FXを始めるにあたって、国内と海外の会社どちらで口座を開いたらいいんだろうと迷っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。もちろん、どちらとも作って比べてみてもいいですよね。ですが、FXが初めて!という人にとっては、まず口座を作るところから何もわからずに不安なのではないでしょうか?そこで今回は、口座の作り方から口座の特徴などを含めて、海外と国内の口座の「ちがい」について詳しくご説明していきます!

 

口座の作り方のちがい

口座を作るにあたって、必要なものがありますね。あるいは、口座を開設して取引をスタートできるまでの時間のちがいなんてのも!それらを表にまとめてみました。

 

口座開設におけるちがい

 

 

海外FX  国内FX

必要書類             

・メールアドレス

・本人確認書類

・住所証明書類

・メールアドレス

・本人確認書類

・マイナンバーの写し

 

所要日数              即日       2~3営業日

口座開設手数料    無料       無料

 

口座開設手数料は、海外・国内ともに無料となっていますが、開設に必要な書類と所要日数には違いがあります。まず、必要書類についてですが、マイナンバーの提出が義務となっていて、国内ならどのFX会社でも提出が必要になります。これに対して、海外では今はまだマイナンバーの提出が義務付けられていない会社が多くなっています。

 

次に、所要日数です。国内FXの場合は、本人確認書類などの確認が済んでから口座開設の上、トレード開始というようになりますが、海外FXの場合本人確認を後回しにして、口座開設さえすればトレードできるという会社が多いです。ただしこの場合、トレードで得た利益を出金するためには本人確認が終わってからとなりますので、出金までには少し時間がかかります。

 

レバレッジのちがい

項目名1              海外FX  国内FX

レバレッジ           制限なし              25倍まで

 

国内FXは法律によって、個人取引でのレバレッジは最大25倍までと決められていますが、海外FXは無制限で、1000倍や2000倍といったハイレバレッジを売りにしている会社もあるほどです。これだけを見ると、ハイレバレッジの取引をしたいなら海外の方がよいということがわかりますね。

 

スプレッドと注文方式のちがい

FX口座を選ぶ際に、ポイントとなるスプレッドについて比較していきますが、合わせて注文方式のちがいにも触れておこうと思います。これらには密接な関係があります。

 

海外FX  国内FX

スプレッド           広い       狭い

スプレッド方式    変動が多い           原則固定

注文方式              NDD方式が多い DD方式が多い

 

スプレッドは海外FXの方が広いというのが一般的な事実です。一体どれくらいちがうのかを海外大手と国内大手の実際のスプレッドを比べて確認してみましょう。

 

海外FX大手「XM」       国内FX大手「DMM FX」

米ドル/            平均1.6pips(最低1.5pips) 0.2

ユーロ/            平均2.5pips(最低2.2pips) 0.5

ポンド/            平均3.9pips(最低3.5pips) 1.0

 

1pips=1銭として比べてみてください。スプレッドが狭いのは国内の方だということがよくわかると思います。実は、これだけスプレッドに差が出るのは注文方式が違うからなのです。細かい説明は省力しますが、海外FXはNDD方式といって、スプレッドによって利益を上げる方式をとっています。詳しく言えばもっと違いがあるのですが、利益を上げる方法という点に関してだけ比べると、国内FXのDD方式とはトレーダーの負けた分を利益にしていると考えていただければわかりやすいかと思います。どこで利益を取るかというちがいがあり、スプレッド幅が海外の方が広くなっているのです。注文の処理方式のちがいも大きいのですが、先程も申し上げた通り、今回は省略させいただきます。

 

ゼロカットシステムのちがい

海外FX  国内FX

ゼロカットの有無              あり       なし

 

ゼロカットシステム、それはトレーダーを窮地から掬い上げる、救世主のようなシステムです。このシステムは、証拠金以上のマイナスを全てカットして相殺してくれるシステムです。このため、口座残高が0を下回ることがなく、借金を背負うリスクが無くなります。国内FXがなぜゼロカットシステムを導入できないかというと、金融庁からの規制があるためです。このため、急な為替変動やフラッシュクラッシュなどが起きたとき、損切りが間に合わず口座残高が0を下回ってしまう可能性を残してしまいます。こうしたシステムの有無のちがいから、実は海外FXの方が安心してトレードできるというトレーダーもたくさんいるのが現状です。

 

取引ツールのちがい

 

海外FX  国内FX

取引ツール           MT4MT5が多い            会社によって独自のプラットフォーム

 

全てが上記の通りではありませんが、海外FXの場合は多くの会社がMT4・MT5と呼ばれる共通のプラットフォームを利用していることが多いです。このため、例えば様々な海外FXの口座を掛け持ちしていてもトレードの仕方は同じですし、乗り換えも苦になりません。これに対して、日本の場合はそれぞれの会社が独自のプラットフォームを開発して利用していることが多いので、使い勝手がそれぞれ異なり、掛け持ちや乗り換えの時に少し面倒なことになります。こうしたツールを使いこなすことが得意な人には問題がありませんが、慣れるのに時間がかかる人は要注意です。また、MT4やMT5の場合は、EAというプログラムを利用して自動売買を行うことができるのですが、これがトレーダーや会社によって販売されており、購入が可能だったり無料でダウンロードできるものがあったりとかなりバリエーションが豊かになっています。

 

キャンペーンのちがい

 

海外FX 

キャンペーン      

口座開設ボーナスキャンペーン

入金ボーナスキャンペーン

キャッシュバックキャンペーン

 

国内FX

キャッシュバックキャンペーン

 

それぞれ、独自のキャンペーンを行っていますが、ボーナスなどに関しては海外FXの方が圧倒的に充実しています。国内FXのキャッシュバックキャンペーンは、開催こそあれ条件がかなり厳しいものが多いです。現金が戻ってくることを考えればありがたいですが、条件によってこれは達成できないだろうというものもあるので、あまり有益ではありません。これに対して、海外FXの場合は、ボーナスキャンペーンの種類が豊富で充実しています。口座開設をするだけで、あるいは入金をするだけでボーナスをもらえる会社も多いので、口座開設をしたての頃はこのボーナス分だけでトレードを楽しむこともできます。ただし注意しなければならないのは、このボーナス分は出金できないということです。ボーナスを使って得た利益分は出金できますが、ボーナスをそのまま現金として出金することはできないという点は気を付けなければなりません。

 

税金の計算方法のちがい

海外FX  国内FX

税制のちがい       総合課税              申告分離課税

損失繰越              なし       3年間有効

0万円~195万円 一律20.315      15

195万円~330万円           一律20.315      20

330万円~695万円           一律20.315      30

695万円~900万円           一律20.315      33

900万円~1,800万円        一律20.315      43

1,800万円~4,000万円     一律20.315      50

4,000万円~        一律20.315      55

 

実は、海外FXと国内FXで税金のかかり方が大幅に変わります。これが、海外FXを利用する上で大きなデメリットとなる場合があるので気を付けてください。国内FXを利用して稼いだ金額はいくらになっても、それにかかる税率が20.315%と一律ですが、海外FXの場合は累進課税制度が適用されるので稼いだ額によって異なり、また、稼いだ分だけ税金がかかる仕組みになっています。大体330万円を境目にして、330万円以上なら国内FXの方が納める税金は安くなります。

 

まとめ

今回は7つの観点から、海外FXと国内FXの比較をしてきましたが、いかがだったでしょうか。それぞれのどこに注目して、どちらを選ぶかは人それぞれですが、海外FXの方がメリットは大きいように思います。最後の税金の部分だけが少し気になると思いますが、節税をしっかりしていけば330万円以上稼いでも大丈夫な場合もありますので、検討してみてくださいね。

おすすめの記事