海外FXの口座開設に必要なもの!海外FX口座の入出金方法

海外FXに手を出してみたいけど、不安でまだやってないという人、結構いるのではないでしょうか。そうですよね、未知の世界に飛び込むには勇気が要ります。でも、海外FXって実はそんなに怖いものじゃないんです。むしろ国内FXよりもメリットを感じる部分がたくさん!!そこで、今回は一番気になる海外の入出金方法をみなさんにお伝えして、そこまでハードルが高くないということ知っていただきたいと思います。

 

入出金方法について

海外FXは世界中のトレーダーたちのために、様々な方法で入出金ができるようその手立てを準備しています。国内FXを既にされている方は、インターネット上で入金するクイック入金か銀行やATMを使って入金する通常入金を利用されているかと思います。国内の場合、国内の銀行を使うことになるので安心と感じる人もいると思いますが、一方で銀行口座がないと不便なのは国内FXのデメリットでもあります。さて、これに対して海外FXではどんな方法があるのでしょうか。

 

海外FXが対応している入出金方法

  • クレジットカード、デビットカード
  • バーチャルマネー
  • 銀行送金(国内銀行)
  • 海外送金(海外銀行)
  • 小切手

 

クレジットカード、デビットカード

海外FXで最も多用されるのが、このクレジットカードを利用した入出金です。利点は、口座への反映が速いということです。最近では、クレジットカードを使ってインターネットで買い物をする人が多いと思いますが、それを同じような感覚で利用できるという手軽さがあります。一方でデメリットもあります。実はこの方法は、クレジットカードのキャッシング枠ではなく、ショッピング枠を用いるため、その上限金額を超えて入金したり出金したりすることができません。デビットカードの場合は、銀行口座の残高額を超えての入金ができません。つまり、少ない資金でトレードする時には手軽で便利なのですが、大きな資金でトレードをしたい場合には不向きとなります。

また、気を付けなければならないのは出金の方です。入金はショッピング感覚で簡単に行えますが、出金のイメージは難しいですよね。これは、実ショッピングのキャンセル扱いとなります。つまり、返金処理がされるということです。となると、当然即反映は難しく、処理自体は1営業日程度で終わりますが、実際に反映されるまでには2週間程度かかると踏んでおいた方がよさそうです。また、入金額以上の利益をクレジットカードで返金することはできませんよね。そうなると、残りの部分は電信送金と呼ばれる銀行振り込みで送金されることになります。これは、数千円の手数料がかかりますので注意が必要です。ですから、クレジットカードを利用したトレードの場合は、ある程度まとまった利益を出金するのが好ましいですね。

 

バーチャルマネー

バーチャルマネーと言えば、具体的に挙げられるのは「PayPal」「WebMoney」などですが、利用されたことはあるでしょうか。このバーチャルマネーの各アカウントの残高を上限として、FX会社の口座に入金することができます。手数料が基本的に無料というメリットがありますので、入出金回数が多い人にはおススメです。ちなみに、会社によっては手数料が取られることもあるので注意が必要です。また、リアルタイムで口座に入金が反映されるような反映スピードも魅力的です。遅くても、1時間程度で済むのですから、反映スピードを重視される方にもおススメです。ただし、注意が必要なのはバーチャルマネー自体が突如としてサービスを修了する場合があるということです。また、そのバーチャルマネーが存在していても、会社側が唐突に取扱いを停止することもあります。情報収集を怠らないようにしなければなりませんね。

 

銀行口座送金(国内銀行)

最近では、日本人トレーダー向けに国内銀行への送金に対応している海外FXが増えています。この方法の場合、早い場合だと30分程度、遅い場合でも翌営業日には反映されるという反映スピードの安心があります。また、何より国内の銀行ということで使い慣れているという安心感や安全感もありますよね。ちなみに、国内銀行に送金する時には2つのパターンがあります。海外送金でFX会社の口座に直接入金する方法か、国内送金でできる収納代行サービスを経由して入金する方法かです。どちらも手数料がしっかりかかりますので、この点は注意が必要です。

 

海外送金(海外銀行)

これは、先程と重複するところがありますが、海外FX口座に国内銀行の窓口から海外送金する方法です。この方法はあまりメリットがなく、利用される機会は少ないです。口座反映までに、25営業日もかかったり、手数料が3000円以上かかったりと、手軽さもお得感も薄いのです。

 

小切手

こちらもあまり利用されない方法です。国内や海外で発行された小切手を、海外FX会社と郵送でやりとりして、自分で換金する方法です。換金して口座反映するまでに、最低でも2週間程度かかることや換金の際に手数料がかかることからも、あまり多用される手段ではありません。

 

出金は入金方法と同じ方法で!

ここまでで一般的に海外FXで利用される入出金方法をご紹介しましたが、実は原則として出金する際には入金した時と同じ方法で行うというルールがあります。理由としては、マネーロンダリング対策・クレジットカードのキャッシュアドバンス防止が考えられるでしょう。このため、クレジットカードで入金したら出金もクレジットカードで行うというように、同一経路を取ることになります。

また、本人でなければ入出金ができません。ですから、利用しているFX口座の名義と入出金の時に利用するものの名義が同一である必要があります。それを守らなければ、せっかく出た利益を出金できないということも起こり得ますので、しっかり確認するようにしましょう。

 

海外FXが発行しているカードがある!

会社によっては、その会社の口座と直結したプリペイドカードを発行していることがあります。これを利用すると、入出金がコンビニのATMでできたり、口座反映がスピーディであったりと利点がたくさんあります。発行手数料や月額利用料がかかりますが、何度も入出金を繰り返す場合はこちらの手数料の方が安く済む場合がありますので、こうしたカードを発行しているかという点も海外FXの口座開設の際にチェックしておいていいかもしれないですね。ただし、以前はカードを発行していた会社も今は停止しているという場合があります、しっかり下調べが必要となりますね。

 

海外FXでの口座開設で必要なもの

入出金方法について、頭に入ったことで海外FXへの不安も少し削がれたのではないでしょうか。あまり、国内と差がないこともわかってもらえたかと思います。ここでは、いざ口座開設する際に必要なものについてまとめましたので、ご参考にしてみてください。

 

  • 本人確認書類
  • 住所証明書類
  • メールアドレス

 

大体はこの3つで簡単に口座開設することができます。本人確認書類や、住所証明書類の詳細については以下を参考にしてください。

 

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 住民号の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

 

ただしこれら全てが本人確認書類として認められるわけではわりません。会社によって違いがありますので、気を付けてください。また、海外FXの場合は、本人確認書類が下記に限定される場合が多いので覚えておきましょう。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳

 

住所証明書類

  • 住民票の写し
  • 戸籍抄本や謄本
  • 公共料金の明細書
  • 固定電話利用明細書
  • カード利用代金明細書

 

提出の方法は会社によって異なりますが、スマホで撮った写真の提出が一般的に多いです。その際は文字がしっかり読めることや顔写真が鮮明であることに注意して、送信してくださいね。

おすすめの記事