海外FX最大レバレッジ8社を比較しました!

海外FXと国内FXの最大のちがいは、やはりレバレッジ規制があるかないかですよね。国内FXでは、レバレッジ規制のため個人取引の最大レバレッジは25倍までと制限されています。これに対して、海外FXはレバレッジに規制がなく、最近では最大レバレッジを1000倍や2000倍に設定して、それをウリにする会社も増えてきました。今回は、8社の最大レバレッジを比較して、その内トップ3の会社について、詳しくご紹介していこうと思います!

 

海外FX8社の最大レバレッジを比べてみました!

海外FX最大レバレッジ比較表

 

海外FX業者 STP口座 ECN口座 証拠金維持率
GEMFOREX 5,000倍 1,000倍 20%
HotForex 1,000倍 500倍 10%
XM 888倍 500倍 20%
BigBoss 555倍 555倍 20%
TitanFX 500倍 500倍 20%
Tradeview 500倍 200倍 100%
LAND-FX 500倍 200倍 0%
AXIORY 400倍 400倍 20%

 

こちらの表は、海外FXの最大レバレッジと証拠金維持率を比較した表です。それぞれの会社ごとに定められている条件によって、レバレッジ制限がかかることがありますが、最大レバレッジの数値としては表記の通りになります。最大レバレッジ上位3社を除けば、大体400500倍程度が平均ということがわかりますね。今回は、このGEMFOREXHotForexXM3社に絞って詳しくご紹介していきます。ちなみに、表に記載がありませんが、FBSという会社も最大レバレッジが3000倍とかなり高い数値で設定されています。しかしこの会社の場合、3000倍のレバレッジを掛けられるのはごく一部で、あとはレバレッジ制限がかかり4位以下の会社とほぼ変わらないレバレッジになります。このため、ハイレバレッジではありますが、今回は除外させていただきました。

 

証拠金維持率ってなに?

表の中に、証拠金維持率というものがありますね。これについて簡単にご説明します。

証拠金維持率とは、現在取引している金額に対する証拠金の比率になります。証拠金とは、実際に取引するために入金した金額のことを指します。この証拠金にレバレッジを掛けることで、FXの取引はうまみが増していきます。レバレッジを掛けるためには、そのレバレッジに応じた割合の必要証拠金を担保とする必要があります。例えば、100万円の取引をしたい時、レバレッジを100倍にしたら、1万円×100=100万円となりますよね。このため、レバレッジ100倍の時の必要証拠金は1万円となります。このように、必要証拠金はその時の為替レートや通貨ペア、取引量によって変化していきます。

 

これに対して、有効証拠金という言葉もあります。これは、取引可能な証拠金の総額のことを指します。つまり、あとどれくらいの取引ができるのかを示した金額のことで、入金した資金の他にも、ポジションの損益分や、既に決済してしまったポジションの損益分すべてを合算した金額となります。海外FXの場合はこれに有効なボーナスなども含みます。

 

ここから、証拠金維持率の話に戻ります。証拠金維持率は以下の式によって求められます。

 

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100%

 

海外FX会社では、この証拠金維持率を目安としてロスカットを設定しているのです。

表で見ると、GEMFOREXは証拠金維持率が20%を下回ったら強制ロスカットされるということです。ここでは深くは触れませんが、証拠金維持率は高い方が資金量に対してのリスクが低いとされます。このため、ある程度の証拠金維持率に余裕を持っていた方がいいということになります。ただ、海外FXは既にご説明した通り、割と低い証拠金維持率で強制ロスカットが起きますが、国内の場合はもっと早い段階でロスカットされるということは頭に入れておきましょう。

 

最大レバレッジトップ3を紹介します!

1位:GEMFOREX

実はGEMFOREXの最大レバレッジ5000倍というのは、最近できた新設口座になります。

しかも、限定300口座限定で開設できるキャンペーンを行っているところですね。この口座の特徴は、

 

  • レバレッジ5,000倍固定
  • 入金上限5万円まで
  • 利益は累計で100万円まで(含み益が100万円超えたら強制決済される)
  • スプレッド1.8pips~
  • EA利用不可
  • ボーナス対象外

 

このようになります。簡単にいうと、5万円入金して100万円にしましょう!という口座です。ちなみに先に触れましたFBSのレバレッジ3000倍口座の場合は、入金上限が2万円となっています。

と、このように、いきなりで恐縮ですが、GEMFOREX5000倍口座はあまり現実味のない口座となっています。GEMFOREXの良さはこれではありません!通常の口座の最大レバレッジも1000倍となっており、非常にハイレバレッジなトレードをすることができます。

最近では、ずっと取得できていなかった金融ライセンスも取得することができ、その信頼度も上がってきている会社です。また、なんといっても口座開設や入金ボーナスが業界の中でも随一となっていますので、口座開設を考えている方はボーナスキャンペーンの情報収集もしっかりした方がよさそうです!ちなみに、レバレッジ1000倍の場合、1000倍を掛けられる証拠金は30万円までとなっています。この後金額に応じてレバレッジ制限がかかりますので、気を付けましょう。海外FXのハイレバレッジ口座は基本的にレバレッジ制限があるのは当たり前だと思って良いです。

 

2位:HotForex

HotForexの最大レバレッジは、通常のGEMFOREXと同じ1,000倍となっています。ただし、このレバレッジを利用できるのは「マイクロ口座」のみとなります。また、マイクロ口座開設時に選択できるボーナス選択によっても、レバレッジ制限がかかります。100%クレジットボーナスか30%レスキューボーナスかを選べるのですが、レスキューボーナスを選択した際には最大レバレッジが500倍に変更されるので気を付けましょう。一方で、魅力的なのは口座残高に対するレバレッジ制限は他社より緩くなっています。証拠金が300,000ドル以上になると、レバレッジが最大75倍になってしまいますが、300,000ドルというと、日本円で大体3,250万円ほどです。

 

3位:XM

日本人トレーダーに一番人気のXMです。今回は最大レバレッジで比較しているので3位に留まっていますが、他の項目を含めたらこの順位に留まることはないでしょう。それくらい信頼度が高い会社となっています。また、通貨ペアが57種類とかなり豊富で、特に国内FXでは取り扱っていないマイナー通貨もありますので、そういった取引に興味がある人はぜひXMで口座開設を検討してみてください。最大レバレッジ888倍ですが、口座残高によってやはり制限を受けます。520,000ドルで最大888倍、20,001100,000ドルで最大200倍、100,001ドル以上で最大100倍の規制となっています。

 

まとめ

今回は最大レバレッジに絞って、トップ3の会社を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?最大値をドーンと大きく打ち出していても、レバレッジ制限がすぐにかかってしまったりデメリットの方が大きかったりする会社も多い中で、この3社はハイレバレッジでも気持ちよくトレードが行える会社です。ハイレバレッジのトレードに興味がある場合は、是非口座開設を検討してみてはいかがでしょうか!

おすすめの記事