今回は海外FX業者のXMでトレードをする上で大事な

最大レバレッジ
証拠金維持率
ロスカット率

について解説します。

XMの最大レバレッジは基本888倍です
XMの最大レバレッジは888倍です。
国内FX業者の最大レバレッジは25倍ですから、凄まじい数字ですね。

ただし、

証拠金残高
通貨ペア
経済事情

などによって、最大レバレッジが下がる事があります。

1:証拠金残高
証拠金残高が多すぎると、「大金を持っているならば、それほどレバレッジをかける必要はない」という理由で最大レバレッジが下がります。

5~2万ドル:888倍(ゼロ口座に限り500倍、その他の規制は同様)
2万1~10万ドル:200倍
10万1ドル以上:100倍

2万ドルというのは約200万円です。
途方もない数字に感じるかもしれませんが、XMでガンガン稼いでいるのであれば非現実的な金額ではありません。
最大レバレッジを下げたくないのであれば、そこそこのタイミングで出金しましょう。

2:通貨ペア
「マイナーな通貨ペア」は価格変動が大きい傾向にあるため、最大レバレッジが下がります。
これも、「価格変動が大きい=稼げる → だからレバレッジが高い必要はない」という理由だと思います。

例えば、

ドル元:50倍
ドルトルコリラ:100倍
スイスフランシンガポールドル:400倍

などとなっています。
価格変動が激しい通貨は扱いが難しいので、最初のうちは「ドル円」などのメジャーな通貨ペアを扱うことをおすすめします(ドル円は当然888倍です)。

3:経済事情
一例として、

巨大銀行の会見
各国の要人が絡む重要イベント

などがある場合は値動きが激しくなりやすいため、最大レバレッジが下がることがあります。

XMの最大レバレッジを戻す手順
最大レバレッジが下がった場合は自分で「戻してください」と申請しないと、888倍に戻ることがないので気を付けましょう。

※申請が必要なのは「証拠金残高が原因で最大レバレッジが下がったとき」だけです。

1:出金する(有効証拠金を2万ドル以下にする)
→マイページで有効証拠金残高を確認できます

2:運営に連絡
→ライブチャットかメールで連絡します。ただし、この時点から最速でも1~2日(休業日を除く)経たないと最大レバレッジが戻らないケースが多いです

3:手動で最大レバレッジを戻る
→マイページの「レバレッジ」の欄で「1:888」を選択してください

やはり、「そもそも有効証拠金が2万ドルを超えないようにする」のが最善だと思います。

ただし、レバレッジ倍率を下げられてしまった場合でも、他の部分は何も変わりません。
ですから、「別にレバレッジが低くても問題ない」と感じるのであれば、戻さなくてもいいかもしれませんね(私としては、それでも一応戻すべきだと思いますが)。

XMのロスカット率は何パーセント?
証拠金維持率:「必要証拠金」に対して「有効証拠金がどれくらいあるか」の比率

有効証拠金=口座残高+含み損(含み益)

例えば、

「必要証拠金が1万円・有効証拠金10万円」なのであれば、証拠金維持率は1,000パーセントとなります。
「必要証拠金が1万円・有効証拠金5,000円」なのであれば、証拠金維持率は50パーセントですから大ピンチですね。

ロスカット率:ロスカット(運営による強制損切り)が発生してしまう証拠金維持率

つまり、「証拠金維持率が低すぎて危険なので、これ以上酷い状態になる前にXM側で強制的に損切りしますよ」という事ですね。

XMのロスカット率:20パーセント

つまり、「必要証拠金1万円:有効証拠金2,000円」で、ロスカットが発生するという事ですね。

ちなみに、証拠金維持率が50パーセントになった時点で「マージンコール」が出ます。
これは、「危ないので証拠金維持率を上げてください(入金してください)」という内容の通知のことです。

XMでは証拠金維持率を最低500~1,000パーセント~にするのがおすすめ
一番よくないのは「ロスカット率が20パーセントだから、証拠金維持率20パーセントまでは粘っていいんだ」と考えてしまうことです。

そうではなくXMで取引する場合は、少なくとも500~1,000パーセントくらいの証拠金維持率をキープすることをおすすめします。
500パーセントくらいであれば、相場の急変によって一気に動くことがあるからです。

「そんな証拠金維持率にするのは無理!」と感じるかもしれませんが、案外そうでもありません。

例えば、

有効証拠金:10万円
通貨レート:100円
購入量:1万通貨(100万円)
レバレッジ倍率:100倍

だとします。
(最大レバレッジは888倍ですが、計算が面倒ですので100倍とさせてください……)

必要証拠金=100万円(購入量)÷100倍=1万円
証拠金維持率=有効証拠金(10万円)÷必要証拠金(1万円)×100=1,000パーセント

となります。
XMであれば、このようにして簡単に証拠金維持率を数千~数万パーセントにすることができます。「ロスカット率」の事をほぼ考えなくていい状況を作ることが可能ですね。

証拠金維持率を上げるための主な方法
では、どうすれば証拠金維持率を上げることができるのでしょうか。
主な方法は3つあります。

レバレッジを上げる
入金する
取引量を下げる

1:レバレッジを上げる
基本的にいつでも最大レバレッジで取引しましょう。
レバレッジを下げてしまえば、証拠金維持率を上げにくくなるだけです。

「最大レバレッジ規制」を避けるためにも、口座残高を増やしすぎないようにしたり、むやみにマイナー通貨ペアを選んだりしないようにすることも大事ですね。

2:入金する
入金すれば、当然証拠金維持率を上げることができます。

ただ、「(含み損が増えて)証拠金維持率が落ちた!→ちょっと入金してロスカット率から逃げる→証拠金維持率が落ちた!→ちょっと入金してロスカット率から逃げる!」という流れになってしまうのは、絶対にNGです。
「多くのお金をつぎ込んで、結局ロスカット」という羽目になるのが関の山だからです。

「余剰資金(完全に失ってもいいお金)」があれば入金する……くらいの気持ちでいましょう。絶対に無理をしてはいけません。

3:取引量を下げる
いくら最大レバレッジでトレードしていても、取引量も多いようでは本末転倒です。
証拠金維持率を上げるためにも、あまり大きな取引をしないようにしましょう。

XMに限らずレバレッジについては、「小さな出費で、少なめ~普通のトレードをするための手段」であって、「大きなトレードをするための手段」ではないという事を強く意識してください。

よく「ハイレバレッジは危険」という話を聞きますが、そういうことを言う人は、「取引量を少なめにする」という考えが抜け落ちているのだと思います。
「ハイレバレッジで大勝負!」という発想になってしまっているのでしょうね。

まとめ:XMの最大レバレッジは888倍・ロスカット率は20パーセント
XMについて色々と解説しました。

まとめると、

最大レバレッジ:888倍(ただし条件次第では下がる)
ロスカット率:20パーセント(証拠金維持率20パーセント)

という事になります。

その他、

証拠金維持率は最低でも500パーセントにする
基本的に常に最大レバレッジでOK
証拠金維持率は「レバレッジ、入金、取引量」で上げる

という事も確認しておきましょう。
特に「証拠金維持率の上げ方」については完璧に理解しておきましょう。

おすすめの記事