海外FX初心者でも安心!XMの長所・短所と口座開設手順

 

レバレッジの高さに魅力を感じ、日本国内のFX業者ではなく海外FXに興味が出たという人も多いのではないでしょうか。海外FX業者はレバレッジが非常に高いため、少ない元手でもしっかり稼げるチャンスがあります。
一方で、日本語に対応していなかったりすると不安に感じてしまうものです。

そんな海外FX業者の中でも初心者にも安心しておすすめできるのが、「XM(XMTrading)」です。日本でも非常に人気が高く、しっかりした海外FX業者の印象が強い業者の1つです。

ここでは、XM(XMTrading)の魅力やメリット・デメリット、実際に口座開設する手順などを詳しく解説していきます。特に口座開設は、海外FX初心者にとってハードルが高く感じてしまうものの1つではないでしょうか。そこでキャプチャ画像とともにポイントを解説しますので、この記事で一緒に口座開設してみましょう!

 

XM(XMTrading)の最新キャンペーン

XM(XMTrading)では、大きく分けて2つの魅力的なキャンペーンを開催しています。このキャンペーンは新規加入だけでなく継続利用されている方向けのものもありとても好評です。
ここでは、XM(XMTrading)の魅力的なキャンペーンについて紹介します。

 

XM 新規口座開設ボーナス

XM(XMTrading)では、新規登録時に証拠金として無料で利用できる3,000円のボーナス資金が付与されます。いきなり自分の資金を投入してもFX初心者だとなかなか要領が掴めなかったり、単純なミスであっという間に溶かしてしまったりということは多々あります。ボーナスは3,000円分と見た目には少額かもしれませんが、海外FX業者の場合はハイレバレッジを効かせられるのでこの額でも十分ありがたい特典と言えるでしょう。取引に気軽にチャレンジできるボーナスが付与されるというのはとてもありがたいですね。

そのボーナスですが、リアル口座開開設時に身分証明書と現住所証明書を提出し、有効化が完了した後に会員ページから請求することができます。XMTradingにて初めて登録された方であれば全員が獲得できるボーナスですが、あくまでも自分から請求しなければならない点には注意が必要です。
ちなみにこのボーナスは口座の中に実際の資金を入金する前でも受け取ることができます。

 

XM 入金ボーナス

XMTradingでは口座開設時に3,000円のボーナスを得ることができるだけでなく、なんと入金時にもボーナスが付与されるんです。「XM 入金ボーナス」というキャンペーンで、入金した金額に応じてXMTradingからトレード専用の資金を入金額の20~100%が加算されます。
具体的なボーナス額と入金額をまとめましたので参考にしてみてください。

 

入金額 適用ボーナス ボーナス額 合計有効証拠金
$5 $5.00に対して100% $5.00 $10.00
$500 $500に対して100% $500 $1,000
$1,000 $500に対して100%
$500に対して20%
$600 $1,600
$2,000 $500に対して100%
$1,500に対して20%
$800 $2,800
$5,000 $500に対して100%
$4,500に対して20%
$1,400 $6,400
$10,000 $500.00に対して100%
$9,500.00に対して20%
$2,400 $12,400
$20,000 $500に対して100%
$19,500に対して20%
$4,400 $24,400
$23,000 $500に対して100%
$22,500に対して20%
$5,000 $28,000

 

100%ボーナスが適用されるのは500ドルまでですが、500ドルを超えた部分の入金に対しても、ボーナス総額が5,000ドルに達するまでは入金額の20%のボーナスが付与されます。
この入金ボーナスは、初回の入金に限らず2度目以降の入金にも適用され、受け取り可能なボーナス金額は会員ページから確認可能です。特に申請なくただ入金するだけで適用されるので、なるべく多くの資金を入金することで、大きな金額のボーナスをもらうことができます。

ちなみに、ボーナス自体を出金することは不可能ですが、ボーナスを利用したトレードで得た利益は出金できます。
ただしこのボーナスは、口座から資金を出金した時点で残高に対する出金額の割合に応じて加算される点、低スプレッドに特化した「ゼロ口座」を利用の場合、XM ご入金ボーナスは適用されないので注意しておきましょう。

 

XM(XMTrading)の口座開設手順

最初にも記載しましたが、海外FXへ挑戦する一番のハードルとなるのが口座開設ではないでしょうか?
海外FX業者となるとたとえ日本語対応していたとしてもわかりにくいところもあり、それがネックになっている人もいることでしょう。中には単なる翻訳ツールで日本語訳したものを掲載しているホームページもありますので、日本語として不明瞭なものであるにも関わらず、普通に「日本語対応」とうたっているところもあります。

しかし、XM(XMTrading)の場合、他のFX業者と比較してもしっかりと日本語対応しているのと、サポート体制も充実していることから口座開設も安心して行うことができます。
ここではXM(XMTrading)への口座開設方法について紹介します。

ではまず、XM(XMTrading)のトップページにアクセスしましょう。

トップページ真ん中に「口座を開設する」ボタンがあるのでクリックします。もし事前にXM(XMTrading)の仕様がどのようなものか、動作確認をしてから口座開設したい場合は「デモ口座開設」を選択するようにしましょう。

口座を開設するボタンを押すと、個人情報の入力画面が表示されるので記入例に従ってローマ字で入力してください。電話番号は、国番号以降、頭の0を抜いた形で入力する点に注意しましょう。
Eメールは、後ほど認証メールが届きますので、普段使っているアドレスを記入しておくようにします。

 

ページ下部には「取引プラットフォームタイプ」と「口座タイプ」を選択する項目があるので、希望するものを選択して「ステップ2へ進む」を押してください。今回はMT5で開設しています。

 

ステップ2では、日本語で個人情報を入力していきます。

 

この部分では口座の詳細や投資家情報、口座パスワードを入力します。
口座の基本通貨は基本的に「円」を、レバレッジはリスクに応じて自分の希望するものを選択、口座ボーナスはメリットが大きいのでぜひ「受け取る」にしてください。
また、投資家情報は自分に該当する項目を選択しましょう。パスワードについては小文字、大文字、数字の3種類の文字を含める必要があるのでよく考えて決定するようにしましょう。

 

最後に、各種同意事項について注意書きをしっかり読んで理解した上で同意してリアル口座開設ボタンを押します。

登録が完了すると上記の画面が表示され登録したメールアドレスにメールが配信されます。
メール配信後24時間以内にリンクをクリックしてメールアドレスを認証する必要があります。

 

認証が完了するとリアル口座開設が完了します。付与されたIDとパスワードを入力してログインボタンを押せば、
口座へのログインができます。

本人確認について

口座開設が済んだら、その口座を利用できるようにするために本人確認を行いましょう。

本人確認のために必要な書類

(1)身分証明証 ※本人の顔写真が入ったもの

運転免許証
パスポート
マイナンバー
写真付き住基カード
外国人登録証・在留カード
写真付き障害者手帳

のいずれか1点

(2)住所確認書類

健康保険証
マイナンバー
公共料金請求書・領収書
電話料金明細・請求書
クレジット・銀行明細請求書
住民票
納税書類 など

いずれか1点、発行より6ヶ月以内のもの

マイページに入ると本人認証の指示のポップアップが出ます。
それに従って、上記2種類の書類をアップロードしておきましょう。

口座タイプについて

XM(XMTrading)では、

マイクロ口座(Micro)
スタンダード口座(Standard)
XM Zero口座(ECN口座)

の3つが用意されています。

マイクロ口座(Micro)は、1ロット=1,000通貨単位となっていて、最小ロットは10通貨単位です。
初心者の方にも安心、少ない資金で取引できるのが魅力的です。

スタンダード口座(Standard)は、チケットサイズが1ロット=100,000通貨単位となっていて、最小ロットは1,000通貨単位です。マイクロ口座で取引経験を少し積んだ人~プロのトレーダーに適している口座で、XMの3つの口座タイプの中で最も多く活用されています。迷ったらこちらを選択しているとよいかもしれません。注文数量が多くて、頻繁に取引される方に適しています。

XM Zero口座(ECN口座)は、チケットサイズと最小ロット数はスタンダード口座と同様となりますがECN(低スプレッド)方式です。Zero口座の場合、スキャルピングなどの高頻度の取引が可能で、MT4、MT5のEAの自動売買を使用するトレーダー向きの口座です。
このように、ニーズに応じて様々な取引ができるように、3タイプの口座が用意されています。

 

XM(XMTrading)とは?

XM(XMTrading)は、数多くある海外FXブローカーの中でも人気が高いサービスを提供しています。以下にXM(XMTrading)の基本情報をまとめてみましたので参考にしてみてください。

会社名 Trading Point of Financial Instruments Ltd.
ライセンス CySEC/Cyprus,FCA/UK,FSP/NewZealand, BaFin/Germany,CNMV/Spain,AFM/Netherlands,FI/Sweden,FIN/Finland, ACP/France, PSZAF/Hungary, CONSOB/Italy, KNF/Poland
所在地 12 Richard & Verengaria Street,Araouzos Castle Court, 3rd Floor,3042 Limassol, Cyprus
設立年月日 2009年6月19日
社員数 180名以上
資本金 未公開
日本人サポート 11人
サポート対応時間 平日24時間

ここでふとXMとXMTradingの違いについて気になった方はいないでしょうか?
表記の違い?いえ、実は少々事情があるのです。

XMとXMTradingは、正確には同じ会社が運営しているのですが、実は微妙にサービス内容は異なっています。単純に言えば2つのドメインで運営されており、XMTrading.comがXMの日本人向けサービス用のドメイン、XM.comがXMのグローバル向け公式サイトという位置づけになっています。

XMは世界共通のサービスを提供するグローバル企業ですが、ライセンスごとにブランドを保有している形になっているためにXMとXMTradingは、正確に言えば別ブランドという形になります。それぞれにアクセス制限がかかっているため、日本以外の国からはxm.comにアクセス可能なのですが、日本国内からxm.comのドメインでは口座を開設できません。

XMは2009年に運営を開始、2018年には新規口座開設数が100万人を突破している実績があります。FX業界において新しいブローカーが誕生してはすぐに消えるという傾向がある中、すでに10年以上の実績がある点において非常に安心感があります。XMは日本でも知名度がありますし、日本人向けのサービスやサポート体制も充実しています。

 

XM(XMTrading)の信頼と安全性(各種ライセンスや保全方法など)

法人名 所在国 ライセンス
Trading Point Holdings Ltd (本社) キプロス共和国
キプロス証券取引委員会(CySEC)
ライセンス番号:CySEC 120/10

Trading Point of Financial Instruments UK ltd イギリス
英国金融行動監視機構(FCA)
ライセンス番号:705428

Trading Point of Financial Instruments Pty Ltd オーストラリア
オーストラリア証券投資委員会(ASIC)
ライセンス番号:443670

Tradexfin Limited (日本向け) セーシェル共和国
セーシェル金融庁ライセンス
ライセンス番号:SD010

XM(XMTrading)グループ全体で見ると、イギリスやキプロスなどの規制が厳しい金融ライセンスを取得しているのが特徴です。日本向けの「XMTrading」としても、セーシェル金融庁の金融ライセンスを取得していますし、実務はキプロスの本社でわれているために、サービスレベルとしてはキプロス証券取引委員会(CySEC)管理と何ら変わりがありません。その点でも、安心して利用できるサービスであると言えるでしょう。

また、FX業者を選定する時に押さえておきたいのが「資金補償」についてでしょう。
日本国内のFX業者の場合は、万が一FX業者が破綻したとしても証拠金や利益は全額返還される仕組みになっています。しかし海外FX業者の場合は、日本の法律外にあたりますので、補償があるかどうかはそのFX業者に委ねられてしまいます。

XMではキプロス法人とセーシェル法人で管理の方法が異なっているものの、キプロスのXM本社ではCySEC(キプロス証券取引委員会)が定めている投資家補償基金(ICF)に加入しています。これにより、万が一XMが倒産したとしても1人あたり最大2万ユーロまではICFによって補償されることになっています。
また資金については、本社をはじめ各国の支社においても「分別管理」の方法をとっており、顧客の証拠金はイギリスのバークレイズ銀行に預けています。

ただし、日本向けの「XMTrading」に限って言えば、2016年から日本人向け口座に関して2万ユーロまでの信託保全が適用されなくなりました。つまり日本人向け口座に対しては、もしもの場合のリスクヘッジは分別管理のみ、ということになります。

とはいえ、XMTradingではドイツやスイスの優良銀行にて完全分別管理されているため、万が一XMが倒産しても上限なく全額保証する仕組みが構築されていますし、XM自体は現状健全な経営をしていることから、もちろん自分自身でリスク管理する必要はあるものの、ある一定の信頼はおけると言えるのではないか、と思います。

XM(XMTrading)の長所(メリット)

XM(XMTrading)は、日本でも人気がある他社と比較しても大きなメリットが存在しています。
他に有名なブローカーであるGEMFOREXやiFOREX、FBSと比較して、具体的なXM(XMTrading)のメリットについて紹介していきます。

①少額でも十分取引できる

海外FX業者の場合、レバレッジを高くかけられるので元手が少額でも大きな額の取引ができます。しかし一応「最低入金額」というものが設定されており、最低でもその額の入金が必要とされています。たとえばFBSでは、100ドルは最低でも入金しなければなりません。

しかしXM(XMTrading)の場合、最低入金額は5ドル。ごくわずかな資金でも取引を始められます。

海外FX業者 最低入金額
XM(XMTrading) 5ドル
GEMFOREX 1ドル
FBS 100ドル

いきなり多額の資金で始めてもリスクが高いだけですし、スタートは小資金で様子を見ながら徐々に資金を増やしていけるXM(XMTrading)はとても良心的であると言えるでしょう。

②開設ボーナスがある

冒頭でもお伝えしましたが、XM(XMTrading)では口座開設するだけでボーナスが3,000円付与されるという点も魅力です。

海外FX業者 口座開設ボーナス
XM(XMTrading) 3,000円
GEMFOREX 30,000円
iFOREX なし
FBS 100~123ドル

ただし、GEMFOREXやFBSよりはボーナス額としては低くなっているため、より高額のボーナスを狙いたい人は他の海外FX業者も検討して総合的に判断すると良いでしょう。ボーナスはそのまま出金できませんが、利益が出た段階で引き出すことができます。

③約定スピードが早い

FXの世界では、取引したい時に確実に取引できるかが重要です。特に、超短期取引である「スキャルピング」をする際には、たった一秒のロスが命取りとなることも。そのため、運用システム同様に約定スピードの速さが重視されます。

XM(XMTrading)では、NDD(ノンディーリングデスク)方式と呼ばれる取引方法を採用しています。これは、他のFX業者でも利用している仕組みではありますが、執行率99.9%で約定スピード平均0.276秒、99.35%を1秒以内に約定して約定拒否なし、という仕組みとなっています。これは他の海外FX業者と比較しても速いほうで、より確実な取引が可能です。

また、海外FX業者では約定スピードの遅延が発生しがちですが、これは海外サーバーと日本のパソコンとの間で地理的な距離が問題となっていることも多く、光回線を利用していても日本と外国の距離でコンマミリ秒の遅延がどうしても発生することがあります。

その点XM(XMTrading)の場合は、VPSサーバーというサーバーの利用が可能です。VPSサーバーを利用することで、海外FX業者と同じ場所にサーバーに位置することができるため、地理的遅延が発生せず、素早い速度での約定ができます。
スキャルピングは難易度も高いので、FXのスキルが中級以上になってからトライしてみてほしいものですが、5,000ドルの口座残高があって1ヶ月以内に往復5ロット以上の取引をしている場合はVPSサーバーが使えるので、ぜひ積極的に利用してみましょう。

④MT5が利用できる

これも少々中級向けの話にはなりますが、FXで上手に取引をしようとすると市場の動向のチェックが重要になります。そこで利用したいのがプラットフォームです。

FXの世界では、「MT5」というプラットフォームがメジャーで、多くのツールが実装されていています。また、自分でオリジナルのテクニカル指数を作成することができるなど上級者にも魅力的なツールです。

XM(XMTrading)ではMT5に対応しており、指数を確認しながらよりテクニカルな取引が可能となっており、国内のFX業者ではMT4までしか対応していない会社が多いものの、海外FX業者では概ね対応しており、XM(XMTrading)も例外ではなく対応しているのはトレーダーにとっても安心材料の一つとなっています。

なおXM(XMTrading)の場合、次のような機能も利用できるのが魅力的です。

株価指数、FX、貴金属およびエネルギーを含む55以上の銘柄が利用できる
1つのログインで7つのプラットフォームへアクセス可能
最狭0pipsのスプレッドで利用可能
EA機能を完全装備
ワンクリック取引ができる
全注文タイプに対応している
80以上のテクニカル分析ツールが利用可能

⑤日本語に完全対応している

ここまでいろいろ見てきましたが、やはり海外FX業者で最も不安に感じるのは言語面ではないでしょうか。英語があまり得意でないない人にとって、日本語に対応しているかどうかは海外FX業者選定においては非常に重要です。
現に、ホームページ自体が単純に翻訳しただけでどこかぎこちなさを感じるサービスがあるのは事実です。

しかしながらXM(XMTrading)の場合は、日本語にも全く違和感ないホームページとなっていますし、チャットやメール、コールバックなどのすべてのサポートを日本人のオペレーターが平日24時間体制で対応しています。本社など海外との時差も関係なく、24時間対応してくれるというのは素晴らしい試みです。
日本人オペレーターとそつなく会話できて安心ですから、特にFX初心者にとってはありがたいですね。

他社の日本語サポート状況は、以下のようになっています。

海外FX業者 日本語サポート対応
XM(XMTrading) 対応
GEMFOREX 対応
iFOREX 対応
FBS 一部対応

FBSでは、2017年より日本語対応がスタートしていますが、完全対応しているわけではありません。公式ホームページもただ翻訳ソフトを使って日本語訳したような印象があるため、あまり読みやすいものではありません。実際意味が分からない箇所も多々あります。
その点ではXM(XMTrading)のように完全対応しており、24時間サポートしてくれるというのはすごいですね。

⑥最大レバレッジが888倍と高い

XM(XMTrading)では最大888倍のレバレッジを掛けることができるので、少額でも大きな利益を出しやすくなっています。もちろんリスクが高くて怖いという場合は、レバレッジを低く設定できますので、まずは低レバレッジから始めてみるのもありでしょう。

海外FX業者 最大レバレッジ 証拠金維持率
XM(XMTrading) 888倍 20%
GEMFOREX 1,000倍 20%
iFOREX 400倍 0%
FBS 3,000倍 20%

また、レバレッジと同時にチェックしておきたいものに証拠金維持率がありますが、XM(XMTrading)では20%に設定されていることでリスク回避できます。

⑦口座への反映がしやすい

FXにおけるスムーズな取引の要因として、入金してから反映されるまでのスピードや簡単さも重要です。特に海外FX業者の場合、国を跨いでの入出金となるためどうしてもタイムラグが生じてしまいます。
しかし、XM(XMTrading)では、様々な入金方法を用意して口座への反映、口座への入金のしやすさを向上させています。

XM(XMTrading)では、次のような方法で入金することができます。

クレジットカード入金
国内銀行入金
ビットコイン入金
bitwallet入金
海外銀行送金

コンビニのATMやネットバンキングなどを利用して入金することもできて非常に便利ですし、海外FX業者への入出金は、海外FX初心者が戸惑いがちなポイントでもあるので、身近なところから入出金できる点も日本人にとって利用しやすいサービスである理由となっています。

 

XM(XMTrading)の短所(デメリット)

以上のようにXM(XMTrading)は日本人トレーダーにとってのメリットも多いものの、デメリットもいくつかあります。

①スプレッドが広め

これは海外FX業者全体的に言えることですが、スプレッド(売値と買値の差:FX業者にとっての実質的な利益)が広めに設定されています。スプレッドが広いことによって、どうしても利幅が減ってしまうデメリットがあります。
この点はXMも例外ではありません。

その理由の1つには、XM(XMTrading)がNDD方式を導入していることがあります。主要な海外FX業者の参考スプレッドで比較してみましょう。

iFOREXやFBSは低めのスプレッド
XM(XMTrading)は若干広めのスプレッド
GEMFOREXがとても広い

と分析できます。よって、スキャルピングでより細かく利益を上げたいという人は、XM(XMTrading)以外のFX業者も合わせて検討した方が良さそうです。

②国内金融庁に認可されていない

海外FX業者全体的に言えることですが、ハイレバレッジで稼げるチャンスがある反面、日本の金融庁の管轄外になるため、リスクが高いのは大きなデメリットです。
金融庁に登録するにはレバレッジ設定を最大25倍に抑える必要があるため、XM(XMTrading)に対して、日本の金融庁は認可していません。そのため、もし大きな相場変動などでトラブルに巻き込まれたとしても、保護してもらえない可能性がある点は事前に理解しておく必要があります。リスク回避をした資金管理はきっちりと自分自身で行っておきましょう。

③出金や送金に手数料がかかる

少々仕組みが難しいのですが、XM(XMTrading)は「国内送金」ができるので、基本的にXM(XMTrading)への送金手数料は発生しません。

ただし、それを受け取る銀行や中間銀行で手数料を取られるケースがあります。
たとえば、10万円以上の出金時には最大4,000円ほどの手数料がかかることとなります。他の海外FX業者でも同様のデメリットがありますが、せっかく利益を上げても手数料で搾取されてしまうというのは少々残念です。

④一定期間利用がない場合は口座維持費が発生する

XM(XMTrading)では、90日間利用実績がない場合、毎月5$の口座維持費(口座手数料)が残高から引かれます。そのため、たまにしか取引しない人には向いていません。
また、口座残高が無くなった時点で口座凍結されてしまうので注意が必要です。

ちなみに、主な海外FX業者の口座手数料は以下のようになっています。

海外FX業者 口座手数料
XM(XMTrading) 90日間利用実績がない場合は毎月5ドル
GEMFOREX 月間(90日間)全くトレードをしていないライブ口座に対して15ドル
iFOREX 1年間利用実績がない場合は15ドル
FBS なし

FBSでは手数料無しで利用可能、他の会社もXM(XMTrading)よりも手数料が低めになっています。

 

XM(XMTrading)のみんなの評判・口コミ

では、XM(XMTrading)についてトレーダーはどのような印象を持っているのでしょうか?評判や口コミを集めてみました。

XM(XMTrading)の良い評判

「日本人トレーダーの中でも有名・評判がいい海外FX業者だという評価をみて、XMで初めて海外FXに挑戦してみました。サイトも日本語にもきっちり対応していて、違和感なく使えました!」

「最大888倍のレバレッジは日本国内のFX業者ではあり得ないので試す価値あり。実際にやってみると思っていたほど怖いものじゃないことがわかると思います」

「ハイレバが効かせられるので、元手500円に口座開設ボーナスを加えただけでもしっかり取引ができました。海外FXってちょっと怖いイメージもありましたが、実際やってみるとそんなに怖いものではないなと思いました。
もちろん、自分でリスクヘッジをする必要はありますが…海外FXの場合はゼロカットシステムがあって追証もないので、そういう面では安全だと思います」

XM(XMTrading)の悪い評判

XM(XMTrading)の悪い評判としては、スプレッド幅の広さについてのものが多いようです。

「安心感のある業者ではあるものの、スプレッド幅が若干広いのが残念。私はスキャルピング中心のトレードなので、ちょっと不満はあります。でも、約定スピードはしっかりしていますし、海外FX業者の中では使いやすい業者だとは思いますよ」

確かに、スキャルピングで細かく稼ぎたいという方にとっては、少し物足りなさを感じますよね。他にも以下のような補償面での意見もありました。

「海外FX業者全てに言えることだが、万が一の補償面はいささか気になる。国内FX業者にはないハイレバレッジは魅力的なので、自分できちんと資金管理はしながらトレードしたい」

 

XM(XMTrading)のまとめ

以上、XM(XMTrading)について口座開設方法から特徴、長所・短所、他のFX業者との比較についてまとめてきました。
XM(XMTrading)は、海外FX業者の中でも日本語サポートがしっかり充実している業者であり、日本人トレーダー・初心者トレーダーにも安心の海外FX業者であることがこれまで見てきた中でもわかりました。
ただし、実際の取引においてはスプレッド幅が広めである等のデメリットもあるため、スキャルピング重視のトレーダーには向かないことも。スキャルピングを行おうと思っている場合、他の海外FX業者を検討してみてもよいかもしれません。

とはいえ、すべてに秀でた海外FX業者はありません。かならずメリットがあればデメリットがあります。デメリットには目をつぶり、メリットを最大限活かした取引が可能かどうかはよく吟味してみるようにしましょう。

とはいえ、安定感のある海外FX業者で取引に挑戦してみたい!という場合には、まずはXM(XMTrading)での口座開設が断然オススメです!

おすすめの記事