XLNTradeとは、2015年頃からヨーロッパを中心に活動している「K-DNA Financial Services LTD」という投資会社のグループ会社で、FX会社としての活動は2018年から開始したばかりの、比較的新しい会社です。

 

まだ実績は少ないとはいえ、提供しているサービスは決してクオリティの低いものではなく、国内外問わず多くの投資家に評価されています。

今は新規の口座開設を中止していますが、今後ふたたび新規での口座開設を募集するかもしれないので、XLNTradeに関する情報をお伝えしていきます。

また募集を再開した時のためにいくつかのポイントに分けて説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

XLNTradeを利用するメリット

XLNTradeで実際にトレードを利用するうえで、メリットとなる部分はどのようなことでしょうか。投資家の方が気になる部分を、できるだけ詳しくご紹介します。

 

①取引手数料が無料

多くのFX業者では、取引をする時に手数料をとられますが、XLNTradeは手数料をとられません。なので、他のFX業者と比較すると少し得をした状態でトレードを開始することができます。

手数料がないかわりに、スプレッドの幅はそこまで狭くはありません。投資家の方によっては、少し広いと感じてしまう方もいるかもしれません。分かりやすいように他の有名FX業者と比較して表にまとめます。

 

                         XLNTrade iFOREX

USD/JPY             1.0pips   0.9pips

EUR/JPY             1.0pips   1.3pips

CAD/JPY             3.0pips   1.5pips

AUD/JPY            4.0pips   3.6pips

CHF/JPY             4.0pips   2.3pips

GBP/JPY             3.0pips   2.5pips

NZD/JPY             6.0pips   3.2pips

ZAR/JPY             10.0pips 1.57pips

EUR/USD           1.0pips   0.9pips

 

通貨ペアによってはスプレッド幅が広くなる部分もあるので、自分のスタイルに合った通貨選びも大事です。

 

②大きなレバレッジを賭けることができる

XLNTradeで賭けることができるレバレッジ倍率は、最大で400倍です。国内のFX業者が最大で25倍までのレバレッジしか賭けることができないのを考えると、この数値はとても魅力的です。

仮に1万円を入金したとしても、400倍のレバレッジで取引すると400万円で取引したこと同じトレードが可能になります。少ない資金で大きな取引が可能になるわけです。そのかわり、取引で損失を出してしまった時も同様に400倍の負債を背負うことになるのですが、XLNTradeはゼロカットシステムを採用しているので問題ありません。

ゼロカットシステムとは、投資家がトレードで負けて元手以上の損失を出してしまったとしても、元手をはみ出した分の負債に関してはFX業者がかわりに請け負ってくれるので、投資家は借金を背負わずに済むというものです。

借金を背負う心配もなく大きなレバレッジを賭けることができるのはとても嬉しいですね。

 

③日本語での対応のレベルが高い

XLNTradeは、日本語対応のレベルの高さにも定評があります。公式サイトやマイページなどはもちろん日本語での閲覧が可能ですが、なにかの問題が発生した場合にサポートデスクに問い合わせても、しっかりと日本語で対応してくれるので分かりやすいです。

 

XLNTradeを利用するうえでのデメリット

いろいろと魅力的な部分の多いXLNTradeですが、デメリットとなる部分もしっかりと把握しておかなければいけません。

 

①スキャルピング行為が禁止されている

スキャルピングというのは、短時間の間に売りと買いの注文を繰り返して利益を出すテクニックのことを言いますが、XLNTradeではスキャルピングを禁止しています。なので、小さな勝ちをコツコツ積み重ねていきたいトレーダーにとっては、あまり向いていないかもしれません。

 

②取引方式がDD方式

取引方式には大きく分けて2種類あります。それは、DD方式と呼ばれるものと、NDD方式と呼ばれるものです。まずはこの2つの違いを説明します。

 

DD方式

この方式は、投資家とインターバンクとの間にFXディーラーが仲介するものです。投資家から受けた注文をFXディーラー側で一度決済しなければいけないので、それだけ時間もかかりますし、市場の変化によってはディーラー側に損失が出る場合があるので、注文自体を拒否されてしまう可能性があります。

この方式は主に国内のFX業者で採用されています。

 

NDD方式

この方式は、投資家とインターバンクが直接取引をすることができるので、注文自体が拒否されることもありませんし、約定までのスピードも桁違いに早くなります。なにより、投資家とインターバンクの間に仲介が入らないので、取引自体に透明性があります。

この方式は、主に海外のFX業者で採用されています。

XLNTradeではDD方式を採用しているので、一度の注文に対する時間もかかってしまいますし、状況が悪いと注文自体を拒否されてしまうこともあります。この点は投資家のトレードスタイルによっては適していないかもしれません。

 

③入金方法が限定されている

XLNTradeを利用するうえで、資金を入金する方法は3種類しかありません。クレジットカード、bitwalletZOTAPAYです。これらはすべて手数料無料で利用できるので、そこは良い点かもしれませんが、それでもやはり入金方法は少ないです。

 

④信託保全制度が導入されていない

信託保全とは、利用しているFX会社が倒産した時に、投資家が預けていた資産を守ってくれる制度のことですが、XLNTradeでは信託保全が採用されていません。なので、もしなんらかの問題が発生して利用しているFX会社が倒産してしまった場合には、投資家が預けている資産に関しては戻ってこなくなってしまうので注意してください。

 

XLNTradeのボーナス制度

多くのFX業者が、新規顧客獲得のために提供しているボーナス制度ですが、XLNTradeではどのようなボーナスを提供しているのでしょうか?

・初回入金ボーナス

口座を開設して入金が済んだ段階でもらうことのできるボーナスで、入金額によってもらえる金額は変わります10万円までの入金に対しては125%、それ以上の金額に関しては、上限を200万円として40%の金額をもらうことができます。

仮に10万円を入金したとしたら、もらえる金額は合計で12万円5000円となります。もし100万円を入金した場合、もらえる金額は485000円となります。

他のFX業者と比較しても、これだけ豪華なボーナスを提供している会社は少ないです。元手の少ない投資家にとっては、とてもうれしいサービスですね。

 

XLNTradeのライセンスと信頼性

XLNTradeの日本人向けアカウントは、セントビンセントグレナディーンという場所にあるエクロン株式会社によって運営されています。

 

同じグループであるヨーロッパのアカウントは、しっかりとしたキプロスのライセンスを取得しています。ただ注意してほしいのは、これらのライセンスは日本人利用者に適用されるものではないので、日本人がXLNTradeで利用を開始しようとした場合には、ライセンスが適用されていない状態での利用となります。

 

XLNTradeが選ばれる理由

XLNTradeが世界中の投資家から選ばれる理由とはなんでしょうか?

 

取引手数料が無料

日本人に対してのサポート対応が完璧

入金時の手数料が無料

 

基本的に、XLNTradeは他の会社と比べても手数料などのお金が少なく済みます。なので、元手が少ない状態から取引を開始したいトレーダーにとっては、とても良い環境だと思います。

 

まとめ

多くの投資家から愛されているXLNTradeですが、利用する上であまりお金がとられないという部分が大きいと感じました。

もし少ない資産でトレードを始めて、資産をもっと増やしたいという投資家がいるなら、XLNTradeで利用を開始するのがいいかもしれません。実際にトレードを始めてみると、手数料やスプレッドなどがどれだけ影響してくるのかも分かるので、きっと勉強にもなると思います。

おすすめの記事