これからFXを始めたい人の多く、安心感や安全面で国内FXを選択しようとしていると思います。特に、FXについてよくわかっていない場合、国内の会社の方がなんだか安心感があるような気がするというのもわかります。今回はそういった人たちに向けて、いかに海外FXが魅力的で、かつFXを始めるなら海外スタートがよい!ということをお伝えしていきたいと思います。

 

海外FXは危険なの?海外FXのイメージ

なんとなく、国内FXは安全で海外FXは危険というイメージを抱いていませんか?それってどうしてそう思うのでしょうか。実は、海外FXってそんなに危険じゃないのですが、いまいちそれが正しく伝わっていないように思います。そこで今回は、このイメージを払拭すべく海外FXのメリットを中心にお伝えしていこうと思います。

 

メリットその1 ハイレバレッジが魅力!

海外FXにおいて、ハイレバレッジは魅力の一つですが、これが危険かもと言われる理由の一つであるとも考えられます。国内FXは最大25倍までのレバレッジしかかけられないということが、日本の法律によって定められています。また、近年ではこれが10倍まで引き下げられるかもしれないという話もちらほら出てきています。そもそも、レバレッジというのはFXにおける最大のメリットですよね。レバレッジを利用することで、少ない資金を大きな利益にできるというのがいいところなのです。それなのに、国内FXは最大25倍までしかレバレッジを掛けられない、このことをどう捉えるかです。これに対して、海外FXはレバレッジの規制がないため、1,000倍・2,000倍ものレバレッジを掛けられる会社まであります。レバレッジってそこまで大事なの?と思われるかもしれませんが、例えば1万円の資金運用をした場合、国内FXではレバレッジを最大限かけても25万円までしか運用できません。これに対して、海外FX500倍のレバレッジを掛けたとします。すると、運用できる資金は500万円にものぼるということです。レバレッジによって資金効率が格段に変わるということがおわかりいただけると思います。

 

メリットその2 少ない資金でたくさん稼げる

これは、レバレッジのこともそうなのですが、そもそも国内と海外では初回入金額がかなりちがいます。国内FXの場合、初回入金に5万円ほど必要な場合もありますが、海外ではもっと低い金額、例えば1万円を切るくらいの金額で、FXを始めることができるのです。これってすごく魅力的じゃないですか?特に、ちょっとやってみたいなというレベルで5万円出すのはちょっとと思いますが、数千円でできるとなったら少しやってみてもいいかなという気持ちになりますよね。また、後ほど詳しく触れますが、海外FXはボーナスが充実しています。このボーナスを利用することで、もっと自己資金を低く抑えることができるのです。

 

メリットその3 ボーナスが充実!

口座開設するだけで、300020000円程度のボーナスをもらえる会社が多くあります。ボーナス分はトレードに使うことができるため、例えば初回はそのボーナス分だけでちょっとトレードしてみるというのもありなのです。また、口座開設だけでなく入金ボーナスを付与してる会社もたくさんあります。この入金ボーナスが100%だった場合、入金した額分のボーナスをもらうことができるので、実質取引金額が2倍になるというメリットがあります。これは、実施している会社によってそれぞれ条件が異なりますので、しっかり調べてよりお得な会社を選びたいところですね。

 

メリットその4 ゼロカットシステム!

ゼロカットとは、口座の残高が0になるまえに自動的にロスカットしてくれるシステムです。これによって、証拠金が0を下回ることがありません。つまり、追証を受けることがないということです。トレーダーは、トレードに負けて口座残高がマイナスになった時、そのマイナス分を肩代わりしてくれているFX会社に支払う義務が発生します。このため、このマイナス分は借金というように扱われるのですが、海外FXでゼロカットシステムを備えている場合は、こういった借金のリスクを背負うことなく安心してトレードに集中できるようになっています。国内の場合、「ゼロカット」というのは基本的に存在しません。これは、ロスカット水準が高いせいで口座残高がマイナスになる前に、証拠金がまだある状態でロスカットが発生することが理由だとされています。ロスカット水準が高いおかげで、ロスカットが頻発してしまうのはデメリットですね。

 

メリット5 ロスカット水準が低め

先程少し触れましたが、国内FXのロスカット水準は50%程度が最低とされています。これに対して、海外FX20%が最低ラインです。もっと低い場合もありますが、一般的にはこれくらいの割合になっています。具体例でみていきますね。資金が10万円の時です。

 

ロスカット水準50→5万円を下回るとロスカット

ロスカット水準20→2.5万円を下回るとロスカット

 

このように、海外FXの方が少し長い時間ポジションを保有できるということがわかると思います。この少しの時間で、もしかしたら損失を取り戻せるかもしれないですよね。損失を取り戻せなかったら、ただの損失ですが少し希望が増えるということです。

 

メリット6 約定力が高い

FXの世界では遅延は命取りになります。例えば、自分が出した注文がサーバーの遅延によってずれてしまい、思っていた数字で注文ができなかったという場合、これが頻発する会社は約定力が低い会社になります。こうした少しの遅延が、大きな資金を動かすFXでは致命傷につながってくるわけです。海外FXは会社それぞれで約定力はもちろんちがうのですが、そもそも注文過程のちがいから国内FXよりも約定力が高いとされています。特に神経質な値動きでトレードを行っていく場合は、海外FXの方が安心してトレードに集中できるということなのです。

 

メリット7 プラットフォームが共通で使いやすい

国内FXでは取引を行うためのツールが、その会社独自に開発されたものであることが多く、性能に差があったり約定力に影響したりと、使いやすさが会社によっても人によっても大きく変わります。これに対して海外FXの場合は、MT4・MT5というプラットフォームを利用している会社が多いため、複数の会社を利用してもあるいは乗り換えても、操作方法自体に差が生まれないというメリットがあります。一度MT4・MT5に慣れてしまえば、海外FXを渡り歩けるということです。これが国内FXにはない大きなメリットの一つになります。

 

たしかに危険な会社もある!

今回は海外FXに関して、耳障りの情報だけお伝えしましたが、最後に注意して欲しいことがあります。確かに、海外FXの中には詐欺まがいの会社があるということです。特に、聞いたことのないような会社には注意が必要です。特にFXの場合は、大きな資金が動く世界ですので、そういった会社でお金を落とすのは、大きなダメージにつながってきます。また、海外FXは国内FXと税金のかかり方がちがうので、その辺もしっかり勉強する必要があるでしょう。

 

国内FXに比べて、海外FXの利点はとても大きいものがあります。このため、FXを始める際にはしっかりと海外FXの情報をリサーチし、より快適なFXライフを送って欲しいと願っています。

おすすめの記事