iFOREX(アイフォレックス)の評判は?– メリット・デメリットを紹介します。

iFOREX (アイフォレックス)は1996年に設立され、約25年程度の運営実績を誇っている海外FXの「老舗中の老舗」という位置付けの優良業者です。
歴史の長さから一定の日本人トレーダーには「海外FXと言えばアイフォ」という言われ方が定着するほど、数多くのトレーダーに親しまれている業者です。
iFOREXにおいては海外FX業者として絶対必要なものが一通り揃っていると言っても過言ではありません。
この記事では、そんなiFOREXの特徴や評判、メリットとデメリットについてまとめます。

iFOREX(アイフォレックス)のメリット

最初にiFOREXのメリットデメリットについてわかりやすくまとめます。

iFOREX(アイフォレックス)のメリット

iFOREXのメリットは、シンプルに言うと、「使いやすさ」になります。
口座開設、トレード、そして利益の出金に関して、ほとんどのケースで日本語で対応できるので、トレードにストレスがありません。
始めに、メリットについて見ていきましょう。

● 最大レバレッジ400倍
● 口座開設後のウェルカムボーナス100%
● 入金2回目からのペンディングボーナスと取引毎のキャッシュバック
● 最大500ドル受け取れるお友達紹介キャンペーン
● スプレッドが狭い
● 口座資金に合わせて利息をゲットできる
● 追証を取られないゼロカットシステム
● 取り扱い銘柄の多さ
● フラッシュ・クラッシュなど相場の急変を対象にした価格提供力の強さ
● 全ての手続きがスピーディーで誠実で、出金トラブルが極めて少ない
● 日本語を話す担当者がたくさんいて、かなり優秀
● 1対1の無料トレード講習やデモにエントリーできる
● 分別管理
● 取引の手数料が0円

iFOREX(アイフォレックス)のデメリット

デメリットは、毎日のように改善していると感じさせる業者ですが、それなりにデメリットが存在します。
iFOREXのデメリットについてもしっかり押さえましょう。

● 新しい海外FXと比べサービスやキャンペーンが何年も同じで新鮮さに欠ける
● 相場急変動時などに、スプレッドが広がることがある
● 自称アイフォ戦士がSNSにアップしている取引成績は本当かどうか見当が付かない
● プラットフォーム(注文画面)がMT4ではない
● 信託保証とは異なる

上記のようなデメリットがあるiFOREXですが、優秀なメリットが多い為、デメリットがあっても気にしなくていいレベルだと思います。
iFOREXは国内だけでなく、海外のトレーダーからも高い評価をされている海外FX業者になります。
その特徴や評判を「ハイレバレッジ」「スプレッド」「ボーナス」などに分けて解説し、またデメリットと考えられている点も、
セットでピックアップしていきたいと思います。

最大レバレッジ400倍。十分なレバレッジ倍率を提供

iFOREXは最大400倍のレバレッジを提供しています。ちなみにレバレッジ規制がある日本のFX業者ではレバレッジは25倍までに制限されています。
iFOREXの最大レバレッジは、国内FX業者16倍の大きさです。相当な魅力ですね。
ハイレバレッジである海外FX業者としては、こちらのiFOREXの400倍というレバレッジは平均的か、やや小さく感じてしまうかもしれません。
レバレッジの大きさだけで言えば、FBSの3,000倍を筆頭に、GEMFOREXの1,000倍、XMの888倍など、iFOREXよりハイレバレッジな業者は多くあります。
しかし、レバレッジをフルに使ってポジションを建てると最悪スプレッドでロスカットされる懸念もあり、レバレッジは数百倍でこと足りるという考え方もできます。
ポジションの維持という捉え方をしても、レバレッジ400倍&ロスカット水準0%は随分トレードにちょうど良いといえます。実際、レバレッジが400倍あれば数千円で10,000通貨のポジションを組立てることが不可能ではありません。高いレバレッジで、ロスカット水準が0%というのはとてつもない魅力です。後述しますがロスカット0%の海外FX業者は、iFOREX以外にほとんどありません!

銘柄によってレバレッジが異なる

公式ホームページにもある通り、ありとあらゆる銘柄がレバレッジ400倍というわけではありません。
iFOREXは通貨ペアだけじゃなく、指数や商品、エネルギーや仮想通貨など多種多様なものを取り揃えていますが、銘柄が違えばレバレッジ100倍だったり、そのほか低いレバレッジだったりすることも見受けられます。
しかしながら、これについては銘柄のボラティリティを踏まえてのことですから、取引による利益を手にするにあたって、レバレッジが低くて困るということはないと推測されます。
また、新規登録限定でスプレッドをドル円0.9銭などに狭めるプロモーションも行なっているなど、取引コストの節減にはかなり力を入れています。

豊富な通貨ペア、業界随一のスワップポイント

iFOREXは取引通貨ペアが極めていっぱいあって、88種類を誇っています。これについては海外FX業者の中でもかなり多い部類に入ります。
ひとつの例として海外FXの代名詞であるXMでは56種類、それなりに取り扱い通貨が多いと呼ばれるAxioryでも61種類程ですので、どれだけiFOREXの通貨ペアが多くあるかがうかがえます。
またスワップポイントもこの他の業者と見比べてみて大幅に高くなっています。ひとつの例としてマイナー通貨であるCHF/TRYを1万通貨ショートした場合、700円くらいのスワップポイントが生じ、1ヶ月所有しておくだけで20,000円になります。EUR/TRYでは805円、GBP/TRYが862円とかなりの高さです。
このようにマイナー通貨ペアでも扱っているところとスワップポイントの高さを考察すると、iFOREXはスワップ狙いの中長期取引にもちょうどいいと言えるでしょう。

100%入金ボーナスと現金キャッシュバックがある

海外FXの魅力的なひとつでもあるボーナスキャンペーン。
iFOREXで提供しているのは、初回入金に対して100%ボーナス(最大1,000ドル)を付与してくれるというもの。
ボーナスは出金を行えず、取引のみに活用することができますが、より効率性の高いトレードを行うためにもぜひとも受け取っておきたいボーナスでしょう。
初回入金に対してのみという制約はありますが、100%ボーナスの上限金額に関してはXMの500ドルよりも高く、こっちよりもハイレベルなボーナスを提供しているのはGemForexくらいしかないです。新規登録トレーダーに関しては、ボーナスだけじゃなくここだけの低スプレッドで取引するプログラムも用意されていますから、極めて利益を出しやすい環境からスタートすることができます。

そして、iFOREXのキャンペーンでもうひとつの特徴とも言えるのが、現金化できるボーナスをキャッシュバックするイベントです。
これについては2回目以降の入金やトレードも対象になり、キャッシュバックの金額というのは入金額の40%を限度に0.5lot(5万通貨)の取引毎に1$といったもの。
「取引すればするほどゲットできるボーナス」ということで、大ロット取引や小まめな取引をするトレーダーには相当魅惑的です。
口座残高に対して、年利3%の利息が与えられる「利息キャッシュバックキャンペーン」も行われています。前提条件としては新規口座開設者であること、10万円〜1,500万円の入金があって口座残高を10万円以上で保持していること、30日以内に取引が行なわれていることとなっており、そんなにもハードルは高くありません。
これは地味に見えて結構すごい機能です。日本の銀行に預金として預けても0.01%とかの時代ですから、年利3%は次元が違います!
iFOREXを活用してトレードを長く継続しているユーザーであるほど優遇されるプロモーションがたくさんありますので、iFOREXをメイン口座として用いるのであればキャッシュバック・プログラムは収益のチャンスを更に高めてくれると言えます。

MT4に非対応

これについてはデメリットというべきところですが、iFOREXは海外FXのオーソドックスな取引ツールであるMT4(メタトレーダー4)に対応していません。これについてはiFOREXを使っているユーザーが最も不都合だと感じる点ところです。
MT4を利用すればハイスペックのチャートや自動売買、独自インジケーターなどが利用できることになりますが、iFOREXではMT4は使えずありとあらゆる取引をウェブトレーダーや公式アプリで行うことになっています。
初の経験として海外FXを利用するユーザーもこれからのことを考えれば、スタンダードなMT4を使っておいた方が良いです。また、中上級者は使い慣れたMT4を使用することができずやや困惑することを考えれば、これは人によって結構なデメリットに感じるのではないでしょうか?
チャート機能だけを考えれば、XMなどといったほかの業者で口座を開設してMT4をインストールしておくことで、チャートはそっちを利用してトレードはiFOREXで行うという使い分けができますが、それもある程度不便と感じてしまいます。まぁ慣れてしまえば大した問題ではないんですけどね。

iFOREXの歴史と日本人トレーダーからの評判

iFOREXは創業1996年と、海外FX業者の中ではトップクラスの老舗業者です。XMと共にiFOREXをメインの海外業者とする日本人トレーダーも多数いて、安心してトレードを行うことができる業者だと言えます。
とりわけ国内FXのレバレッジが25倍に規制され、国内FXでは追証のリスクもありますが、iFOREXは安心で柔軟性のあるトレードを行うことができる優れた海外FX業者としての地位を確立しています。
またiFOREXの関連投資会社に関しては「英領バージン諸島」のライセンスや、ハンガリー国立銀行のライセンスを保持しています。
入出金やトレードにおいても、特に悪い評判はあまり見かけません。歴史のある業者であまり悪い評判が無いと言うのは、トレーダーにとっては非常に嬉しいことだと思います。
一部の海外FX業者は出金拒否などといった入出金トラブルが発生したなどの事例が報告されていますが、iFOREXのケースでは、とりわけ入出金関連のトラブルが起きたという報告はありません。

まとめ

iFOREXはサポート歴25年程度というところから信用できる海外FX業者であると断言できます。
アイフォ戦士という名が付くほど、メイン口座としてiFOREXを利用しているトレーダーが沢山います。取引銘柄も豊富で、初心者から上級者まで幅広くメイン口座として利用できるバランスの取れた業者であると言えます。この機会にiFOREXで口座開設してトレードを開始してみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめの記事