が使えない場合は有料になる

GEMFOREXの「VPSサーバー無料サービス」が使えないとしても、有料でVPSサーバーを使うことが可能です。
その際の価格は「月々約3,000円」となっています。

実はVPSサーバーがなくてもEA(自動売買ソフト)の稼働自体は可能です。
ですが、安定性はかなり低くなります。

ですから、「VPSサーバーがない場合でも、VPSサーバー並みの安定感を保つ工夫」をすべきです。
しかし、それをするにはまず間違いなく月3,000円以上のコストがかかりますので、素直に月々3,000円支払って、VPSサーバーを使うことをおすすめします。

「たった3,000円」とも言えますしね。
やはり無理に50万円入金することはないと思います。

また、GEMFOREXでのFXトレードが軌道に乗れば、いつか無理なく50万円をキープできるようになるはずですよ。

 

GEMFOREXのVPSサーバー無料サービスの品質・評判

GEMFOREXのVPSサーバーのスペックを簡単に紹介します。

 

CPC:Core 2.4GHz

普通レベルです。支障なくGEMFOREXのEA(自動売買ソフト)が使えるはずです。

 

メモリ:1ギガバイト

問題なくEA(自動売買ソフト)が運用できます。「1ギガバイト」と聞くと少なく感じるかもしれませんが、基本的にFXトレードだけに使うわけですから大丈夫です。

VPSサーバーとしての能力はごく普通です。評判も比較的いいです。

ただし、「接続ミスをしやすい」という口コミが多少あり、FXビギナーの方は使い始めるまでに少し苦労する場合があるかもしれません(いざ接続できてからは、ほぼ困らないはずです)。

ただ、この手の接続などに自信がある人であれば、GEMFOREXのVPSサーバーでも問題ないと思います。

 

GEMFOREX以外の有料VPSサーバーを使う手もある

GEMFOREX以外のVPSサーバーであったとしても、GEMFOREXでトレードすることができます。
「VPSサーバー無料サービスを使う」ことにこだわらないor使いやすさを重視する、という方は、他の業者のVPSサーバーの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのVPSサーバーを3つ紹介します。

 

  1. ヴァルチャー
  2. お名前ドットコムデスクトップクラウド
  3. ABLENET

 

①ヴァルチャー

最安のコースであれば月々約500円で使うことができます。
「VPSサーバー無料サービスを使う場合」と、年間6,000円くらいしか変わりません。

操作もしやすく、海外のEA(自動売買ソフト)ユーザーの間で大人気となっています。

ただし、ヴァルチャーのサイトは日本語化していません。
そのため、英語がある程度できないと利用しにくいはずです。
とはいえ、ヴァルチャーの使い方などを日本語で解説している個人サイトなどもたくさんあるので、そういったところを参考にすれば何とかなると思います。

 

②お名前ドットコムデスクトップクラウド

有名なGMOが運営する、日本のVPSサーバーです。
月々2,500円程度で使うことができ、「GEMFOREXのVPSサーバーを有料で使う場合」よりも安くなります。

MT4やウィンドウズOSがデフォルトでインストールされているので、その手の準備をする自信がない方にもおすすめです。

「EA(自動売買ソフト)初挑戦」という人は、GEMFOREXのVPSサーバー無料サービスか、お名前ドットコムデスクトップクラウドを使うことをおすすめします。

 

③ABLENET

月々1,800円くらいで使うことができ、お名前~よりも多少安いです。
ただし、デフォルトではMT4やウィンドウズOSは入っていないので、自力で入れなければなりません。
また、お名前~と比べるとサポート体制に若干の不安が残ります。

ただ、ネット・パソコン関連の知識がある程度ある人であれば、特に困らないと思います。

 

他にもVPSサーバー無料サービスを実施しているFX企業がある

また、GEMFOREX以外にもVPSサーバー無料サービスを用意しているFX業者があります。これらのVPSサーバーを、GEMFOREXのトレードで使うこともできます。

ただ、いずれも「VPSサーバー無料サービスを使うためだけに利用登録をする必要はない」ですし、無料登録をしていたとしても「無理に無料利用条件は満たす必要はない」と言えます。

ですが、すでにこれらの海外FX業者を使っているのであれば、検討してみてもいいかもしれません。

 

  1. FBS
  2. XM
  3. トレーダートラスト

 

①FBS

  • 毎月往復3ロット~のトレードをしている
  • 450ドル(5万円くらい)以上の入金をしている

 

という条件を満たすと、FBSのVPSサーバー無料サービスが使えるようになります。
GEMFOREXの無料利用条件よりは圧倒的に緩いですね。

 

②XM

  • 毎月往復5ロット~のトレードをしている
  • 5000ドル(55万円くらい)以上の入金をしている

 

GEMFOREXと同レベルでVPSサーバー無料サービスの利用条件が厳しいです。

 

③トレーダートラスト

トレーダートラストのVPSサーバー無料サービスには3つのグレードがあります。
最低グレードのVPSサーバーの無料利用条件は以下のとおりです。

 

  • 毎月往復5ロット~のトレードをしている
  • 口座残高が22万円(2000ドルくらい)以上

 

GEMFOREXに比べると、無料利用条件は緩いですね。

 

まとめ:EAにはVPSが必須!でもGEMFOREXのVPSサーバーにこだわる意味はない

GEMFOREXのVPSサーバー無料サービスについてお伝えしました。

まとめると、

 

  • ごく普通の使用感
  • ただし接続でつまづく人が少しいる
  • 無理に50万円入金して無料にする意味はない
  • 抵抗がない&接続に自信があるなら月々約3000円で使うのもあり

 

GEMFOREXのVPSサーバーの評価はおおよそ↑こんなところです。
毎月3,000円払って使い続けるのもいいと思います。
無料にせよ有料にせよ、ほとんどの場合特に困ることはないはずです。

ただ、

 

  • ヴァルチャー
  • お名前デスクトップクラウド
  • ABLENET

 

といった有料VPSサーバーが優秀ですし、GEMFOREXのVPSサーバー有料版より安いので、こちらも選択肢に入れる価値があるはずです。

また、他の海外FX業者(XM、FBS、トレーダートラストなど)の会員にすでになっているのであれば、そちらのVPSサーバーを使って、GEMFOREXでEA(自動売買ソフト)トレードをするというのも1つのです。

いずれにせよEAを使うのであれば、VPSサーバーがほぼ必須です!

おすすめの記事