今回はTradersTrustの口座開設手順について一緒に見ていきましょう。
まずはTradersTrustの公式ホームページにアクセスします。

 

Start Trading Now」または右上「Register」のボタンをクリックして口座開設を進めていきます。

TradersTrustは日本語向けのサイトではありませんが、口座開設時に言語設定することができます。

ここでは「Continue」を押して先に進みます。

 

言語設定が「English」になったままですので「日本語」に変更します。

先ほどの英語表記が日本語になりました。
ここでは日本において記載のようなリスクがあるという前提で口座開設することとなりますのでご注意ください。

口座開設
口座:デフォルトは個人となっていますのでそのままでOKです。
お名前/苗字:半角英字で入力します。
メールアドレス:通常利用しているものを記載します。
居住国:「JAPAN」を選択します。
電話番号+81のあとは携帯電話の最初の0を省いた数字を半角で入力していきます。
画像認識4桁の数字が表示されていますので、表示された数字を半角で入力しましょう。

入力が完了しましたら「サインアップ」ボタンを押しましょう。

プロフィール作成が完了すると上記の画面が表示されます。
登録したメールアドレス宛にTradestrustからメール送信されていますので確認していきましょう。

「口座開設」メールが届きました。内容を確認し、「メール認証」ボタンを押しましょう。

認証が終わるとダッシュボードに入ることができます。

まずは「セキュア・エリアパスワード」を設定します。
その次にパスワードを記入し「新しいパスワードを設定」ボタンを押しましょう。

その後「個人情報」の詳細入力に進みます。

Choose:「Mr」「Miss」「Mrs」からの性別選択となりますので該当するものを選びます。
名前の部分は、登録した名前がすでに記入済みとなっています。
生年月日:カレンダーから設定を行いましょう。
最終学歴:「該当なし」「高等教育」「学士号」「修士号」「博士号(PhD)」の5つから選択します。
その後3つの質問に答えてきましょう。

 

「連絡先情報」を記入します。

現在居住している住所や郵便番号を半角英数字で記入していきます。
電話番号/メールアドレスはすでに登録したものが表示されている状態です。

「雇用状況」の設定です。

雇用状況:「就業者」「自由業者」「無職」「定年退職」「学生」の5つから選択しましょう。
年収:0-50,000」「50,000-100,000」「100,000-250,000」「250,000-500,000」「500,000以上」の5つから選択します。
総資産額:0-100,000」「100,000-250,000」「250,000-500,000」「500,000以上」から選択しましょう。
投資するための総資金:0-500」「500-2500」「2500-5000」「5k-10k」「10k-25k」「25k-50k」「50k-100k」「100k以上」から選択しましょう。
資金の収入源:「給与」「年金」「相続」「貯蓄」「取引利益」から選択します。

すべてを設定し終えたら「保存」ボタンを押します。

「取引経験」についての回答です。
次の6
・外国為替証拠金取引の経験年数
・指数商品取引の経験年数
・株式取引の経験年数
・商品先物取引の経験年数
・口座開設の理由
・取引頻度

について該当する回答を選びましょう。

「同意書」の確認作業です。
記載されている内容に同意したらチェックを入れ、次に進みます。

FATCA」についての質問となります。

「出生地がアメリカでない」「現住所がアメリカでない」場合にはAを選択しましょう。
選択後「保存」を押して次へ進みましょう。

 

「運用口座」の設定です。
ウォレット口座の新規作成:通貨設定です。ここでは「JPY」か「USD」が選択できますが「JPY」を選びましょう。
運用口座の新規作成
タイプLiveのみです。
口座タイプ:「Classic」または「Pro」を選択します。「Classic」はスプレッドが広いですが、手数料が無料ですのでここではこちらを選択しておきましょう。
口座通貨:「JPY」か「USD」のどちらかの選択となります。「JPY」を選んでおくのがおススメです。
レバレッジ:「1:30」「1:50」「1:100」「1:200」「1:500」から選択できます。「1:500」を選んでおきましょう。

 

以上すべて選択し終わったら「保存」ボタンを押しましょう。

最後は本人情報の登録です。

身分証明・個人情報証明の登録
「パスポート」「IDカード(マイナンバー)」「運転免許証」から選択しましょう。

住所証明の登録
「公共料金の明細」「銀行またはクレジットカード明細」「住民票(発行日から6か月以内のもの)」などから選択、ファイルアップロードを行います。

本人証明書と住所証明書を登録し、TradersTrust側での確認が終了すると取引開始となります。

おすすめの記事