FXの世界では、「個人」もしくは「法人」どちらかでトレードすることによって、受けられる恩恵や、支払うべき税金が変化します。このため、特に専業トレーダーの人たちは、個人で続けていくべきか、法人化すべきかと悩む時が来るのも必然です。

国内FXの場合、法人化することによってレバレッジ25倍制限を突破することができ、それを狙う人もいます。一方で、海外FXで法人口座を作り、法人としてトレードすることに何かメリットはあるのでしょうか?今回はそこに焦点をあてて、海外FXの法人口座や法人化についてご説明していきます。

 

法人化の一番のメリットは「節税」!

海外FXは国内FXと税金のかかり方が違います。

国内FXはどんなに稼いでも税率が20.135%と固定なのですが、海外FXは稼いだ額に応じてかかる税金が増えていく累進課税が適用されています。このため、国内FXよりも節税に力を入れる必要があります。年収4319500円の時点で海外FXの税率は、国内FX同様20.135%となりますので、そのラインまでは海外FXの方が税金が安く済む計算となります。

ところが、このラインを超えるとかかる税金はどんどん国内FXよりも重くなっていきます。特に、専業トレーダーにとってはこれが死活問題で、なんとか税金を安く抑えたいと思い、たどり着くのが「法人化」なのです。実は、個人と法人で税率が大幅に変わってきます。先程の話は、個人でFXをやっていく上ではそうなのですが、法人としてやっていくと年収800万以上で税率が25.5%の一律課税となります。

ちなみに個人で行った、場合年収800万だと税率は23%ですが、このあと900万円を超えたところで33%に上がります。そう考えると、年収900万の時点では法人の方が納める税金が少ないということがわかりますね。専業トレーダーでこれくらい稼ぐ、あるいはこのライン付近を稼ぐ人にとっては悩ましい問題だということがわかると思います。

 

役員報酬での節税

奥様や旦那様がいらっしゃる方にとってはかなり有効な方法です。法人化をして、得た収益から役員報酬という形で、自分や配偶者に報酬を分配します。こうすることによって会社にかかる税金を抑えることができるようになります。

 

経費計上による節税

個人トレーダーでもできることですが、法人となれば最も大事な節税につながるのが「経費」です。要するに、FXトレードに関わる支出の分を差し引いて所得を計算することができるのです。申告する所得が少なくなれば、その分かかる税金も少なく抑えることができますよね。

例えば、下記の項目で経費を計上することができます。

 

人件費

消耗品費

交際費

旅費交通費

研究開発費

新聞図書費

通信費

 

これらの項目に関係する支出に関しては、経費として計上することができます。細かいことに関しては今回は触れませんが、実に多くの支出が経費として認められますので、別途調べてみるのがおススメです。

 

損金の繰越ができる

これが最も重要なことかもしれませんが、海外FXは個人トレードの場合損金を繰り越せないというデメリットがあります。国内FXの場合は個人でも3年間は損金を繰り越すことができます。このデメリットが、法人化することによって解消されるのです。つまり、海外FXで法人口座を作った場合、その損金を10年間繰越しできるようになります。これのメリットは、例えば赤字を出した翌年に、大きな利益を出した時に発揮されます。個人トレードの場合だと、この利益分に対してそのまま税金が発生しますが、法人の場合は昨年の赤字を繰り越せるので、赤字と利益を差し引きして申告することになります。すると、申告する所得が低くなるので節税につながるというわけです。

 

「社長」という肩書は使える

専業FXトレーダーは個人でやっていると、要するに「ニート」のような扱いを受けることがしばしばあります。きちんと稼いでいても、肩書や地位のような社会的信用を証明するものがないので、クレジットカードの審査に落ちてしまう例も多々あります。これに対して、法人化によって会社を設立することで、「社長」というポジションにつくことになると思います。この肩書が結構使えるのです。社旗的信用度が上がるのは、実生活で割と有益なことでしょう。

 

法人化のデメリットもある!

法人化によって生じるデメリットについても簡単に触れておきましょう。

 

会社の設立、維持するのに費用がかかる。

健康保険料や社会保険料の支払い義務が生じる。

収益を自由に使えなくなる。

含み益にも税金がかかる。

 

これらの面倒を乗り越えても、納める税金を少なくしたいほど稼いでいる個人トレーダーは迷わず法人化するべきですが、微妙なラインで迷っている場合はもう少し考えてみるのもよさそうです。一度会社を立ち上げてしまえば、FXをやらなくなったとき、会社を解体するのにもかなりの労力と費用が必要となります。FXを長く続けていくのであれば良いかもしれませんが、今だけ稼げているからという短期的なものなら、少し待ってみるのも良いでしょう。

 

海外FXで法人口座を作るには

さて、ここからようやく海外FXの法人口座のお話になっていきます。海外FXの法人口座開設は実に簡単で、書類さえあればオンラインで簡単に開設することができます。ところが!ここが注意すべきポイントなのですが、実は法人口座を扱っていない海外FXもあるのです。

 

法人口座を作れない海外FXもある

実は、日本人トレーダー人気No.1とされているXMでは、日本人の法人口座を作ることができません。以前は作れたようなのですが、ある時から開設できなくなりました。この理由については公開されていません。こういった例がありますので、ゆくゆくは法人口座の開設を考えているのであれば、法人開設ができる会社にも目星をつけておいた方がよいでしょう。

 

法人口座を開設できる海外FXとは

例えば、紗台レバレッジ1000倍で有名なGEMFOREXは法人口座の開設ができます。法人口座も、オールインワン口座・ノースプレッド口座の2種類から開設することができ、法人だからといってトレードに何か制約が生まれることはありません。このように、基本的に個人口座と法人口座でできることに差は生まれません。法人口座を開設できる海外FXについて、ご紹介しますので参考にしてください。

 

AXIORY

HotForex

TITANFX

LAND-FX

iFOREX

TRAD VIEW

Is6com

FBS

Iron FX

FxPro

FXDD

BigBoss

 

※上記以外にも、法人口座を開設できる会社はあります。

 

法人口座を開設するために必要なもの

 

法人確認書類

法人住所確認書類

役員の身分証明書

役員の現在証明書

 

簡単に言えば、個人口座を開設する際に必要な書類に合わせて、会社の証明書類が必要になります。会社によって、認められる書類が異なりますのでしっかり確認する必要があります。

 

まとめ

FXによる収入によっては、個人口座よりも法人口座で行った方が税金対策になるということは十分お分かりいただけたかと思います。特に、累進課税の場合は収入によって税率が大幅に変わっていくため、少しでも手元にお金を残したいと考えるなら、法人口座の開設がおススメです。ただし、法人口座を取扱っていない会社もありますので、そこのところは注意が必要となります。

おすすめの記事