国内のFX業者は、最大でもレバレッジが25倍となっています。

しかし、国外のFX業者の中には、1000倍ものレバレッジをかけて取引をすることができる業者もあり、少ない元手で大きな取引をすることが可能です。

ただ、こう聞くと、

「1,000倍のレバレッジなんて危険すぎるでしょ」

と思う人がいるかもしれません。

そこで、この記事では、レバレッジ1,000倍の危険性やメリットなどについて詳しく解説していきます。

 

FXでレバレッジ1,000倍を使うことができるのは海外FX業者

冒頭でも解説した通り、レバレッジ1,000倍を扱っているのは海外FX業者のみです。

代表的な業者で言うと、GEMFOREXなどです。

 

>>>GEMFOREXの新規口座開設はこちら

 

国内の業者は、最大25倍となっていますが、これは国内FX業者が独自に決めていることではありません。

日本の法律で25倍まで定められているのです。

この背景には、少ない元手で大きな取引をして、責任が取れないほどの負債を抱えてしまうことを防ぐためという目的があります。

このようなことから、

「ハイレバレッジは危険」

という概念が日本人にはあるのです。

ただ、レバレッジ1,000倍のようなハイレバレッジ取引が危険という人は、まず間違いなくFXの知識がないと言えるでしょう。

では、レバレッジ1,000倍で取引をすることの安全性やメリットは一体何なのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

1,000倍のレバレッジを使うメリットは?

レバレッジ1,000倍を使うメリットはいくつかあります。

これからする解説をしっかり理解することができれば、レバレッジ1,000倍が持つ魅力、レバレッジ1,000倍で取引をするメリット、レバレッジ1,000倍の安全性についても正しく理解することができるでしょう。

 

取引の制限

まずは取引の制限です。

レバレッジ1,000倍で取引をする場合には、取引額の制限がほとんどありません。

そのため、より自由度の高い取引をすることができるのです。

これだけの説明では良くわからないという人もいると思いますので、もっと詳しく見ていきましょう。

 

では、レバレッジ25倍の国内FX業者と、レバレッジ1,000倍で取引ができる海外業者を使った場合の比較をしていきます。

わかりやすくするために、どちらも20万円の元手として、尚且つ証拠金の20%を下回ったらロスカットされると過程します。

国内FX業者を使う場合は、レバレッジをマックスの25倍にしても500万円の取引しかできません。

もし1,000万円の取引を行うと思ったら、証拠金を40万円に増やさなければならなくなります。

また、8万円まで証拠金が減ってしまうと強制ロスカットされてしまいます。

 

一方レバレッジ1,000倍の国外業者を使うと、20万円の元手で最大2億円までの取引をすることができます。

その場合の証拠金は1万円で済ませることができ、尚且つ証拠金が2,000円を下回らなければロスカットされることはありません。

このことから、レバレッジが高ければ高いほど高額な取引をすることもできますし、低額で取引をすることもできるのです。

 

リスクが低い

先ほど、レバレッジが高いFXは危険だという人はFXに関する知識が少ない可能性が高いと解説しました。

しっかりとFXについての知識をつけると、リスク管理を徹底していれば、1,000倍のレバレッジでもリスクの低い取引ができると理解することができます。

 

ロスカットされにくい

リスクが低いということに関連して、ロスカットされにくいという点を挙げることができます。

先ほどの例を見るとわかりますが、20万円の元手でFXを始めた場合、国内業者であれば証拠金が8万円を下回るとロスカットされ、国外業者だと2,000円を下回った場合にロスカットされます。

つまり、レバレッジ25倍と1,000倍ではロスカットされてしまうリスクが40倍も違うのです。

レバレッジ1,000倍で取引をすれば、より長く取引をすることができ、尚且つ自由に取引することができるのです。

 

少額でできる

レバレッジ1,000倍で取引をすれば、低資金で始めることができます。

レバレッジには、「てこ」という意味がありますが、てこの原理を利用して、少ない金額で大きな取引をすることができるということです。

また、海外FX業者にはゼロカットというシステムが導入されていることがあります。

このシステムが導入されているFX業者を使えば、証拠金以上の損失を出してしまった場合でも、追証を支払う必要がなくなるのです。

 

海外業者でレバレッジ1,000倍をかけても安心な理由

海外FX業者には、レバレッジ規制がないためより高いレバレッジをかけて取引することができます。

ただ、それ以外にも海外のFX業者がおすすめの理由がいくつかあるのです。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

ゼロカット

まずは先ほど少し触れたゼロカットというシステムです。

ゼロカットというのは、証拠金以上の損失を出した場合でも、業者がマイナス分を負担してくれるというシステムです。

もっとわかりやすく言えば、証拠金がマイナスになってしまった場合でも、0円の状態にリセットすることができるため、証拠金以上のリスクを負う必要がなくなるということです。

レバレッジ1,000倍で取引をしていると、いくらリスクに備えて慎重に取引をしていたとしても損失を出してしまうことがあります。

しかし、ゼロカットがあるFX業者であれば、大きな負債を抱える心配がないのです。

 

このゼロカットに関する知識がない人は、

「1,000倍のレバレッジは危険すぎる」

と知ったかぶりをするのです。

 

こう解説すると、

「国内FXでもゼロカットを導入しているFX業者があるのでは?」

と思う人がいると思いますが、残念ながら国内FX業者にはそのようなシステムはありません。

なぜなら、法律で禁止されているからです。

 

そのため、より安全に大きな取引を行いたいのであれば、ゼロカットを導入している海外FX業者を使うことがおすすめなのです。

ボーナスが高い

海外FX業者というのは、口座開設ボーナスや入金ボーナスなどがかなり充実している場合が多いです。

 

先ほど例に挙げた、GEMFOREXの場合だと、

・口座開設ボーナス1万円(もしくは5,000円)

・入金ボーナス100%(最大500万円)

などのボーナスを受け取ることができます。

 

そのため、資金が少なくても、ボーナスを使ってより大きな取引をすることができるのです。

 

安全性を保つならリスク管理を徹底しよう

レバレッジ規制がなく、大きなレバレッジをかけて取引ができるFX業者を選ぶ場合には、リスク管理を徹底する必要があります。

では、その具体的な方法をいくつか解説していきます。

 

入金額の調整

まずは入金額の調整です。

ハイレバレッジで取引を行っていると、わずかなミスであっという間に口座資金が0になってしまいます。

そのため、入金額は最低限に抑えて取引をすることが大事になってきます。

 

初心者は利益をすぐに引き出す

レバレッジ1,000倍で取引を行って利益が出た場合、初心者はできるだけ早く出金することがおすすめです。

なぜなら、利益を元手に追加して取引をしてしまうと、失敗した場合一瞬にして利益が0円になってしまうからです。

 

損切を徹底する

レバレッジ1,000倍で取引をする場合は、普段よりも損切基準を厳しめに設定しましょう。逆を言えば、損切ができない人はハイレバレッジでの取引を行うべきではありません。

損切が遅れてしまうと、証拠金を大幅に減らしてしまうことに繋がりますので、あらかじめルールを決めて置き、それに従って損切をしていくようにしましょう。

 

まとめ

レバレッジ1,000倍というのは危険ではありません。

しっかりとリスク管理さえ徹底していれば、少ない金額でより大きな取引をすることができます。

ただ、レバレッジ1,000倍で取引を行う場合は、そのFX業者がゼロカットに対応しているかどうかをしっかり確認しておくことが大切です。

おすすめの記事