高スワップポイントを狙うなら海外FX!

国内と海外のスワップポイントのちがい

スワップポイントを比較した時、どちらかというと海外FXよりも国内FXの方がスワップポイントが大きいと言われること多いです。これは全くその通りなのですが、なぜそうなっているかというと国内FXの場合、DD方式の取引スタイルを取っている会社が多く、トレーダーの損失がそのまま会社の利益になるということが関係しています。このおかげで、スワップポイントに含まれるはずの手数料が安く済むというからくりがあります。これに対して、海外FXはどちらかというとNDD方式の取引スタイルをとっている会社が多いです。この方式をとっている場合、会社は取引手数料やスプレッドによって利益を上げていきます。スワップポイントを扱う場合も、一定の手数料を差し引かなければ会社の運営ができなくなってしまうので、国内FXより海外FXの方が手数料分高く設定されているということになります。これが、国内FXの方がスワップポイントが大きいと言われる理由です。

 

一方で、海外FXは国内FXよりも取扱っている通貨の種類が多い傾向があります。世界中のトレーダーが取引するのですから、当たり前のことなのですが、これがスワップ取引にも関係してきます。国内では取り扱っていない高スワップの通貨を取り扱っている場合があるからです。こうなってくると、確かに海外FXは国内よりももらえるスワップポイントが低いという事実がありますが、一方で高スワップを狙える通貨を選択できるというメリットがあります。

 

スワップポイントを狙うなら高レバレッジが有効

スワップポインで利益を出すためには、資金が多い方がいいと言われています。取引量が増えれば増えるほど、その量に応じてもらえるスワップポイントが増えるからです。こうなると、当然FXのメリットを最大限に活用した方が、自己資金は少なく且つ取引量は多くできます。そうです、レバレッジですね。海外FXの方が、国内FXよりもレバレッジを高く設定できるため、高レバレッジ×スワップポイントと大きな利益を狙うことができるのです。海外FXの中には、1000倍以上のレバレッジを掛けられる会社もありますので、こういった高レバレッジを利用することで、より効率的にスワップポイントによる利益を上げることができるのです。

 

スワップポイントのすごいところ

実はスワップポイントとは、手数料のわりにもらえる金利が高いという点でかなり優秀です。例えば、銀行の外貨預金を引き合いに出すと、外貨預金の方がかなり手数料が高いことがわかっています。その割に、受け取れる金利はFXよりも低い上に一度始めると解約が面倒な点でもFXのスワップ運用には劣ります。単純に、1年間で考えると外貨預金と比べてFXにおけるスワップポイントの利息は2倍以上ちがいます。同じ外貨を扱うなら、FXの方がお得だということがわかりますね。

 

スワップポイントで利益を上げる時の注意点

スワップポイントはポジションを保有している限り、土日や祝日を含めて毎日入ってきます。しかし、一日単位で換算すると、スワップポイントによる利益というのは微々たるものです。このため、スワップポイントを狙った運用は、長期にわたって行う必要があるということを頭の片隅にでも置いておくようにしましょう。

 

そしてもう一つ触れておきたいのは、高レバレッジ×長期運用のリスクです。FXでは常に価格が動いています、スワップポイント狙いだからといってもポジションを持っているのですから、その値動きの影響は必ず受けることになります。値動きを常に見張るというデイトレードやスイングトレードとまではいきませんが、ある程度値動きを見て予測する必要は大いにあります。更に、予期せぬ価格暴落などの影響もしっかり受けてしまいますので、これに対する損切りの設定などは事前に必要となるでしょう。

 

また、短期トレードだと目に見えて増える利益のように、長期トレードではそこまでの利益を得ることができません。もちろん、スワップポイントによって毎月利益は出ますが、そこまでがっぽり!と考えるとかなりの資金投資が必要になるということも覚えておきましょう。

ほとんどのトレーダーがこうしたことから、スワップポイント狙いの長期トレードと同時に、短期トレードでもしっかり稼いでいるという事実も忘れてはなりません

 

高スワップを稼ぐためにはリスクも背負う必要がある

先程から注意点ばかりで申し訳ないのですが、もう一つだけしっかり頭に入れておかなければならないことがあります。それは、高スワップを得るということは、自ずと発展途上国の通貨を扱うことになるということです。発展途上国の通貨を利用することによって、メジャー通貨ではありえないほどの高金利でスワップ運用ができるようになります。ところが、発展途上国の通貨というのは為替変動のリスクが非常に大きいというデメリットがあります。せっかく高スワップを貯めていても、それが一瞬で溶けるような価格変動が起こる可能性があるということです。実際にこれまで、そういったことが起きたという事実は確かにあります。そして、その際にその通貨を扱っていたトレーダーたちがどれだけの損失を出したか…。ですから、高スワップを狙うために発展途上国通貨を扱うということは、それだけのリスクがあるということを理解し、常にその国の情勢や経済の動きを見張っておく必要があるのです。

 

スワップポイントを稼ぎたい時にはどんな会社を使えばいいの?

さて、ここからはスワップポイントを狙うためには、どんな会社を使ったらいいのかということについてご説明していきます。スワップ運用の際には、「アービトラージ」の有無が考慮されるべきです。アービトラージとは、要するに両建てのことです。スワップポイントは、本来なら買いポジションと売りポジションを両建てするとマイナスになるのですが、ある一部のスワップポイントだと両建てをしてもプラスになるということがあります。このプラスになる通貨ペアを選んで、アービトラージつまり両建てすることによって、より安定した利益をあげることができるのです。ところが、海外FXでは両建てそのものを禁止している会社があります。このため、両建てができる会社を選ぶことによって、より効率的かつ継続的にスワップ運用ができるということなのです。

 

GEMFOREXを利用してスワップポイントを稼ごう

 

 

アービトラージが許され、かつある程度の通貨の種類を取扱っている会社として「GEMFOREX」がおすすめです。普通に考えて、買いポジションと売りポジションのどちらかのスワップポイントがプラスになれば、どちらかはマイナスになるというのが道理ですよね。上述したように、両方がプラスなんてことあり得るのでしょうか?

 

こちらの画像をご覧ください。これは、GEMFOREXの公式ホームページに掲載されているスワップポイントの表です。このように、買いポジションも売りポジションもスワップポイントがプラスになっていることがわかりますね。これを利用すると、スワップポイントを稼ぐだけでなく、為替変動のリスクに対応したり、タイミングを合わせれば為替差益を狙ったりすることも可能です。

 

 

この手法は、特定の条件の下でのみ有効となります。それを満たしているのがGEMFOREXです。これを機会にぜひ、GEMFOREXで口座開設をしてスワップ運用に挑戦してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事