FXにはいくつか取引方法が存在します。よく聞くのは、スキャルピングトレード・デイトレード。スイングトレードなどではないでしょうか。今回は、スキャルピングトレードについて詳しくご紹介していきます。

 

スキャルピングトレードってなに?

スキャルピングトレードは、小さい値幅を狙う取引の手法で、1度の取引で小さな利益を得て、それをその日に何度も繰り返すことで利益を重ねていくという手法です。一度のトレードにかける時間はかなり短く、数秒から数十秒程度と言われています。もちろん、数分程度のトレード時間の場合もありますが、それでも他の手法に比べると格段に一度のトレードにかける時間は短いのです。日に何度もトレードをすることになりますので、一日の内に何度も取引画面を開くことができるトレーダーにおすすめの手法となります。

 

小さな値幅がどれくらいかというと、スキャルピングトレードの場合、人によって違いはありますが5pips程度の値幅を目安にしておくといいでしょう。ちなみに、5pipsの値幅を狙ってトレードした時には、取引通貨量が1万通貨の場合、一回のトレードで得られる利益は500円程度になります。このトレードを一日に何回もして、積み重ねていくわけですね。ところが、5pipsを狙うというのは初心者にはなかなか難しいことなのです。ですから、自分が狙える値幅を設定することが重要になっていきます。短時間で相場を分析したり、売買を判断したりと、分析力や決断力が必要な手法になります。こうしたこともあって、初心者には少し難しいとされているのが、スキャルピングトレードです。

 

スキャルピングトレードの良さ

 

損失額を抑えることができる

スキャルピングトレードの良さの一つとして、損失額を抑えることができるというものがあります。小さな値幅を狙ったトレードをしていくので、失敗したとしてもその分損失額も小さく済むのです。このため、損切りをしっかりしていけば証拠金が一度にがっつり消えてしまうというリスクを回避することができます。このメリットを生かすためには、レバレッジをしっかり管理することが必要になります。あまり大きなレバレッジを掛けてしまうと、損失額が増えることにつながるからです。もちろん、これを逆手にとって高レバレッジ×スキャルピングトレードで大きな利益を上げているトレーダーも多数いますが、基本的にはそういった人はFXをかなりやりこんでいる中・上級者だと思っておいた方がいいです。

 

短い時間の取引の良さ

1度のトレードが数秒単位というお話を既にしましたが、取引時間の短さによるメリットがあります。ずっと画面に向かって、スキャルピングトレードを行うトレーダーももちろんいますが、空いた時間を使ってコツコツスキャルピングトレードに励むトレーダーもいます。このメリットを発揮できるのは、どちらかといえば後者でしょう。ですから、昼間は忙しいサラリーマンでも、スキャルピングトレードを利用することで、朝の通勤時間やお昼休憩、帰宅後の時間など複数回の短い時間を確保できれば、十分な副収入を得ることができるのです。このため、兼業トレーダーに向いている手法と言っても良いでしょう。また、日本時間で考えた場合、FX市場が盛り上がるのが夕方以降なので、兼業トレーダーにもちょうどよいということが言えますね。

 

経験値をたくさん積むことができる!

取引回数が多くなる分、FXトレードの経験値をたくさん積むことができます。この経験値は、実はスキャルピングトレードだけでなく他のトレード手法に生かすことのできる、FXの経験値につながります。ですから、失敗が多くなってもいいからまずは回数を重ねて、経験値を増やしたい・FXに慣れたいという人にはかなりおススメです。

 

相場のトレンドを読まなくてもできる!

他のトレードの場合は、相場のトレンドを読むという技術が利益を上げるためにかなり重要になってくる場合があります。ところが、スキャルピングの場合はこれが必ずしも必要になる、というわけではないのです。短い時間軸でトレードを終えてしまうので、相場を読む必要がないというのも、大きなメリットと言えます。

 

初心者にはなかなか難しいと言いましたが、小さな値幅ですので、失敗をたくさんして損失を出してもいい!と考えている場合は、実は経験値を積めるという点で大きなメリットがあるかもしれません。現に、スキャルピングがフィットして実績を上げている初心者トレーダーも存在します。まずは、やってみるということができるのも、スキャルピングトレードの良さですね!

 

スキャルピングトレードのデメリットとは?

さて、今度は反対にデメリットに関してご紹介していきます。

 

取引するたびにコストがかかる

短時間トレードのデメリットは、コストも複数回かかってしまうという点です。FXの場合、このコストをスプレッドと呼んだりしますが、新しいトレードをするたびにこのスプレッドが発生する仕組みになります。ですから、日に何度も取引をするスキャルピングトレードの場合、よりコストがかかってしまうことが大きなデメリットです。スキャルピングトレードを行うために、スプレッドが狭い会社を選んだりするのは、こういった事情があるからです。

 

スリッページによる損益が大きい

注文を出して、その通り約定することもあれば、そうではない場合があるのがFXの世界です。注文通りの指値で約定されなかった時、指値と約定した時の金額の差をスリッページと呼びます。スキャルピングトレードの場合、元々小さな値幅を狙って注文を出しますので、例え小さなスリッページでも利益に大きな影響を与えてしまうのです。せっかくの利益が全くなくなってしまう場合もあるので、これが不安点の一つにはなるでしょう。このため、約定力が高い会社を選ぶ必要が出てくるのです。

 

ネットの環境の左右されることがある

スリッページの部分でも触れましたが、スキャルピングトレードは、小さな動きの影響を受けやすくなっています。約定時間による影響もそうなのですが、ネット環境の微妙なズレの影響も大きく受けてしまうという点がデメリットの一つです。ほんの1秒のズレでも、利益に大きな影響が出ると思っていた方がいいでしょう。このため、安定したネット環境を整備する必要があります。日本ではそれほど悪質なネット環境は少ないですが、例えば自宅以外でトレードする時などはかなり注意が必要でしょう。

 

スキャルピングトレードが禁止されている会社もある

そもそも、スキャルピングトレードを許していない会社があるということは、頭の片隅にでも置いておいた方がいいでしょう。なぜ禁止しているかというと、それぞれ理由があるのですが、スキャルピングトレードによって会社のサーバーに負荷がかかりやすいという理由が一つ考えられます。会社が不利益をこうむらないために、こうした規定を設けている場合があるので、事前にしっかり確認する必要がありますね。

 

スキャルピングトレードは海外FXの方が相性がいい!

スキャルピングトレードに挑戦するなら、国内FXよりも海外FXの方がおススメです。最大の理由はレバレッジです。スキャルピングトレードの場合、小さな値幅を狙っていくため、自然とかけるレバレッジを増やして、一度に得られる利益を増やしていくという傾向があります。こうした方法をとっていくと、国内FXの場合は25倍を超えたレバレッジをかけられないので、やっている内に不都合が生じてくるのです。このため、スキャルピングトレードを主に行うトレーダーたちは、レバレッジ制限のない海外FXを好んで使っています。スキャルピングトレードを始めるにあたって、海外FXで口座を開設するのがおススメです。

おすすめの記事