年に最大7.0%の利息が付くIFC Markets(IFCマーケット)

IFC Marketsにはどんなサポート性があるのか、どのようなトレーダーにメリットがあるのかを詳しく紹介していきたいと思います

IFC Marketsの詳細 

IFC Marketsは IFCMホールディンググループの傘下企業であり、2003年からFXサービスの提供を開始しました。同グループは複数の投資会社を運営していて、銀行とのコネクションも強くIFC Marketsで取り引きを行う点でメリットになっています。入金は$1から100通貨単位での安価な取引きが可能で、良心的な日本語サポートにも対応しています。顧客資金に対して保険を掛けたり、追証請求のないゼロカットを採用している万全の資金保全です。そのような点から初心者トレーダーにも利用しやすい海外FX業者でもあります。 

 

IFC Marketsの強み 

①年に最大7.0%の利息が付く 

IFC Marketsはフリーマージンに年間最大で7.0%の利息が付きます。フリーマージンとは口座残金すなわち実行証拠金のことを指し、最低でも1ヶ月に10ロット以上取引きをしていればフリーマージンに対して利息を毎月受け取ることが可能です。受け取った利息は制限が無くトレーダーが自由に使用することができます。取引の足しにすることもできますし、そのまま出金することも可能になっています。フリーマージンが多ければそれに伴って配当額も大きくなるので、自己資金に自信を持っているトレーダーはIFC Marketに入金しましょう。
日本の銀行で預金としてお金を預けても年利0.01%程度です(普通預金の場合)。7.0%の利息というのは超低金利の日本に住む人にとっては非常に大きな魅力です。

②正確な注文処理により高約定力 

IFC Marketsは約定力が非常に高いことも魅力的なポイントです。スリッページが発生することが極めて少なく、スムーズな約定処理を行うことが可能です。
IFC Marketsはなぜ高い約定力を持ちスムーズな約定処理ができるのか。それはIFC Marketsのハイブリッドな注文処理技術が関係しています。IFC Marketsは注文された量によって処理方法を分け顧客に対してスピーディーかつ正確な約定処理を行っているので、スリッページや不利約定などの顧客が不利になるような状況を回避してスムーズな高い約定力を実現しているのです。
 

 

③運営している企業が世界的有名金融グループ 

IFC Marketsはロンドンの中心地で世界経済の中心ともいえるシティオブロンドンに本社を構えている世界的有名金融グループのIFCM Groupの子会社です。
大企業が運営をしていると聞くだけでも、とても信頼性は高いといえます。さらにIFC MarketsはBVI「イギリス領ヴァージン諸島」のライセンスを保持しているということを加味すると、高い信頼性があると判断できるでしょう。さらに親会社であるIFCM GroupもCySEC「キプロス」ライセンスを取得していることから一層信頼感は高まります。 

 

④安心の金額保障 

IFC Marketsは他の海外FX業者とは違い、金銭的やトレーダーが有利になるようなボーナスキャンペーンは行っていないものの、それをカバーする様々なポイントがあります。IFC Marketsは顧客資産管理が分別管理なので安定感に欠けるといったイメージのトレーダー多いと思いますが、しかし親会社がIFCM GroupということもありIFC MarketsにはAIGEUROPELIMITEDによる確かな保証が付いているのです。万が一IFC Marketsが倒産してしまったとしても顧客資産が全額補償されているので安心です。 

 

⑤100円から入金可能な良心的サービス 

IFC Marketsにはマイクロ口座というものがあり、なんと初回最低金額がたったの100円から入金することが可能です。さすがに100円程度入金したところで大きなトレードができるわけではありませんが、少額の細かい金額を入金できることはトレーダーに対してメリットになります。初めは少額や小ロットから運用したいなど様々なトレーダーの希望を叶えてくれる良心的なサービスです 。

 

IFC Marketsに向いてるFXトレーダー 

IFC MarketsはNetTraderXを使用してトレードを行いたいと考えているトレーダーには非常におすすめです。NetTraderXとはパソコンを初めとしてiOSやアンドロイドなどの携帯端末でも幅広く利用可能です。NetTraderXはIFC Marketsが自社で開発しているトレードツールでもあり、不利約定やトレーディング中のトラブルなどにも迅速に対応することが可能なため好評を得ているツールです。 

 

IFC Marketsのライセンス 

IFC Marketsはロンドンに本社を構えていて、UK投資銀行傘下の海外ブローカーでヨーロッパやアメリカを主な拠点として投資事業を展開しています。ニュージーランド「FSPR」のライセンスを所有しているFX業者でもあり、現在では中東にも手広くグループ傘下会社IFCM Groupを持っている広域FXブローカーです。日本には2007年から本格的なサービス提供を開始していて、海外FX業者の中でも100通貨単位の取り引きを行うことのできる数少ないFXブローカーでもあります。さらに最低証拠金$1から始められることから、とても簡単で手軽にトレーダーを始めることができてFX初心者には非常に優しく高い人気を誇っているのも魅力の一つです。 

 

IFC Marketsの運営会社 

IFC Marketsの運営会社は、IFCM Groupです。IFCM Groupは「専門職業人賠償責任保険書」を保有しています。顧客資金の保管方法は分別保管を使用しており、各顧客資金に対してアメリカ最大級の業者グループであるAIGEUROPELIMITEDの保険をかけています。14年間以上営業していることから、企業としての安定感も見受けられます。 

まとめ 

IFC Marketsは年間最大で7.0%の利息がつく点や、トレーダーが受け取った利息を制限無く使用できるというポイントが魅力的です。さらに100円という少額から入金できることで様々なトレーダーの希望を叶えています。
ハイブリッドな注文処理技術により他のFXブローカーにはない迅速な対応や高い約定力を誇っており、多種多様なトレーダーに対して的確なサポートをしている点もIFC Marketsの強みといえます。ですので、「細かい金額を動かしたいトレーダー」や「スピーディーにトレーディングをしたいトレーダー」にはIFC Marketsは非常におすすめです。
 

おすすめの記事