is6comは、タックスヘイブン(租税回避国)として有名なセーシェルに本拠地をかまえています。2016年に設立されたばかりの会社なので、海外のFX業者としては比較的新しいです。

日本人に人気のFX業者として有名なis6comですが、その理由はいくつかあります。日本語でのサポート体制が完璧なところや、高いレバレッジ倍率は人気を集めているポイントです。

ボーナスに関しても他社とは桁違いの待遇になっているので、少ない元手を効率よく運用したい投資家にとっては、これ以上ないほどチャンスに溢れた会社です。

is6comを利用するメリット
is6comは、FXに特化した金融サービスを提供することに尽力しており、その意思は公式サイトにも記載されています。そんな熱意を持った会社であるis6comを利用するメリットをご紹介いたします。

①レバレッジ倍率の高さ
取引可能な最大のレバレッジ倍率は1,000倍という驚異的な数値で、この倍率の高さは世界最大です。レバレッジの倍率が高ければ高いほど、元手を増やすチャンスも大きなものになりますが、予想が外れてしまった場合は、その分元手を失ってしまう可能性も高くなります。損切のタイミングを見失うことにもつながるので、状況に適したレバレッジ倍率を選択することが、資産を増やせるかどうかの分岐点になります。

②ゼロカットシステムで追証なし
1,000倍という巨大な倍率は、一攫千金を狙えるチャンスにもなれば、大きな負債を背負うリスクも含んでいます。予想が外れてしまって100万円以上の借金を背負うことになってしまった・・・。なんてことにならないように、海外のFX業者を選ぶときには、必ずこのゼロカットシステムが導入されているかどうかを確認しましょう。その点is6comは、しっかりとゼロカットシステムを導入しているので、大きなレバレッジを賭けても負債を背負う危険性はありません。

③Bitwalletが利用できる
Bitwalletとは、海外FX業者の入出金を仲介して、手数料の大幅な削減と素早い資金の受け取りを可能にするサービスです。2018年9月頃までは、「イープロテクション」の中のサービスでしたが、その後は正式に「Bitwallet PTE LTD」という会社になりました。

従来の方法だと、海外のFX業者を利用するときには海外送金をしなければいけないというデメリットがありましたが、このサービスはオンライン手続きのみで完結することが出来るので、投資家の負担がとても少なくなりました。

さらに、同様のサービスを提供しているstickpayと比較すると、Bitwalletは824円で利用できるのに対して、stickpayは上限なく出金額の1.5%の手数料が取られてしまいます。Bitwalletの手数料がいかに安いかがわかりますね。

is6comを利用するうえでのデメリット
実際に日本でis6comを利用している投資家の評価を見ると、大きく目立つ点がいくつかあります。トレードスタイルによっても賛否は分かれるのかもしれませんが、デメリットとされているポイントを説明していきます。

①約定が不安定なことが多い
約定が不安定と誰もが口をそろえて低評価しているので、is6comの代表的なデメリットと言えるでしょう。この約定率の高さというのが、実はトレードの勝敗に大きく影響してくるのです。FXトレードの世界では、海外通貨の価値が瞬間的に変動しています。最も通貨価値が下がった時に買い、その後通貨の価値が上がれば利益を得ることができますが、この状況は数秒もたたずに変化していきます。それなのに、買いや売りの注文が拒否されてしまい、絶好のチャンスを逃すことがあれば、会社に対しての不信感はどんどん高まっていきますよね。
is6comは、海外FX業者の中でも特に約定率が不安定だと言われています。

②信託保全制度や資金管理が不透明
信託保全制度とは、FX会社が倒産した場合に、投資家が預けていたお金が保証される制度のことです。is6comの場合は、公式サイトのQ&Aにも回答が記載されています。

is6com

世界各国にある大手銀行と記載されてはいますが、明確な銀行名も記載されていませんし、管理の方式やどのような分配方式で管理されているのかも不透明な文面なので、もしもis6comが倒産などをした場合には、預けていた資産が取り戻せない可能性は十分にあります。

③NDD方式ではなく、DD方式を採用している可能性が高い
FX市場には、個人投資家とFX会社とインターバンクの金融機関の3つが存在し、取引方式によってそれぞれの関係性が変化します。
まず、DD方式とNDD方式についての違いを比較します。

・DD方式
主に国内のFX業者が採用しています。
個人投資家とインターバンクとの間にディーラーが仲介する形になるので、どうしても約定までに時間がかかってしまいます。さらには、チャートの状況次第ではディーラーが損失を出す可能性もあるので、注文自体を拒否されてしまうことも少なくありません。しかし、利点として手数料が安いという部分もあります。

・NDD方式
主に海外のFX業者が採用しています。
個人投資家とインターバンクが直接取引をする形になるので、約定までの速さと約定率の高さはDD方式とは雲泥の差があります。直接インターバンクと取引ができるということは、注文したタイミングの±1秒の差で注文自体を確定できるので、チャンスを逃すことはありません。しかし、便利な分手数料が高くなってしまうというデメリットもあります。

手数料に関する説明はしましたが、DD方式では一瞬で状況の変わるチャートには正直対応できません。

is6comの各種ボーナス制度
is6comは、なんと言ってもボーナスの豪華さに人気があります。海外のFX業者の中でも優秀だとされていて、上手に利用することで少ない元手で大きな利益を得られる可能性は十分にあります。

①ご優待キャンペーン
月1回ほどのペースでもらうことのできるこのキャンペーンは、「入金ボーナス100%」というものです。1つの口座で上限額100万円まで入金ボーナスが何度でももらえるので、少ない元手でも十分にトレードを楽しむことができます。

②ボーナスキャンペーン
こちらのボーナスも月に1回もらうことができます。なんと驚くことに「最大200%」のボーナスをもらうことができるのです。この数値はis6comでしか扱っていないので、やはり一番の強みと言えるでしょう。

③シークレットボーナス
このボーナスは、ご優待キャンペーンと同様に「100%」のボーナスをもらうことができます。ただ、このボーナスのおもしろいところは、その名の通り当選するかどうかは運次第というところです。
このボーナスは一度の入金にしか適用できないので、使用するタイミングが重要になります。

以3つのボーナスをうまく利用することができれば、ご優待キャンペーン→シークレットボーナス→ボーナスキャンペーン→キャンペーンなし という風に一ヶ月のうち3週間をボーナスで有利にトレードをすることができるので大事なポイントです。

is6comのライセンスと信頼性
is6comが信頼性に欠けるポイントとして、ライセンスを取得していないという部分が大きいです。ライセンスというのは、正式な金融機関として運営することを認可された証でもあり、優良な会社としての指標にもなりますが、is6comはこのライセンスを取得していません。そのうえ、前述のとおり投資家の財産に関しても管理の仕方が不透明なので、正直なところFX業者としての信頼性は乏しいです。

is6comが選ばれる理由
ライセンスを取得していないにも関わらず、どうしてこんなにも日本のトレーダーに愛されているのでしょうか?私なりにその理由を考察してみました。

①サポート体制の完璧さ
日本語でのサポート体制が完璧でありレスポンスも早いので、なにか問題が発生した時にはしっかりとサポートしてくれます。しかも、24時間365日日本語でのサポートをしてくれるので、安心感は抜群です。

②レバレッジの高さ
なんと言ってもレバレッジ1,000倍という倍率の高さは、目を見張るものがあります。他にもレバレッジ倍率の高いFX業者はありますが、比較してもやはりis6comの倍率は頭1つ抜けています。

会社名 倍率
is6com 1,000倍
XM 888倍
FXPro 500倍
ThinkForex 500倍

こうしてみると、is6comのレバレッジ倍率が高いことがわかりますね。

まとめ
is6comはライセンスを取得していないなどの信頼性に欠ける部分もありますが、仕組み自体はとても可能性に満ち溢れています。

レバレッジの高さ
ボーナス制度の充実度
日本語でのサポートが完璧
Bitwalletが利用できる

is6comは、少ない元手で一攫千金を狙えるFX業者です。ある程度の経験を積み知識を得た状態であれば、大きな資産を手に入れることも夢ではありません。

おすすめの記事