今回はXMでスキャルピングトレードをする際に気を付けるべきことやポイントを紹介していきます。

スキャルピングトレードとは?
スキャルピングトレード:数秒~数分で売買が完結する形式のFXトレード

「FXの短期トレード」と聞くとデイトレードを想像する人が多いと思いますが、スキャルピングトレードはそれよりも早く終わります。

短時間で済むためモチベーションが続きやすい
ロスカットが発生しにくい(値動きが小さいため)
スキャルピングトレードを中心としている上級FXトレーダーも多い

などの特徴があります。

そもそもXMでスキャルピングトレードはできるのか?
特に国内FX業者のなかにはスキャルピングトレードを禁止しているところが少なくありません。

ですが、XMはスキャルピングトレードOKのFX業者ですのでご安心ください。
XMは海外業者ですが、海外FX業者のなかにはスキャルピングトレードができるところが多いですね。

ちなみに、XMでは自動売買システム(EA)の使用もOKです。
ですから、「スキャルピングトレードを自動売買システムで行う」ということも可能です。

XMのスキャルピングトレードでは専用口座を使うべき?
XMには「ゼロ口座」というスキャルピングトレーダー向けの口座があります。
このゼロ口座の特徴を見ていきましょう。

スプレッドが狭い(メリット)
最大レバレッジは500倍(デメリット)
入金ボーナスとXMポイントがもらえない(デメリット)

1:スプレッドが狭い(メリット)
スキャルピングトレードでは、他のトレードスタイルとは比べ物にならないレベルで「取引回数」が多くなります。
そのため、1回1回のスプレッド(手数料のようなもの)が狭い(少ない)ことが大事です。

XMのゼロ口座のスプレッドはかなり狭く、場合によっては0円になる事さえあります。

ただし、ゼロ口座に限っては「10万通貨ごとに1,000円」の手数料が一律で発生します。
ですから、ゼロ口座におけるトレード手数料が劇的に安いかというとそうではありません。

しかし、それでもスタンダード口座(通常口座)に比べれば、トータルで安くなる場合がほとんどです。

2:最大レバレッジは500倍(デメリット)
「500倍もあれば十分では?」と感じるかもしれませんが、
XMの通常の最大レバレッジ倍率は888倍ですから、それに比べればかなり低いです。
(そもそもの最大レバレッジ倍率が500倍以下の海外FX業者も少なくありませんが)

スキャルピングトレードは1回ごとの利益は少ないです。
だからこそ、筆者としては基本的にフルレバレッジで取引すべきだと考えています。

3:入金ボーナスとXMポイントがもらえない(デメリット)
XMには最大50万円の入金ボーナスがあります。
また、トレードごとに「XMポイント」という取引で使えるポイントが付与されます。

ですが、ゼロ口座に限ってはこの2つの特典がもらえません。
長期的にスキャルピングトレードをしていけば、「スプレッドの安さで、50万円をカバーできる」ときがくるかもしれません。

しかし、「初期費用」に近い入金ボーナスがゲットできないというのは、特にこれからXMでトレードをしようと思っている人にとっては、なかなかの痛手です。

※新規口座登録ボーナス(3000円)はゼロ口座でももらえます。

ゼロ口座でスキャルピングトレードをすべきなのか?
結局、XMでスキャルピングトレードをする場合はゼロ口座を使うべきなのでしょうか?

私としては、ゼロ口座を利用することはおすすめしません。
やはりボーナス・ポイントがもらえないのが辛すぎます。
また、最大レバレッジが500倍になるのも物足りないです。

「じゃあ、XMではスキャルピングトレードをしないほうがいいの?」と感じるかもしれませんが、そうではありません。
通常の口座(スタンダード口座)でスキャルピングトレードを行えばいいのです。

スタンダード口座でスキャルピングトレードをすべき理由

・最大レバレッジ倍率が888倍
→500倍に比べて利益が約1.65倍になります(損失もですが)。

・入金ボーナスがもらえる
→最大50万円はやはり大きいです。
また、「やっぱりスキャルピングトレードはやめよう」という考えになったときに、入金ボーナスをゲットしているといないのでは、その後のトレードのしやすさが大幅に変わります。

・XMポイントがもらえる
→スタンダード口座であればXMポイントがもらえます。
※ただし、XMポイントがもらえるのは「10分以上ポジションを持ち続けた取引のみ」ですから、数分でポジションを手放すのが原則のスキャルピングトレードでは、あまりポイントをもらう機会はなさそうです。

スタンダード口座の欠点と言えば、スプレッドの広さですが、これは上記のメリットで十分にカバーできると筆者は感じています。
※ただし、「スプレッドの狭さがトータルの利益に直結する」というスタイルの方は、慎重に考えてみてください。

XMならスキャルピングトレードがしやすい!その理由は?
XMは約定力が非常に高い海外FX業者として有名です。
(約定:注文が確定すること)

注文拒否なし
全注文の99パーセント以上が1秒未満で約定

となっており、非常にスキャルピングトレードに向いていると言えます。

このようなトレード環境を保つために、XMはハイクオリティなサーバーを有しているようです。それをカバーするために、スプレッドを広めにしている部分もあると見られています。

【XMの傾向】

スプレッドが広い

ちなみに、質の低いFX業者の中には、「トレードの注文→注文の確定」が、3秒ほどずれる(場合もある)ところもあります。
細かな利益を積み重ねていくスタイルであるスキャルピングトレードでは、このズレは致命傷となり得ます。
こういった業者のなかにはスプレッドが非常に狭いところが多いですが、「ズレのリスク」をカバーできるほどの魅力になっているとは思えません。

【質の低いFX業者の傾向】

スプレッドが狭い

国内FX業者ではスキャルピングトレードをすべきではありません
スキャルピングトレードを禁止している国内FX業者が多いですが、許容しているところもあります。

ですが、おすすめしません。

なぜなら、国内FX業者の最大レバレッジ倍率は25倍だからです。
XMで888倍のレバレッジをかける場合と比べると、利益が「約35分の1」になってしまいます。

また、国内FX業者のなかには、「約定力が低い業者」が少なくないので、そもそもスキャルピングトレードには向かないかもしれません。

まとめ:スキャルピングトレードはXMのスタンダード口座で!
XMでのスキャルピングトレードについて紹介しました。

XMにはスキャルピングトレード用の口座もありますが、スタンダード口座を使うことをおすすめします。

なぜなら、

最大レバレッジ888倍(ゼロ口座だと500倍)
入金ボーナス(最大50万円)+XMポイントがもらえる
スキャルピングトレードをやめた場合に、入金ボーナスをもらっていないと後悔する

からです。

また、XMには

約定力が高い

という「スプレッドの広さ」を補ってあまりあるメリットがあります。
特にスキャルピングトレードをする場合には、ありがたい利点です。

「FXに慣れてきたら、いつの間にかスキャルピングトレード専門になっていた」という人もいます。
興味がある方はぜひ試してみてくださいね。

おすすめの記事