今回はLAND-FXの口座開設手順について一緒に見ていきましょう。
まずはLAND-FXの公式ホームページにアクセスします。

LAND-FXには「Live口座」「ECN口座」「Demo口座」の3つ口座がありますが、今回の口座開設手順では「Live口座」の口座を使って説明を行っていきます。

画面中央にある「Live口座」ボタンをクリックしましょう。Live口座の開設方法は動画もありますのでよくわからない人はそちらを参照ください。ただし英語で記載されています。

それではではリアル口座開設を行っていきましょう。
口座開設画面にアクセスし、設定を行っていきます。

法人or個人の選択:特に法人でない限り個人を選択しておきましょう。
口座のタイプの選択:
Platform Type
:「MT4」または「MT5」のどちらかを選択します。どちらを選んでいいかよくわからないという人は「MT4」を選んでおきましょう。
口座のタイプ:「LPボーナス口座」と「Live口座」があります。ここでは「LPボーナス口座」を選択します。
通貨の選択:「JPY」を選択します。
レバレッジ:デフォルトで表示されている「500:1」を選択します。このレバレッジは後で変更できます。

 

続いて「個人情報」の登録です。

個人情報
名前/苗字:半角英字で入力します。日本語では入力できません。
性別:「男」または「女」を選択しましょう。
国籍:該当するものを選択します。
生年月日:カレンダーで設定します。

 

連絡先の設定です。

個人情報(連絡先)
電話番号:携帯番号や市外局番は0を入れて入力します。ハイフンは不要です。入力したらSMSでの認証を行う必要がありますので「SMS送信」ボタンを押しましょう。
メールアドレス:普段利用しているものを正確に半角英数字で入力しましょう。
居住国:「Japan」を選択します。
都道府県/市区町村/番地、建物など/郵便番号:これらの住所に関する情報は半角英数字で入力します。

上記情報の入力が終了したら「次へ」ボタンを押しましょう。

 

資産情報および雇用情報の設定に入ります。

資産情報&雇用情報:
自己資産(USDドル):お持ちの資産をドル換算で記入しましょう。おおよその額でOKです。1=100円で計算するとよいでしょう。
推定年収(USDドル):自己資産同様おおよその額を記入します。
雇用状況:「会社員」「自営業」「退職者」「学生/主婦」「失業者」の5項目から選択しましょう。
産業:自分が働いている業界を選びます。

取引経験の設定項目です。

こちらは記載されている取引内容での経験について「無し」、「0-6か月」、「6-24か月」、「24+ヵ月」から選択します。取引の経験が全くない場合は「無し」のままでかまいません。

身分証明書のファイルアップロードです。

身分証明書:
身分証として利用できるものは「運転免許証」「パスポート」「マイナンバー」等になります。運転免許証およびパスポートは有効期限内であることが必須です。

スマートフォンカメラ等で撮影した身分証をアップロードしていきますので、写真は記載内容がはっきりわかるような高解像度で撮影しましょう。

居住証明書のファイルアップロードです。

居住証明書:
居住証明書に利用できるものは「住民票」「銀行及びカード明細書」「公共料金領収明細書」等です。
発行後3か月以内のものが利用可能です。確認した上でアップロードします。
アップロードを行いましたら「次へ」ボタンを押しましょう。

約定書:
約定書を読んだうえ、内容に問題がないようでしたらチェックボックスに同意のチェックを入れ、「次へ」ボタンを押しましょう。英文なので下にかかれている日本語を理解できれば構いません。

追加リスク表示:
本文中にある4つのリスク回避への同意についてチェックボックスがあります。「20歳未満、65歳以上の場合」「先物取引及び投資取引の経験が6ヶ月未満の場合」「年収が$25,000未満の場合」「投資金が純資産の25%以上の場合」に忘れずにチェックを入れましょう。
最後にチェックボックスへ同意のチェックを入れて「次へ」ボタンを押します。

 

このページが表示されると審査に入ります。審査がOKでしたら登録メールアドレス宛に口座開設完了のメール連絡が来ますのでそれまでしばらく待ちましょう。

その後は口座に入金を行って取引開始となります。

おすすめの記事