出金拒否の噂についてGEMFOREX(ゲムフォレックス)の公式見解

海外FX業者を語る上で必ずと言っていいほどついて回る「出金拒否の噂」。
今回はGEMFOREX(ゲムフォレックス)について、出金拒否の噂に関して探っていきましょう。

 

出金拒否の噂に関する公式見解

GEMFOREXのオフィシャルサイトにて、出金拒否の噂について公式見解が出されています。その要点をまとめていきますね。

 

  1. 出金拒否の噂そのものを把握している
  2. 「理由なき出金拒否」は一度もない
  3. 出金を待たせる場合がある
  4. バグで出金拒否をしてしまったことがある
  5. 「悪質ユーザー」に対して出金拒否をしたことがある

 

①5chなどで出金拒否の噂が出ていることは把握している

当たり前と言えば当たり前ですが、GEMFOREXをはじめとする多くのFX業者が、5chの書き込みなどをチェックしているのではないかと思います。

そもそも筆者はFXについて5chに書き込みをするべきではないと感じていますが(精神に悪い、時間の無駄などの理由です)、「業者自体が見ている」という事を意識した上で投稿しましょう。

FXができる大人の方であれば、私の言っている意味はお分かりになるかと思います。
あまりにも酷い書き込みをすると、GEMFOREXが法的処置を取るかもしれません。

 

②出金拒否をしたことは一回もない

GEMFOREXほどの規模のFX業者であれば当然のことです。

一回でも理不尽な出金拒否をしようものなら、利用者や「これから利用しようと思っている人」からの信頼を失うことになるので、「得られるもの」と「リスク」が釣り合っていませんよね。

逆に言えば、「誰も知らないような無名のFX業者」であれば出金拒否などの暴挙に出ないとは言い切れません。
幸いGEMFOREXなど安心して使えるFX業者がありますので、そういった怪しいFX業者は絶対に利用しないでくださいね。

 

③出金を待たせる場合がある

「利用規約違反をしているかもしれないユーザー」の情報は、全部GEMFOREX側が把握しています。
そしてそのユーザーが出金申請をした際は、そこから数日かけて各種調査をする場合があるようです。

調査の結果問題なければ通常通りの出金を、利用規約に違反していると判断した場合は、利用規約に従って措置をしているそうです。

この「措置」というのが具体的にはよく分からないのですが、「ユーザーにとって不利な事であるため、出金拒否とみなされてしまってもおかしくない対応をする」とのことです。

ただし、利用規約違反の疑いがあっても3日前後、聞き取り調査を要するユーザーであっても1週間程度で対応をしているとのことです。
ただ、あくまで「対応」であって、「じゃあ出金してあげますよ」なのかは分かりません。

ちなみにこういった「特殊な対応」をする場合は、必ずそのユーザーに連絡を入れているとのことです。

 

④GEMFOREX側のバグで出金拒否が発生した事が一回ある

一回だけですが、GEMFOREX側の落ち度で出金拒否が発生してしまった事があるようです。
ただ、これについてGEMFOREXは「当社【にも】責任がある」と述べているので、「利用者側に全く落ち度がない」というわけではなさそうです。

もちろんこの事態を放置することはなく、該当する利用者と数週間協議をして、数週間してから円満解決に至ったとのことです。

 

⑤「悪質な取引手法」を理由に出金拒否をしたことが3回ある

これについて、GEMFOREXのオフィシャルサイトでは、「3」の「利用規約違反」よりも、厳しい表現を使っています。何となく「怒り」さえ感じられます。

 

まとめ

普通にGEMFOREXで取引をしている限りは出金拒否されない
「当然の理由」で出金拒否をする場合はある
GEMFOREX側の責任で出金拒否をしたこともある(ただし1回)

その「GEMFOREXの1回のミス」をどう判断するかはあなた次第ですが、筆者としては「無数の出金処理の中の1回でしかないので、そこまで深刻に考える必要はない」と考えています。

また、万が一何らかのトラブルが起きたとしても、GEMFOREX側にも責任がある限りは、きちんとした対応を取ってくれることでしょう。

あくまで、出金拒否の噂でしかありません。
「噂」は「噂」ですね。

 

出金拒否にならないようにGEMFOREXの禁止行為をチェック!

次のような行動をすると、「利用規約違反(もしくはその疑いがある)」とみなされて、出金拒否をされる恐れがあります。気を付けましょう。
(全部挙げるとキリがないので、ついやってしまいがちなものを挙げていきます)

 

  1. 許可を取らずに大きなロットでトレードする行為
  2. 「相場急変時」のみトレードする行為
  3. 「単独口座形式」以外での両建て
  4. システムの悪用
  5. 組織的なトレード

 

①前もって連絡せずに大きなロットでトレードする

「5分で10ロット(100万通貨)を超えるトレード」というのが、事前連絡をしなければならない目安となるようです。
これくらいであれば普通にトレードできる業者が多いですが、GEMFOREXで取引をする際は気を付けましょう。

 

②「相場が急変するのが分かり切っているとき」のみトレードする行為

  • 中央銀行や政府の介入
  • 米国雇用統計発表時
  • 経済指標発表時

 

などは「相場が大きく動くことが明白」であるため、そのタイミング『だけ』を狙ってトレードすることは禁止されています。

 

③「単独口座で行う形式」以外の両建て

  • 複数の口座を使っての両建て
  • 複数の業者を使っての両建て

 

などは禁止されています。
ただし、「1つの口座内で行う両建て」に限ってはOKです。

両建て:買いポジションと売りポジションを同時に持つ行為。これを活用した戦略がたくさんありますが、「両建ては全く役に立たない」と語る上級トレーダーも少なくなく、賛否両論分かれています。

 

④GEMFOREXのシステムを悪用する行為

例えば、「こういう手を使えばなぜか常軌を逸して稼げる。GEMFOREX側が気づく前にどんどんやってしまおう」というのは違反です。

「システム側が悪いのであって、自分が悪いのではない」という理屈は通用しません。

 

⑤組織的なトレード

「複数人と協力して、戦略的なトレードをする」のは禁止です。
例えば、「Aさんが買いポジションを持って、Bさんが売りポジションを持つ」などが考えられますが、それも違反なのでやめましょう。

 

GEMFOREXで出金をする前のもう一つの注意点

GEMFOREXの場合、1つでもポジションを持ったままだと出金拒否されます(そもそも出金申請ができませんが)。

ですから出金したいときは、必ず全ての売買を完結させましょう。

特に「本業がFX」という人のなかには、「生活のためにも○日までに出金する必要がある」などの状況になりやすいかと思います。
そのときに「出金したいけれど、今のポジションを手放すわけにもいかない」という状況を作らないようにしましょう。

 

まとめ

今回はGEMFOREXの出金拒否の噂について解説しました。

まとめると、

 

  • 普通にトレードしていれば出金拒否されることはない
  • ただし過去4回出金拒否の事例がある(ユーザーの悪質行為で3回、バグで1回)

 

といったところです。
出金拒否の噂は海外FXにはつきものですが、惑わされないようにしましょう。

あとは、

 

  • 複数口座、複数業者での両建て
  • 「相場が急変するのが明白なとき」のみの取引
  • システムの穴をつく行為

 

などをしていると出金拒否をされてもおかしくないので気を付けましょう。

また、出金する前にポジションを全部手放す必要があるので、「このタイミングまでに出金しなければならない」などの都合がある人は特に気を付けてください。

おすすめの記事