海外FXには「キャッシュバック」のサービスがあるところが多いです。

ただ、キャッシュバックを受け取ることでむしろデメリットが発生する可能性もあるので気を付けましょう。

 

海外FXのキャッシュバックにも2種類ある

直接キャッシュバック:利用している海外FX業者からもらえるキャッシュバックのこと

 

まずは直接キャッシュバック。

「楽天市場で買い物をしたら、楽天市場そのものから楽天スーパーポイントがもらえる」のと理屈としては一緒です。

 

間接キャッシュバック:「キャッシュバックサイト」を経由して海外FX業者に登録すると、そのキャッシュバックサイトからもらえるキャッシュバックのこと

こちらは「モッピー」や「げん玉」などのポイントサイトを利用した事がある人であれば、理解しやすいかと思います。

 

では、それぞれについてデメリットを見ていきましょう。

 

海外FX業者の直接キャッシュバックのデメリット

まず、海外FX業者の直接キャッシュバックとしては、

 

新規口座登録ボーナス(0.23万円ほど)

入金ボーナス(10500万円ほど)

トレードボーナス(条件を満たすトレードごとに取引で使えるポイントがもらえる)

 

などがあります。

海外FX業者の中にはこういったキャッシュバック(ボーナス)を用意することで、ユーザーを増やそうとしているところが少なくありません。

特に「新規口座登録ボーナス」については、本当に口座を作るだけで獲得できるので、自己資金が0円でも海外FXデビューをすることが可能です。

また、トレードボーナスについても、充実しているFX業者であれば「いつの間にか、それだけで十分FXトレードができるくらいに貯まっていた!」という状況になる場合もあります。

 

海外FX業者の直接キャッシュバックのデメリット

考えられるデメリットは2つあります。

 

条件を満たさないともらえない場合がある

その分スプレッドが広くなっているかもしれない

 

デメリット1:条件を満たさないともらえない場合がある

新規口座登録ボーナス→このボーナス自体を実施していない時期があるかもしれない

トレードボーナス→「ポジション保有期間が10分未満のトレード」はキャッシュバックの対象外などの条件がある

 

など、キャッシュバックを獲得するにも特定の条件が設定されている可能性が高いです。

もちろん、海外FX業者ごとに「条件」は異なりますので気を付けましょう。

 

まあ、「条件を満たさないと、キャッシュバックがもらえない」というだけですので、「デメリット」というよりは「注意点」に近いですが。

 

デメリット2:その分スプレッドが広くなっているかもしれない

スプレッド:取引手数料のようなもの

 

理論上、「顧客へのボーナス(キャッシュバック)の分、スプレッドが多少広くなっている可能性がある」と言えますよね。

(本当なのかを確かめる術はありませんが)

ただ、「キャッシュバックはいらないので、スプレッドを狭くしてください!」などと言っても当然通りませんので、素直にキャッシュバックをもらってしまいましょう。

 

海外FX業者の間接キャッシュバックのメリット

メリットはもちろん「間接キャッシュバックがもらえる」ということです。

 

相場としては「10万通貨につき1001,000円程度」といったところですね。

海外FXで長期トレードをメインにする場合は、このキャッシュバックを獲得する機会はあまりありません。

 

ですが、デイトレード(1日で完結する取引形式)や、スキャルピングトレード(数分以内に完結する取引形式)をメインにするのであれば、いつの間にかキャッシュバックが貯まっていくことでしょう。

 

海外FX業者の間接キャッシュバックのデメリット

間接キャッシュバックのデメリットは主に2つあります。

 

直接キャッシュバックがもらえない可能性がある

スプレッドが通常より広くなる場合がある

 

デメリット1:直接キャッシュバックがもらえない可能性がある

間接キャッシュバックを獲得することで、直接キャッシュバックが消滅する可能性があります。

「直接キャッシュバックの金額>間接キャッシュバックの金額」になることも多いので気を付けましょう。

 

デメリット2:スプレッドが通常より広くなる場合がある

間接キャッシュバックをゲットすることで、スプレッドが通常に比べて広くなってしまうことがあります。

「スプレッドの広がり方>間接キャッシュバックの金額」になることも少なくありません。

 

さすがにこういった悪質行為をしている海外FX業者・キャッシュバックサイトは少ないですが、ゼロではないので注意してくださいね。

 

結論:海外FXでは直接キャッシュバックを狙いましょう!

「直接キャッシュバックのほうがお得」という海外FX業者が多い

「スプレッドが広くなる危険性」を背負ってまで間接キャッシュバックをもらう必要はない

 

という理由から、海外FXでは直接キャッシュバックを狙うことを推奨します。

次項で「直接キャッシュバックが充実している海外FX業者」を3つ紹介しますね。

 

豪華な直接キャッシュバックがある海外FX業者3

XM

ゲムフォレックス

タイタンFX

 

1XM

XM

 

口座登録ボーナス:2,0003,000円ほど

入金ボーナス:最大50万円ほど

XMポイント:条件を満たすトレードに対してキャッシュバック

 

などのキャッシュバックサービスを行っています。

特に「XMポイント」は、コツコツトレードを続けるたびにキャッシュバック率が高くなっていくのが面白いです。

 

ただ、「口座登録ボーナス」に関しては、次に紹介するゲムフォレックスに比べると少ないです。

それがデメリットと言えばデメリットかもしれません。

 

XM口座開設(公式サイト)

 

2:ゲムフォレックス

口座登録ボーナス:23万円ほど

入金ボーナス:最大500万円ほど

 

ゲムフォレックスはこのような直接キャッシュバックサービスを行っています。

特に口座登録ボーナスは、言ってみれば「タダで23万円もらえる」という事ですので、非常に強力です。

ただし、ゲムフォレックスの口座登録ボーナスや入金ボーナスはいつでもやっているというわけではないので気を付けましょう。

 

GEMFOREX口座開設(公式サイト)

 

3:タイタンFX

1ロットのトレード:0.40.5pipほど

 

のキャッシュバックを行っています。

ただし、タイタンFXは口座登録ボーナスや入金ボーナスは実施していないようですので、XMやゲムフォレックスに比べると少し弱いですね。

もちろん「利用できる海外FX業者はつまで」などというルールはありません。

いくつでも利用していいので、「色々なFX業者から直接キャッシュバックを獲得して、それぞれの業者の使い心地を試す」というのも1つの手です。

 

まとめ:海外FXの間接キャッシュバックのデメリットは大きい!

海外FXの間接キャッシュバックには、

 

直接キャッシュバックが消えるかもしれない

スプレッドが広くなる場合がある(稀ですが)

といったデメリットがあります。

 

ですから、間接キャッシュバックではなく直接キャッシュバックをもらうことを推奨します。

 

直接キャッシュバックが充実している海外FX業者としては、

 

XM

ゲムフォレックス

タイタンFX

  

などがあります。

「条件」をきちんと満たして、確実に直接キャッシュバックを受け取りましょう。

おすすめの記事