優秀な自動売買ツールが利益を生み出すSvoFX

SvoFXとは、ベリーズに籍を置く海外のFX業者で、SGIグループが運営母体となる会社となります。正式な会社名は「SVODA GLOBAL MARKETS PTY LIMITED」です。

SvoFXが日本国内で活動を開始したのが2019年5月頃と、まだ比較的新しい会社です。新参者であるがゆえに仕方のないことなのですが、ネットでSvoFXと検索をすると、怪しいとか危険だという内容を煽る情報ばかりが出てきます。

では、SvoFXとは本当に怪しいFX会社なのでしょうか?
この記事では、その部分もしっかりと踏まえてSvoFXの説明をしていきます。

 

SvoFXを利用するメリット

まだ実績の少ない会社ではありますが、トレードツールに関しては非常に優秀だという印象があります。トレードをするうえで、メリットなる点をいくつかまとめてみました。

 

①自動売買ツールが非常に優秀

SvoFXが売り出している一番のポイントでもある、自動売買方式・コピートレードとも呼ばれるこのシステムは、FX取引に関する知識が浅い人であっても、プロのトレーダーように本格的な取引を自動でしてくれるツールです。

仕組みとしては、非常に簡単な4ステップです。

 

  • SvoFXに登録
  • 自分に合った売買システムorトレーダーの選択
  • 自動でコピートレード環境の構築
  • トレードで収益をゲット

 

たったこれだけでプロのトレーダーと同じ裁量ができるので、知識がないまま自分でトレードするよりは、勝てる確率が格段に上がります。

 

②ゼロカットシステムによる追証なしの取引

FXなどの投機で一番恐いポイントが、元手以上の損失を出してしまい借金を背負ってしまうことです。ですが、SvoFXの取引にはゼロカットシステムが導入されているので、元手以上の負債を背負う可能性がありません。

トレードのタイミングによっては、レバレッジを賭けて大勝負を仕掛けたいこともあると思います。その時に借金を背負う心配を抱えていると必要以上に弱腰になってしまいますが、このシステムがあればその心配もないので安心してトレードができます。

 

③高いレバレッジを賭けることができる

レバレッジとは、元手1万円のトレードで100倍のレバレッジを賭けることで、100万円のトレードと同じ利益を得ることができるシステムです。日本国内のFX業者では、最大25倍までしかレバレッジを賭けることができないので、100倍までレバレッジを賭けることができるのは大きな利点になります。

 

SvoFXを利用するうえでのデメリット

①FX会社としての実績が少ない

この問題は時間が解決するものなのでどうしようもない部分ではありますが、過去の実績が少ないとどうしても信頼性が薄れてしまいます。

FX関係の問題としてよく聞くのが、

 

  • 収益分を出金しようとしたがお金が振り込まれない
  • トレードで注文ボタンを押したがエラーで約定できない
  • 約定までのスピードが遅い

 

などですが、この問題に関しては今のところあまり発生していないようです。

なので、このまま大きな問題もなく実績を積むことができれば、大手の仲間入りも夢ではありません。

 

②信託保全ではない可能性

信託保全とは、利用しているFX会社がなんらかの理由で倒産・破産した場合に、利用者の財産を保証してくれる制度のことを言います。SvoFXの場合は、信託保全に関してはあいまいな部分もあり、はっきりと信託保全であるとは言えません。

SvoFXの公式サイトの資金のセキュリティに関する記載の中にこのような一文があります。

業界の規制に従って、顧客の資金はSVOFXの資産から分離され、規制された銀行機関に保管されています。これはあなたの資金がいつでも利用可能であることを確実にして、そしてそれ自身のアカウントのために会社によって使われることができないようにします。これらの取り決めは、監査人によってチェックされ検証されています。

この一分から考察すると、資産から分離された銀行機関に保管されているという部分を、信託保全であると考えることもできます。

なにか問題が発生した場合に、努力して積み重ねたものが一瞬で無くなってしまったらとても辛いですよね。なので、もし利用するのが恐いという方は、SvoFXがFX業者としてしっかりとした実績を残すまでは利用しないほうがいいかもしれません。

 

SvoFXのボーナス制度

SvoFXは、現在の状況だとボーナス制度を実施していません。有名なFX会社であれば、口座開設をしただけでボーナス金をもらえたり、入金をしただけでボーナスをもらうことができますが、SvoFXの場合だとそのボーナスが一切ないので、新規の利用者にとっては少しネックになってしまうこともあるかもしれません。

まだ新規参入したばかりの会社なので、ある程度の年数が経過した際に大きなキャンペーンを実施して、まとまった集客をおこなう可能性も十分あります。そのタイミングを狙って口座開設するのも一つの手です。

 

SvoFXのライセンスと信頼性

FX会社としての活動実績はまだ少ないですが、ライセンスの取得はしっかりとしており、公式サイトにも記載されているので、わかりやすく表にまとめます。

 

ライセンス 発行元
ASIC:001275169 オーストラリア証券投資委員会
NFA:0518734 全米先物協会
AVISO:155598054-2-2015-461187 パナマ共和国経済貿易庁

 

こちらのライセンスが登録されているかどうかの確認は、各国の金融庁のページから簡単に検索することができるので、一度ご覧になってください。

出金拒否やロスカットなどの評判に関しては、まだ年数が浅いので当然情報も少ないのですが、平均的な評価は高くしっかりとしたサポートも行っているので、今後の活動に期待といった段階です。

 

SvoFXが選ばれる理由

実際にSvoFXでトレードを経験した方たちの評価をもとに、なぜSvoFXが選ばれているのかを考察してみました。

 

①優秀な自動売買による成長が見込める

SvoFXがなによりも武器としているコピートレードのツールは、世界的にかなりの期待と関心を集めています。最低入金額が$100なので、少ない元手から本格的なトレードを実践できるシステムはなかなかありません。

すでに説明しましたが、新規参入したばかりの会社なので成長の度合いに関しては未知数です。ですが、このシステムがあるだけで将来的な可能性は大幅に上昇すると評価されています。まだ実績が少ないからこそ、これからの活躍に期待できます。

 

②日本語でのサポートに対応している

これは日本での利用者に限った話ではありますが、SvoFXのサポートはしっかりと日本語にも対応しています。公式サイト自体が日本語で構成されているので、利用する側とすればやはり嬉しい部分です。

せっかく素晴らしいツールを利用しているにも関わらず、サポートが充実していないせいで利用者の増加に伸び悩むFX会社は少なくないので、この部分に関してはしっかりと評価できますね。

 

③出金できないなどの問題が発生していない

現状では出金などに関する問題はまだ報告されていません。将来的には起こる可能性もあるかもしれませんが、一年近く運営していてこのような報告が出ていないのはとても優秀なことです。

お金を取り扱うサービスだからこそ、基本的な部分をしっかりとできない会社は信用できません。その点SvoFXは信用に値する会社であると言えます。

 

まとめ

海外のFX会社はたくさんあり、古参の会社と新規参入の会社が競合している状態です。ただ、古参の会社だからといって信用できるとか、新規参入の会社だから信用できないといったことはありません。この部分を勘違いされている方はとても多いですが、これからの伸びしろを考えると、むしろ新規の会社を利用することで市場の流れをうまくつかみ、有利なトレードをすることも可能です。

本当にまだ実績の少ない会社なので、これからの動向に期待したいところではありますが、ボーナス制度の普及や自動売買ツール性能の確立を狙って利用開始することをお勧めします。

 

おすすめの記事