本当に安全?微妙に不安が残るXMの金融ライセンス事情

今回のテーマは海外FX業者のXMの「金融ライセンス」についてです。

金融ライセンスは、FX業者の安全性を判断する1つの指標ですので、ぜひ最後までご覧ください。

 

金融ライセンスとは?

「一定以上の安全性・安定性・信頼性があるので、金融事業をやっていいですよ」と、発行される許可証のことを「金融ライセンス」と言います。

当然、この金融ライセンスがなければFX業者は成り立ちません。

万が一、金融ライセンスを持たないFX業者を見つけても絶対に利用しないでください。

 

この金融ライセンスにおいて重要なのが、「どこの国(組織)が発行しているか」ということです。非常に厳しい審査をする組織もあれば、ほぼ登録料を納付するだけで発行する組織もあると言われています。

ですから、FXトレーダーにとっては「どの金融ライセンスを持っているか」が重要となります。

 

XMはどの金融ライセンスを保有している?

XMはセーシェル諸島(組織名:FSA)の金融ライセンスを持っています。

このセーシェル諸島のライセンスには以下のような特徴があります。

 

  • 自己資本に関する条件がない
  • 会計監査は不要
  • 会計書記役も不要

 

つまり、非常に緩い金融ライセンスであると言えます。

 

しかし、だからといってXMの安全性や信頼性が低いという事にはなりません。

その理由はどこにあるのでしょうか。

 

XMの組織全体の金融ライセンス取得状況は?

  • セーシェル諸島の金融ライセンス←XMの日本人向け口座に対して発行されているのがコレ
  • キプロス共和国(CySEC)の金融ライセンス
  • イギリス(FCA)の金融ライセンス
  • オーストラリア(ASIC)の金融ライセンス

 

XMグループは4企業で成り立っており、上記の金融ライセンスを持っています。

 

この中で、注目すべきなのは「イギリスの金融ライセンス」と「キプロス共和国の金融ライセンス」です。

トップクラスで審査が厳しいとされており、このどちらかを持っているだけでも、安全性は非常に高いと言えます。

 

ちなみに、「キプロス共和国の金融ライセンスを持っているFX業者」が万が一破綻しても、投資家一人一人に対し、日本円にして約240万円の補償が付与されます。

 

「グループ会社が、このレベルの金融ライセンスを持てているのだから、『XMグループ全体』が信用できるセーシェル諸島の金融ライセンスではあるものの日本人向け口座についても信用できる」というのが筆者の結論です。

 

ですが、ここで浮かんでくるのが「じゃあ、XMは日本人向け口座に関してもキプロス共和国の金融ライセンスを持っておけばいいのに……?」

という疑問ですよね。

それについては、次の章で解説していきます。

 

日本人は「キプロス金融ライセンスの支配下にある口座」を作れません!なぜ?

理由は単純で、そもそも「日本人は、キプロス共和国の金融ライセンス下でコントロールされているFX口座を持つことができない」からです。

(世界の全FX人口のうち半数以上が日本人だと言われていますから、「じゃあ、日本人は切り捨てよう!」というわけにはいきません。XMは老舗であり、日本人ユーザーも多いですからなおさらです)

 

以前は、日本人も「キプロス金融ライセンス」のFX口座を持つことができました。

 

ですが、そのままでは「日本人のお金が海外(XMなど)に流れていく」ことに他なりませんよね。

そこで、日本の金融庁は、キプロス共和国の金融庁に対して「日本人が利用できないようにしてくれませんか?」と頼んだそうです。

「頼んだ」とは言うものの、「圧力」に近いものがあったとも言われています。

 

こういった流れがあったため、XMは新規に会社を作って、「日本人がXMFX取引をしてくれる環境」を保とうとしたわけです。

もちろんキプロス共和国の金融ライセンスではダメですから、セーシェル諸島のものを選んだという事ですね。

 

「本当はキプロス共和国の金融ライセンスも取れるけれど、大人の事情でセーシェル諸島の金融ライセンスにしている」というだけですから、日本人がXMを使う事には(金融ライセンス関連に限って考えれば)何のリスクもないと言えるでしょう。

 

XMが日本国内の金融庁に登録しないのはなぜ?

国内FX業者の場合は、日本国内の金融庁に登録しなければ営業することができません。

 

しかし、「XMには日本人向け口座があるのだから、日本国内の金融庁にも登録しておけばいいのに!」と感じる人もいるかと思います。

 

ですが、それをしてしまうと「日本国内におけるFXのルール」を守らなければならなくなるので、「XMのメリット」が大幅に損なわれる事になります。

 

ここで言うXMのメリットは主に2つあります。

 

メリット
①レバレッジ倍率の高さ
②ゼロカットシステム

 

①レバレッジ倍率の高さ

XMの最大レバレッジ倍率は888倍です。

危険な感じがするかもしれませんが、「『普通の金額の取引』を非常に少ない自己資金で行うことができる」ので実は安全性が高いと言えます。

 

一方、国内FXの最大レバレッジ倍率は25倍であり、筆者としては「XMよりも危険にさらされやすい」と感じています。

 

例えば、

 

  • 100万円分の取引をする
  • それぞれレバレッジを最大にする(888倍、25倍)

 

とすると、自己資金は

 

  • 国内FX:約4万円
  • XM:約1,126円

 

となります。

つまり「取引金額を一定に保つ」のであれば、国内FXのほうが資金が減りやすく、リスクも高いと言えます。

 

※ただし「ハイレバレッジ取引が楽しくなる→取引金額も上げてしまう」となると、リスクが大きくなるので気を付けましょう。

 

②ゼロカットシステム

「証拠金を超えるマイナスが発生しないシステム」のことを「ゼロカット(システム)」と言います。つまり、「口座残高が10万円なら、消えるのは10万円までで済む」ということです。

チャートの急変動などがあると、「ロスカットが追い付かず、口座残高がマイナスになる」という事があり得ます。しかし、ゼロカットシステムがあれば、口座残高を0まで戻してくれるというわけですね。

 

しかし、国内FXにはゼロカットがありません。

なぜなら、金融法によって「投資者の損失を補填してはならない」と決まっているからです。

ですから、万が一XMが日本の金融庁に登録してしまえば、ゼロカットシステムは廃止せざるを得なくなります。

 

ちなみに、ゼロカットシステムにおける「口座残高の補填作業」は瞬時に行われるわけではありません。不安になるかもしれませんが、しばらく待つしかありません。

 

ただし、XMの場合は「ポジションを保有したままだと、ゼロカットが発生しない」というルールがあります。

ですが、「ポジションを保有したままだが、入金した」のであればその後すぐにゼロカットが発生します。

「決済したくないけれど、ゼロカットしてほしい」場合は入金しましょう。

 

まとめ:XMの金融ライセンス事情を見ると安全性の高さが分かる! 

  • XMの日本人向け口座の金融ライセンスはセーシェル諸島のもの
  • キプロス共和国の金融ライセンスを持ってるから安心!
  • 日本の金融庁に登録していないのは「XMの魅力」がほぼ消えてしまうから!

 

XMの金融ライセンスについて解説しました。

「セーシェル諸島の金融ライセンスです」という情報「だけ」を見ると心配になるかもしれませんが、よくよく調べれば危険性が非常に低いという事が分かります。

ゼロカットがあるXMでぜひハイレバ取引にチャレンジしてくださいね。

おすすめの記事