EAとは「自動売買システム」のことです。

海外FXなどの手法の1つである「アービトラージ」をEAで行って利益を出すことはできるのでしょうか?

 

海外FXにおけるアービトラージは主に2種類

為替レートによるアービトラージ

スワップポイントによるアービトラージ

 

では、それぞれについて見ていきましょう。

 

1:為替レートによるアービトラージ

一例として「ドル円」の買いポジションについて、

 

海外FX業者ア→1ドル=100

海外FX業者イ→1ドル=1001

 

なら、「海外FX業者ア」で買って「海外FX業者イ」で売れば1銭の利益が出ます。

このようにレートの差を利用すれば、理論上確実に稼ぐことが可能です。

※海外FX業者ごとにスプレッドがバラバラですので、同じ通貨ペアでもレートに差が出ます。

 

【このアービトラージ手法を行うEAについて】

人力でこのアービトラージ手法を実践しようと思ったら、「2つの海外FX業者に絞って、色々な通貨ペアを常に見比べる」という事になるでしょう。

 

ですが、レートはいつも変化し続けているわけですから、アービトラージができる通貨ペアを発見するのは至難の業です。

また、仮に条件を満たす通貨ペアを見つけても「注文」や「決済」をしているうちに変動して結局損をする恐れもあります。

 

そして、EAであれば、人間よりもその辺りの事を高効率・高精度で行ってくれることは確かです。

ですが、筆者の認識している範囲では「為替アービトラージ用EA」のなかで安定性の高いものはありません。

そもそも、為替アービトラージを完璧にこなすことができたとしても、あまり大きな利益にはなりませんからね。

あまり力を入れてEAを開発しようとする人がいないのかもしれません……

 

2:スワップポイントによるアービトラージ

海外FXでアービトラージと言えば、こちらの事を指す場合が多いです。

 

こちらのアービトラージ手法では、

「買いポジションと売りポジションのスワップポイントが、合計でプラスになる通貨ペア」を複数業者を駆使して探し→両方のポジションを同値で持つという事をします。

このような両建てをしていれば、相場がどう動いても為替差損は発生しない(0になる)ため、「トータルでプラスのスワップポイント」だけを得続けることができます。

ただ、こちらの手法については、EAのことも含めて補足解説すべき事がたくさんあるので、章を分けて解説しますね。

 

「スワップポイントによるアービトラージ」に関する補足解説

 

では、補足説明します。

 

両建てに制限がある

実現性のあるスワップアービトラージ手法について

EAについて

 

1:「同一口座での両建て」しかそもそもできない

「複数FX業者を駆使して~」というのが、現実にはできません。

あくまで理論上の話であって、実際には「複数FX業者を使った両建て」どころか「同じFX業者における複数口座を使った両建て」さえ禁止しているところがほとんどです。

確実にバレますので、絶対にやめましょう。

バレると口座凍結されたり、出金不可になったりする恐れがあります。

 

それから「自分が買いポジションを持って、友達が売りポジションを持つ」という手法もないわけではありません。

ですが、それも「関連性のある動きをしているので怪しい」とみなれて凍結されるかもしれません。

また、そもそも2人で完全に息を合わせる必要があるので非常に難易度が高いです。

 

可能なのは基本的に「同一口座での両建て」だけです。

つまり、「買いポジションも売りポジションも同じ口座内で持つ」ということですね。

 

スワップポイントは為替レートと違って「常に動く」という性質のものではないため、「両建ての自由度」を上げてしまうと、ユーザーの勝率が高くなり過ぎますよね。

だから、両建てに関しては厳しい規制をかけているのだと私は推測しています。

 

2:「同一口座での両建て」によるスワップアービトラージ手法は?

「同一口座での両建て」でスワップアービトラージを行う場合は、

 

単独の海外FXに絞って

かつ「売りスワップ」と「売りスワップ」の合計がプラスの通貨ペアを探す

という事になります。

(理想は、売りスワップ・買いスワップが『両方』プラスの通貨ペアです)

 

あとは「同値での両建て」をします。

買いポジションと売りポジションを同値で持っていれば、いつ決済してもプラスマイナスゼロになりますからね。 

そして毎日両方のポジションを持ち続けていれば、スワップポイントが積み重なっていくという事です。

※ただし、スワップポイントは「常に変化する」というほどではありませんが「一定」ではありません。ですから、少なくとも11回は「売りスワップと買いスワップの合計がプラスになっているか」を確認しましょう。

マイナスになっていたりマイナスに近づいていたりする場合は、一度決済して、再度「売りスワップと買いスワップの合計がプラス」の通貨ペアを探して、両建てをし直す必要があります。

 

3EAについて

筆者もこの方法でスワップポイントをある程度の期間貯めたことがあります。

 

しかし、率直に言って「EAを使わなくても人力でできる」という感じでした。

することと言えば、

スワップポイントに関する条件を満たす通貨ペアを探す→両建てをする→毎日スワップポイントのチェックをする 

くらいですからね。

ただ、もしこのアービトラージ手法を実践できる有効なEAがあるのであれば、もちろん試してみてもいいと感じます。

 

海外FXでアービトラージ手法をEAで実践することについての結論

長々お伝えしてきましたので簡単にまとめます。

 

為替レートによるアービトラージ手法→人力ではまず不可能。また、一応この手法のためのEAも存在するが実践で使えるレベルのものはなさそう。

スワップポイントによるアービトラージ手法→人力で可能。というよりも、あえてEAを使う必要がないレベル(試してみるのはアリ)。

補足:絶対に儲かる!←などと謳う有料EAに注意

本記事を作成するにあたって「アービトラージ EA」というキーワードで検索し、色々と調べてみました。

その結果、「他のキーワードで調べたときよりも胡散臭いEAがたくさんヒットするな……」という印象を受けました。

 

アービトラージ用のEAに限りませんが、

 

絶対に儲かる(FXに絶対はありません)

初心者でも月収1,000万円(EAでいきなり1,000万円はほぼ無理です)

完全放置OKEAの様子などを確認しなければなりません)

 

などの過剰な宣伝をしているEAは使わないことをおすすめします。

(ただ、そのEAが「無料」なのであれば、試すのもアリかもしれませんが)

 

まとめ:海外FXのアービトラージには基本的にEAは不要

海外FXにおいて、実現性のあるアービトラージと言えば、「スワップポイントによるアービトラージ手法」だけです。

・売りスワップと買いスワップの合計がプラスの通貨ペアを探す

→売りポジションと買いポジションを同値で持つ

基本的にはこれだけで徐々にスワップポイントが貯まっていく事になります。

※ただし、毎日トータルスワップがプラスになっているかのチェックが必須

 

そしてこの手法については、正直なところEAはいりません。

人力でも十分行えるレベルです。

「ローリスク&安定して稼ぎやすい」ので、特に「海外FXでコツコツ利益を出したい」という人は導入してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事