世界でもっとも普及しているFXの取引プラットフォームがMT4です。そしてMT4で使える自動売買機能をEAといいます。

今回はMT4EAを使用するとき、どんなことが可能でどんなことに気を付ければよいのか解説していきます。

 

MT4とは?

まずMT4とは一体なんなのでしょうか。MT4MetaTrader4の略称で、ロシアのMetaQuotesSoftware社が開発したFX取引ソフトです。

どこかのFX業者が提供しているものではなく、誰でも無料で利用できるプラットフォームとなっています。

ほとんどの海外FX会社では、MT4の利用がスタンダードとなっています。

日本のFX会社では、ONADA JAPANなど、一部のFX業者を除いては利用することはできません。

 

分析の自由度が高まるというメリット

MT4を使用する一番のメリットは、自由度の高い分析を行うことが可能であるという点です。インジケーターが豊富なうえ、自分で開発したものを追加することもできます。

また、自動売買プログラムをダウンロードすることもできます。そして、MT4で使える自動売買プログラムのことをEAといいます。

 

EAの特徴

EAとは「エキスパートアドバイザー」の略称です。一般的に自動売買やシステムトレードと呼ばれる自動取引システムの一種です。

EAには売買条件や決済条件など、詳細なロジックが書き込まれていて、このEAMeta Traderで起動させれば、EAに組み込まれたロジックに従って自動的に売買が行われます。

それではEAにはどんなメリットがあるのでしょうか。

 

EAのメリットトレーダーの感情を完全に排除できる

トレードの世界では、トレーダーの感情が入り込むことが最も危険と言われています。しっかりとしたトレードルールが確立されていても、感情的になってしまうと実行することが困難になることも少なくありません。

 

EAのメリット自動売買ルールの作成が可能

MT4では、EAを自作することができます。MT4には自動売買ルール作成の専用エディタ「MQL4」が搭載されています。

難易度は非常に高いですが、MQL4を駆使すれば、自動売買のプログラムを完成させることができます。

売買指示からテクニカル指標のシグナルまで、裁量トレードと同じ判断要素を用いることが可能になります。

 

EAのメリット優秀なEAを利用できる

MT4は世界でもっとも普及しているトレードツールで、すでに多くの投資家が作成したEAが世界中に数多く存在しています。

これまで優秀な結果を生み出したEAはインターネット上で販売されているため、プログラムに関する詳しい知識がなくても誰でも利用することができます。

 

自動売買(EA)の設定方法

次にEAの実践について紹介していきます。順番に見ていきましょう。

 

MT4の準備

まずはMT4ソフトをダウンロードする必要があります。WindowsでもMacでもMT4を利用できるほか、スマートフォン端末やタブレット端末でも利用することができます。

MT4のインストールは、トレードを行う口座のFX業者から簡単に実行することができます。

XMであれば、「プラットフォーム利用端末を選択ダウンロード」の順に手続きを進めていけばOKです。

 

EAを用意する

EAの準備はMT4の前に行ってもOKです。EAはいろいろな通販サイトで販売されているほか、無料提供サイトから入手することも可能です。

 

MT4で自動売買の設定を行う

MT4はそのままでは自動売買を行うことができません。必ずMT4のメニューバーから「ツールオプション」の順にクリックしていき、エキスパートアドバイザーのタブを選択してください。

 

自動売買を許可する

DLLの仕様を許可する

 

これらをチェックして保存すれば、自動売買の設定は完了です。

 

EAMT4にセット

EAMT4にセットすることができます。メニューバーから「ファイルデータフォルダ」をクリックして、MQL4からExpertsへ移動します。

ExpertsのフォルダにEAを入れれば、設定の完了です。あとはEAをチャートにドラッグしてドロップすればEAが作動します。

 

良いEAを見つけるときのポイント

トレーダーが知りたいのはどうやってEAを見つければよいのか、どのEAが優れているのかということだと思います。

以下のポイントをチェックしてもらえば、より良いEAが見つかるはずです。

 

安定的に資産残高が増えているか

EAのダウンロードページには大抵の場合、収益が分かるグラフが表示されています。しっかりとグラフが右肩上がりになっているか、また急に右肩下がりになっているポイントがないかチェックしておきましょう。

今後、安定して利益が生まれるかどうかの判断材料になるはずです。

 

プロフィットファクタが1.3以上

プロフィットファクタとは、利益額と損益額の比率を表したものです。

 

プロフィットファクタ=利益額÷損益額

これが1.00だと収支がプラマイゼロ、1未満だとマイナス、1以上だとプラスと読み取ることができます。

プロフィットファクタの値はできれば1.3、最低でも1.2を超えているEAを選びましょう。

 

最大のドローダウンが3%以内

ドローダウンとは、資産が減少することの許容できる範囲です。我慢できる額はトレーダーによって違うでしょうが、できれば3%以内に収まっていてほしいものです。

 

取引回数が500回以上

できるだけ総取引回数が多い方が、EAの精度を正確に知ることができます。EAの中には1年間で数回しか取引を行っていないようなものもあります。

テスト結果を良く見せるため、取引回数を抑えているケースもあるので、累計で500回以上、できれば1,000回近く取引実績があるとよいでしょう。

 

ロングとショートの取引回数に偏りが小さい

良いEAの条件を判断するとき重要になるのは、買いと売りのバランスが取れているかどうかということです。

半々でなければならないということはありませんが、できるだけ偏りが小さい方が望ましいと言えます。

 

EAの検証方法は?

EAがどのような働きを見せてくれるのか、実際に検証してみたり、検証結果をチェックしたりするができます。

検証でわかることは以下の通りです。

 

・トータルの成績

・勝ちやすい時期と負けやすい時期

・月平均の利益

 

検証方法にはバックテストとフォワードテストがあります。

 

バックテスト

バックテストとは、検証したいEAについて、過去のデータを利用してどのような成績を上げるのかチェックするものです。

ただし、販売会社が公表するバックテストは信用しすぎない方がよいでしょう。バックテストの結果を良く出すために、パラメータをいくらでも調整することができるからです。

バックテストはできれば、自分で行うのがよいでしょう。

 

フォワードテスト

フォワードテストは、過去のデータではなくリアルタイムの相場にEAを当てはめることで検証を行う試験のことです。

フォワードテストはバックテストのように、パラメータを調整したりして成績を良く見せることはできません。

バックテストよりもフォワードテストの方が信頼することができます。

 

実際にEAを選んで使ってみよう

EAに関する基本的な知識をチェックしたところで、実際にMT4EAを使ってみましょう。

EAには有料のものと無料のものがありますが、有名どころは以下の通りです。前述のようなポイントに気を付けてEAを選びましょう。

 

有料販売サイト

・ゴゴジャン

・テラス

MQL5コミュニティ

 

無料提供サイト

無料提供サイトのEA2種類あります。

 

・指定業者に登録した場合のみ使えるもの

・ダウンロードしたら自由に使用できるもの

 

指定業者に登録

TRADERS-Pro(トレプロ)

GemTrade

 

自由に使用可能

MQL5コミュニティ

・無料EA研究所

 

これらEAはシステムが自動で取引してくれますが、無料のものにしても有料のものにしてもプログラムを選ぶのは人間です。

こればかりは裁量トレード同様、試行錯誤しながらスキルを磨いていくしかなさそうです。

おすすめの記事