海外FXではよく、スプレッドが国内FXより広くていいとかダメとかいう話を聞きませんか?そもそもスプレッドってなんのこと?スプレッドが広いってどういうこと?今回は、スプレッドについての基本的なことと海外FXはスプレッドが広いからダメなのかという点についてご説明していきます。

 

スプレッドって何?

スプレッドとは、売値と買値の差のことをいいます。FXの場合、トレードの際には売値と買値が異なりますね。この差は、スプレッドと呼ばれ取引にかかるコストに当たります。なぜ、広いか・狭いかという言葉で表現するかというと

 

USD/JPY

BID() ASK()

100.341 100.344

 

このような価格の場合、スプレッドは0.03銭となりますね。この値幅の感覚が、「広い」か「狭い」かということを表しているのです。このスプレッドは、FX会社に取引コストとして支払います。スプレッド幅が、狭ければ取引コストが小さいということになり、FX会社を選ぶ時には「スプレッドが狭い」ことを基準にして選ぶ場合があります。

 

原則固定と変動制って何がちがうの?

スプレッドには、原則固定と変動制というものがあります。これのちがいについて説明していきますね。

 

原則固定スプレッドとは?

基本的にスプレッドは固定されている。しかし、為替相場が大きく揺り動く時(例えば、経済指標発表前後や要人の発言などがある時)はスプレッドが変動する。

 

変動制スプレッドとは?

常にスプレッドが変動する。特に、取引量が少ない時間帯(明け方など)はスプレッド幅が広くなる傾向がある。

 

例えば、スプレッド幅が非常に狭く設定されている場合でも、変動制の場合は気を付けなければなりません。時間帯などによって、スプレッドが変動するからです。このため、原則固定の方が変動制よりも取引コストをセーブすることができるというように考えられています。しかし、原則固定だとしても先述したように、為替相場が大きく動く時には変動することがあります。

 

約定力の高さを重視しよう

ここまでの情報だと、スプレッド幅が極力狭く、原則固定を取っているFX会社を選ぶのが良いというように思えますね。ここで、スプレッドと共に頭に入れておきたいことは、約定力の高さです。実は、どんなにスプレッドが狭くても、約定力が低い場合は実質的に消費するコストが高くなってしまうことがあります。約定力というのは、トレーダーが注文を出した後に、実際に注文が確定することを指します。つまり、注文を出してから約定するまでには多少の時差があるということです。約定力が低いというのは、この時差が大きくなってしまうということです。この少々の時差が、注文した時の価格と約定した時の価格に差を生んでしまうのです。この差をスリッページといって、スプレッドにプラスしてFX会社に支払うコストとなってしまうのです。このため、約定力の高い会社を選ぶ必要があるのです。

 

基本的な情報をまとめると、利用する会社を選ぶ時には、

 

スプレッド幅が狭い

原則固定

約定力が高い

 

この条件を満たす会社を選ぶのが良いということになりますね。

 

国内FXの方がいいの?

実は上記の条件に当てはまるのは国内FXです。国内FXは原則固定で、海外よりもスプレッドが狭い傾向があります。なぜ、国内FXがこのようになっているかというと、実は注文プロセスのちがいが関わってきます。そしてこれが、冒頭でお話ししたように、本当に海外FXはスプレッドが広いからダメなのかという点につながってきます。

 

NDD方式の海外FX

海外FXの多くはNDD方式という注文プロセスをとっています。この場合、トレーダーの注文をそのまま金融機関につなげることができ、取引のスムーズさがメリットになります。通貨ペアの売買をする際には、さまざまな価格で注文が入ってきますから、それぞれの価格に折り合いがつかないと成立しないのです。このため、たくさんのトレーダーを確保することによって、数で価格の折り合いをつけていくのです。この方式をとっていると、カバー先の銀行に準じるために、スプレッドを自社で固定することが難しくなり、変動制をとっているところが多いのです。このような理由で、スプレッドが変動制のところが多いですが、一方で手数料が基本的にかからないというメリットもあります。

 

DD方式の国内FX

さて、これに対して国内FXではDD方式という注文プロセスをとっている場合が多いです。NDD方式とは反対に、DD方式だとスプレッドを固定させることができるのです。しかし大きなデメリットがあります。注文プロセスのちがいから、約定拒否が起きやすいのです。この注文プロセスというのは、トレーダーの注文をディーラーが一旦受けるというものです。このため、トレーダーの注文がストレートに伝わらない約定拒否が生じたり、意図的に遅延をはかる可能性があるのです。意図的に遅延をはかっているということを外部から認識することはできず、その注文プロセスが非常に不透明であることから、DD方式そのものを嫌うトレーダーも多いのです。これが、スプレッド幅は狭いですが、方式によって大きな損を生み出す可能性があるということになります。このため、一概にスプレッド幅が狭いから良いとは言えないのです。

 

スプレッドが広いからといってダメではない!

このように、スプレッドが狭いからといって良い、広いからといってダメということは言えないということがわかると思います。どちらにも良し悪しがありますからね。実際、国内と海外でどれほどのスプレッドの差があるのかというと、国内では大体0.30.5程度となっていますが、1.21.6程度が多いようです。もちろん幅はあり、もっと低かったり高かったりするのですが、真ん中をみてもかなりの差があるのがわかりますね。しかし、忘れてはいけないのは約定拒否やスリッページのことです。いくらスプレッドが狭くても、余計にコストがかかってしまう可能性です。この数字だけに囚われないように気を付けた方がよさそうです。

 

それぞれのスタイルに応じて会社を選ぼう!

スプレッド幅が狭いということだけで、FX会社を選ぶべきではないということがわかってもらえたと思います。例えば、スプレッド幅は気になるけど海外FXに挑戦したいという人には、キャンペーンやボーナスをうまく使うという方法があります。海外では、キャンペーン実施時に口座開設をすることで、20,000円分ものボーナスポイントをもらえる会社などがあります。また、それと共に入金ボーナスがもらえることも。これをうまく利用することで、多少のスプレッド差を埋めることができるかもしれません。例えば1.3程度のスプレッドの場合、1ヶ月に100万通貨のトレードをする時のスプレッドだけのコストを計算すると、1.3×100万通貨=13,000円になります。月にどれだけ、FXで稼げるかにもよりますが、ボーナスやキャンペーンを利用して13,000円分を全て打ち消すとまではいきませんが、何割かをまかなえたら嬉しいですよね。とはいえ、スプレッド幅はある程度狭い方が助かるということもわかっていただけたと思います。自分のトレードスタイルに合った会社を選ぶための基準の一つにしたいところですね!

おすすめの記事