兼業トレーダーは海外FXがおすすめ!なぜ海外FXがいいのか?

最近では、手軽に始められるFXが副業として人気を集めており、日本でも兼業トレーダーが増えているところです。副業の場合は、本業の安定した収入がありますかFXでの収入をそこそこにしても十分余裕がある生活を送れますよね。今のところは兼業トレーダーとして、そこそこの収入を目指してみたいな…という人に向けて、今回は海外FXを選ぶことで副業としてのFXを充実させる秘訣についてご紹介していきます!

 

兼業トレーダーでいくら稼ぎたい?

さて、まずは兼業トレーダーとしていくら稼ぎたいかということをざっくりでいいので想像してみてください。まずご自身の現在の年収はいくらぐらいでしょうか。日本の30代サラリーマンの平均年収は455万円程度というデータがあります。これにどれくらいプラスされればご自身の生活に満足できるか、ということを考えると想定しやすいと思います。プラス100万円でも十分ですが老後のことを考えて、200万…300万円くらいでしょうか?人それぞれかと思いますが、一般的に兼業トレーダーのFXにおける年収は100~500万円程度とされています。重複しますが、こうしてまずは自分の年収の目標値をざっくりでいいので想像してみてくださいね。

 

副業FXで月10万円を目指したい!

例えば、月10万円分の収入をFXで得られたとします。すると、FXのみの年収で120万円となりますよね。これだけあれば兼業トレーダーとしては十分なほどです。さて、ここで新たな問題が浮上するわけです。月10万円を稼ぐためにはどのFX会社を選べばいいのかということです。今回は平均年収455万円の30代サラリーマンが副業としてFXを行う場合を想定していますので、この働き盛りの世代ではきっと仕事に時間が取られてまとまった時間を取るのが難しい、毎日トレードを続けるのは難しい、そういった課題が出てくると考えられます。しかし一方で、安定した収入がありFXに投資できる資金が確保できる上、心理的な余裕も生まれます。専業トレーダーの場合は、FXの収入で食べていかなければならないので自然とそのプレッシャーも大きくなりがちですし、損をすればその分だけ自分の生活費に影響を与えることもあります。本来ならそうならないように資金をやりくりしていくのですが、特に専業トレーダーになりたての頃は収入も安定しにくいので、こうしたことは起こりやすくなっているのです。これに対して兼業トレーダーは先程申し上げた通りのメリットもありますから、そのメリットを最大限に生かす方法をしっかり知っておくべきでしょう。

 

兼業トレーダーに海外FXをおススメする理由とは?

さて、ここまで兼業トレーダーのメリット・デメリットについて軽く触れましたが、これらを踏まえておススメするのが海外FXです。それでは、なぜ海外FXがいいのか、その理由をご説明していきます。

 

ハイレバレッジをうまく活用できる!

重複しますが、兼業トレーダーの場合は本業に割く時間が多いため、画面に張り付いて行うようなトレードはなかなか難しいですよね。こなってくると、短時間のトレードである程度の利益を狙っていかなければなりません。ここで活用できるのが、海外FXならではのハイレバレッジです。国内FXの場合は最大レバレッジが25倍という規制があって、どの会社もそれ以上のレバレッジを個人で掛けることができません。ところが、海外FXはその規制がありませんので、ハイレバレッジをうまく活用したトレードを行うことができるという利点があります。

 

ゼロカットシステムを利用して安心してトレードできる!

これが最も大きな理由といっても過言ではありません。海外FXはゼロカットシステムというのがあります。予期せぬ価格変動によって、損失が証拠金を下回りそうになった時、口座残高が0を下回らないように自動的に損切りをしてくれるシステム、と言えばわかりやすいでしょうか。つまり、どんなトレーダーで大きな失敗をしても、口座残高が0を下回ることはありません。国内FXの場合はこうしたシステムを導入できない規制があり、急な価格変動の影響を受けて口座残高が0を下回る可能性がないと言えません。こうした影響を受けて、実際に口座残高がマイナスになった場合は、それを肩代わりしてくれているFX会社にその分を支払わなければならない「追証」が発生します。国内は追証のリスクがありますが、海外はそれがないということですね。このため、トレーダーたちは安心してトレードに集中できるわけです。

 

税金の面で実はお得!

国内FXと海外FXで税金のかかり方が違うのはご存知でしょうか?このちがいから、海外FXは税金がかかりすぎる!というイメージを持たれている方も多いのが現状です。しかし、ある一定のラインまでは実は海外FXの方が、税金がかからないということを今回はご説明していきたいと思います。

国内FXの場合は、どんなに稼いでも税率が20.315%から変わりません。ですから、FXの収入が増えてもそこまで納税額が増えるわけではありません。一方で、海外FXの場合は累進課税の仕組みをとっているので、税率は最大45%まで上がります。

 

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195~330万円(以下) 10% 9万7500円
330~695万円(以下) 20% 42万7500円
695~900万円(以下) 23% 63万6000円
900~1800万円(以下) 33% 153万6000円
1800~4000万円(以下) 40% 279万6000円
4000万円超 45% 479万6000円

 

この表は、累進課税のしくみにのっとった海外FXの年収にかかる税率と控除額に関する表です。ご覧の通り、海外FXによる収入が4000万円を超えた示談で税率は45%とかなりの税金が持っていかれることがおわかりだと思います。海外FXの場合はこの部分に注目され、税金面でデメリットがある!と言われがちです。ですが、実際に兼業トレーダーで年収4000万円を超えて稼ぐ場合は少ないでしょう。実は、ある一定のラインまでは海外FXの方が納める税金が安くなります。

計算をしていくと(累進課税の計算はとても複雑なので省略します。)、431万9500円という額で海外FXにかかる税率が20.135%になることがわかります。つまり、国内FXと同率ですね。つまり、これを下回る年収額の場合は、国内FXよりも低い税率で納税するということになり、海外FXの方がお得なのです。まさに、兼業トレーダーの一般的な年収の額と重なりますよね。ということは、兼業トレーダーとしてFXを行う場合には、海外FXの方が税金的にもお得だということなのです。

ただし、一つだけ注意しておかなければなりません。国内FXの場合は赤字を繰り越すことができ、これが3年間有効とされるのですが、海外FXの場合はその繰り越しが一切できないという点です。しかし、その点を除けば海外FXの方がお得なのは間違いありません。税金はもちろん支払わなければ罰則を受けることになりますが、節税することはできます。

また、海外FXの場合はボーナスがとても充実していることが有名ですが、このボーナスは資産には入りませんので、税金がかかりません。つまり、ボーナスをうまく使うことで節税しながら、利益を上げることができるということですね。

 

まとめ

今回は、兼業トレーダーとして稼ぐなら海外FXをおススメしたいという理由についてご説明しましたが、そのお得さをおわかりいただけたでしょうか?これから副業としてFXを始めようと思っている人は、是非海外FXの利用を考えてみてくださいね!

おすすめの記事