海外FXのレバレッジはすごい!高レバレッジのトレードを楽しもう

海外FXは国内FXと違うところとして、レバレッジ規制がないというのはみなさんご存知のことと思います。今回は、レバレッジってそもそもなんだ?というところから、海外FXで高レバレッジのトレードをすることに関してご紹介していきます。

 

レバレッジって何?

さて、そもそもレバレッジとは何なのかおさらいしていきましょう。初歩的なことなので、もう熟知されている方も多いと思いますから、そういった方は読み飛ばしていってくださいね。

レバレッジとは、簡単に言うと自己資金を引きあげることをいいます。例えば自己資金が」5万円でも、レバレッジを10倍掛ければ50万円、100倍掛ければ500万円分の資金を使ってトレードすることが可能です。これが、FXの一番の醍醐味と言っても過言ではないでしょう。レバレッジがあるから少ない資金で始められるというメリットもあります。このため、副業としても始めやすいというのも大きなメリットです。国内FXの場合は、レバレッジが最大25倍までと規制があります。海外の場合はこの規制がなく、1000倍、2000倍のレバレッジを掛けられる会社も出てきています。

 

なぜ高レバレッジをかけることができるの?

さて、海外FXは何故こんなにレバレッジを掛けることができるのでしょうか?そもそも、レバレッジのしくみはどういったものなのでしょうか。例えば、証拠金10万円を払ってレバレッジを10倍かけたとき、100万円分の米ドルの取引ができるとします。この場合トレーダーは10万円しか払ってないですね。ということは、残りの90万円分FX会社は損をしてしまうのでしょうか?ここがポイントになってきます。この後、トレーダーは利益を出すために、値上がりを読んで売り注文を出すはすです。読み通り、値上がりし100万円分の米ドルが110万円で売れたとすると、その差額は10万円ですよね。FX会社がトレーダーに支払うのはこの時点での差額ですから、10万円分を支払えばいいということになるのです。実際に動かしているのは、元手になるお金ではなくトレードした際に生じる差額というわけです。こうした決済方法を、差金決済といいます。この差金決済をすることによって、レバレッジをいくらかけても大丈夫なようにしているのですね。

 

規制はないが制限はある!

海外FXには最大レバレッジの制限がないため、1,000倍や2,000倍という高レバレッジでのトレードができる会社もありますが、会社それぞれでレバレッジ制限を設けているところはあります。これは、会社側が取引の安定性を確保したり、プラットフォームの健全性を維持したりするために設定しているものです。後でご説明しますが、高レバレッジのトレードはトレーダーにとっても会社にとってもリスクがありますので、こうして無制限にトレードできないように設定しているところも多いのです。具体的には、証拠金に応じたレバレッジ制限があります。例えば、最大888倍まで掛けられるXMでは、888倍で取引を始めても証拠金が300万円を超えたあたりから200倍に制限がかかります。更に、1,500万円を超えたところで100倍の制限がかかるようになっており、証拠金に応じて掛けられるレバレッジが変わってくるのです。ちなみにこれは、XMのスタンダード口座の話になります。同じスタンダード口座でも、TaitanFXなどはレバレッジ制限がありません。

また、口座によって最大レバレッジが変わってくる場合もあります。先程紹介したXMのスタンダード口座は888倍が最大ですが、Zero口座では最大500倍になっています。

 

高レバレッジのトレードのメリット

高レバレッジのトレードの魅力は、何といっても資金効率の良さです。少ない資金でも、しっかり稼げるのが大きな魅力となります。レバレッジが高ければ高いほど利益率がも上がりますので、高レバレッジのトレードを好んで行うトレーダーも多くいます。

 

高レバレッジのトレードのデメリット

一方で、高レバレッジのデメリットというのもあります。

 

価格の急な変動によってロスカットが間に合わず、証拠金を超える損失が出てしまう場合。

小さな値動きの影響を受けやすく、ロスカットされやすい。

ロスカットに関係してデメリットがあることがわかりますね。レバレッジが上がると、その分ロスカットが起きる危険性も高くなるため、高レバレッジのトレードはおススメできないという人もいます。

 

高レバレッジで損失が増えるのは本当?

高レバレッジのトレードでは、損失が大きくなるリスクがあるとよく言われます。上記のように、ロスカットと関係している部分で損失が大きくなってしまうことは確かにあります。しかし、「高レバレッジ=損失も大きくなる」というのは違います。例えば、自己資金が100万円のトレードでレバレッジ1倍の時、トレードに使える資金は100万円になりますよね。一方で、自己資金が2万円でもレバレッジを50倍にすれば、同じように使える資金は100万円になります。この場合、1円の値動きよる損失は、1万円となり全く同じになります。ということは、レバレッジが高かろうが低かろうが、取引量が同じなら損失もおなじだということが言えます。ですから、高レバレッジだからといって、損失額まで高くなるという考え方は間違いです。あくまで、損失額はポジション量によって変わります。

 

高レバレッジ=フルレバレッジではない!

ここまで、高レバレッジのことについてご説明してきましたが、高レバレッジ=フルレバレッジということではないので、気を付けてください。先程、海外FXでは1000倍・2000倍のレバレッジを設けている会社があるということをご説明しました。ですが、FXに慣れていないトレーダーがいきなり1000倍や2000倍のトレードをすることは、それ自体がリスクを伴うことです。問題は、適正なレバレッジを掛けることができるかという部分です。レバレッジは、ポジション量と証拠金のバランスによって適正数値が変わってきます。自分が持っているポジション量や資金を無視して高レバレッジで取引をすれば、それは大きなリスクが伴うことは間違いないでしょう。

 

海外レバレッジで安心して高レバレッジのトレードを楽しもう!

国内FXでは、最大25倍までというレバレッジ規制が設けられていますが、これが今後10倍程度まで引き下げられるだろうと予想されています。このため、国内FXではますますFXの「うまみ」の部分が薄れていってしまうでしょう。そこで、海外FXに挑戦してみたいと思っている人も多いことと思います。海外FXの場合は、「ゼロカット」というシステムを導入している会社が多いです。これが、実は国内だとそうではなく、ロスカットが間に合わずに口座残高が0円を下回ってしまい、その損失分を会社に追証として支払わなければなりません。これに対して、海外のゼロカットの場合は口座残高が0円を下回る前に自動でロスカットをしてくれるシステムがあるので、実質借金を背負う心配がないのです。このことからも、高レバレッジを掛けながら安心してトレードすることができるという点が、最近の海外FX人気に理由の一つになっています。確かに、レバレッジが高ければ高いほど追証のリスクは高まりますが、海外の場合はこのようなシステムがあるので安心です。

おすすめの記事